実はとっても大切なことなのです @有泉 絵美

建物が建っている土地について、注目したことはありますか?

建物が建つ土地の地盤構成や土質性状…簡単に表現するならば、その土地の強さを知ること=地盤調査はとっても大切なことなのです。

まだ建物が建つ前の更地の状態で地盤調査を行います。写真はボーリング調査と標準貫入試験の様子です。このように、矢倉を建てて調査をしていきます。

その土地の地層や強さだけでなく、今は平坦でも、以前は丘陵地だったなど、その土地の歴史も分かります。調査終了後には、調査報告書とともに、写真のような土質標本が提出されます。

どのような土質の上に建つのか、また、基礎形状を決めるためにも重要な調査です。

目に見えない部分となる、土地の調査や、杭基礎・地盤改良といった基礎部分の予算も忘れずに、そして、建物を支える地盤・基礎も、大切に!

 

− 最新イベント情報 −

建築家31会 × CERA「Love! Bathroom vol.4」を開催(3/1〜3/15)します

首都圏で活動する「建築家31会」と、質の高いデザインとアフターサービスを提供する水回り設備の「セラトレーディング・CERA TRADING」によるコラボレーション第四弾。 建築家31会 × CERA「Love! Bathroom vol.4」開催のお知らせ。 東京・乃木坂にあるセラトレーデイングのショールームにて、Love!Bathroom をテーマに、まだ見ぬ理想のバスルームから実際の事例までを写真と模型を使って展示します。 会期:2019年3月1日(金)〜3月15日...