心ときめく家で暮らす @阿川宮鳥

広い敷地に大きな家、必要な部屋数と広さ、
数値としての断熱・耐震性能。
理想の家とはそれだけで良いのでしょうか?

街を歩くと残念な豪邸を目にする事があります。
お金は掛かっていそうだか、設計が疎かで美しくない。
建て主に愛されていれば良いのですが、私はその様な家が 永く愛されるとは思えないのです。

例えば、最高級のカシミアのセーターを手に入れたとしましょう。
手触りが良く、色も気に入ったとしても、そこにデザインが伴っていなければ人は飽きてしまうと思うのです。

その一方で、狭い敷地に建つ小さな家だったとしても、考えに考えて工夫をこらして設計された家であれば、心がときめく家になると思うのです。
どんな条件であれ、丁寧に設計された「心ときめく家」で暮らして欲しい、私はそう思いながらこの仕事をしています。

丁度今から一年前のこと。弊社にこんな相談の電話が入りました。
「気に入った土地が見つかった。」
「購入したいが、高低差のある敷地なので建物以外にも多くの費用が掛かりそうだ。融資額はほぼ決まっている為、その中で理想の家を建てられるかどうかを考えあぐねている。」

土地購入の前ですが、建て主は自費で地盤調査を実施しており、その結果は良好でした。
ヒアリングを行うと、家への夢が膨らみ、それらを全て叶えては予算内には納まらない、そんな印象でした。
諸条件を慎重に検討し、コストを重視した「心ときめく家」の提案を目指しました。

プレゼンテーションは、建物自体のボリュームを小さく抑え、極めてシンプルな箱型にまとめました。
要望を叶えていない部分もありましたが、良いプランだと自信を持って望みました。
クライアントの反応はというと、テンションの低い、心が沈んだ印象でした。

それから数日が経ち、正式に設計依頼を頂きました。
プレゼン当日はがっかりされたそうですが、
何度もプランを見直し、暮らしを想像する内に気持ちが変わったと仰っていました。

この家がもうすぐ完成します。
12月の中旬にお披露目を行う予定です。
もしご興味のある方はお問い合わせください。

 

 

 

 

− 最新イベント情報 −

建築家とつくる住宅展 vol.31 @横浜赤レンガ倉庫

建築家31会では2019年5月に、建築家とつくる住宅展 vol.31 @横浜赤レンガ倉庫を開催します。 NEW   建築家とつくる住宅展 vol.31 @横浜赤レンガ倉庫 日時:2019年5月17日(金)~5月19日(日)    17(金):12時〜18時/18(土) ・19(日): 10時〜18時 会場:横浜赤レンガ倉庫1号館 2階 スペースA/B(入場無料) ◆Map・アクセス方法>> 主催:建築家31会協同組合 >>期間中の建築家スケジュ...