建築家の設計料って本当に高いの?@余田正徳

「建築家との家づくりは設計料を払うのでコスト的にプラスになるのでは?」
「設計料は高いのでは?」
などというお問合せを良く頂きます。
果たして本当にそうなのでしょうか?
いつも回答している内容を例を挙げてお知らせします。

仮に家(建物)の工事費が2300万円だったとします。(全て税金別とします。)
建築家の設計監理料は概ね工事費の10~15%くらいが一般的ですので、今回は最大値の15%とすると
設計監理料は2300万円×15%=345万円となり
全体のコストは2300万円+345万円=2645万円となります。
工事費の中には工事会社さんの経費も入っており
これも10~15%くらいが一般的ですので、今回は最大値の15%とすると
工事費2300万円の中の300万円が工事会社さんの経費となり
建物自体の費用は2000万円となります。

住宅メーカーとの家づくりで全体コストが2645万円だった場合
工事の経費以外に展示場やTVCM等の経費も掛かっているため
全体の経費は約40%だと言われています。
全体経費は2645万円×40%=1058万円で
建物自体の費用は2645万円×60%=1587万円となります。

総費用2645万円の場合でまとめます。

【建築家との家づくり】
・設計監理料:345万円
・工事会社経費:300万円
建物費用:2000万円

【住宅メーカーとの家づくり】
・全体経費:1058万円
建物費用:1587万円

建物費用を比較すれば一目瞭然ですが、全体コストで考えれば設計監理料を払ったとしても
建築家との家づくりの方が建物自体に費用をかけることが出来、結果的に有利となります。
設計監理料も建築家の仕事内容を知れば知るほど、決して高いものではないとわかるはずです。

設計監理料や建築家の仕事内容について
より具体的なご相談が必要な場合は「建築家31会」にお問合せください。
(建築家を指名して頂いての相談も可能です。)

※当社の設計監理料の算定は上記とは異なります。詳しくはこちらをご覧ください。

余田正徳
株式会社YODAアーキテクツ

「模型・図面」関連解説記事

「建築家の役割」関連解説記事

 

余田正徳 ばとろぐ記事

 

− 最新イベント情報 −

建築家31会 × CERA「Love! Bathroom vol.4」を開催(3/1〜3/15)します

首都圏で活動する「建築家31会」と、質の高いデザインとアフターサービスを提供する水回り設備の「セラトレーディング・CERA TRADING」によるコラボレーション第四弾。 建築家31会 × CERA「Love! Bathroom vol.4」開催のお知らせ。 東京・乃木坂にあるセラトレーデイングのショールームにて、Love!Bathroom をテーマに、まだ見ぬ理想のバスルームから実際の事例までを写真と模型を使って展示します。 会期:2019年3月1日(金)〜3月15日...