図面の見方-2 図面に色を塗ってみよう @石井正博+近藤民子

今週の “ばとろぐ” では、家づくりを始めようとする時にあると便利なスキル「図面の見方」について、ポイントを紹介しています。

《図面の見方-2 図面に色を塗ってみよう》

図面(平面図)を見て、部屋の広さや動線、窓の大きさや建具の位置などを頭にいれ、その平面図を理解していくのは、最初はなかなか難しい作業です。

多くの図面が白黒で描かれているため、建物の内部と外部の境界が分りにくく、壁(ソリッドなもの)と部屋(ボイドなもの)の区別も付きにくいことが、図面の理解を難しくしている原因のひとつです。

そこでお勧めなのが、平面図に色塗りをしてみることです。まず、壁をハッキリした色で塗って壁と部屋の区別を付けます。次に通路(廊下)部分を淡い色で塗り、最後に部屋に色づけして塗り分けていくのがポイントです。

色塗りした図面では、部屋の大きさやバランス、部屋と部屋の繋がりが一目で分りやすくなります。また、この作業をすることで図面を細部まで注意深く見るようになり、図面の理解が深まります。

設計を仕事としている私たちも、図面(平面図)を理解し、設計者が考えたことを読み取るためによく色塗りをしています。上は建築家・吉村順三が設計した「池田山の家」の平面図に色鉛筆で色塗りしたものです。敷地への配置の仕方、動線の取り方、窓から見えるの景色など、色を塗りながら理解していきました。

>>図面の見方-1 建物は通路と溜まりで出来ている
>>図面の見方-2 図面に色を塗ってみよう
>>図面の見方-3 自分なりの物差し(スケール感)をもとう
>>図面の見方-4 立面図(りつめんず)
>>図面の見方-5 断面図(だんめんず)
>>図面の見方-6 断面詳細図(だんめんしょうさいず)
>>図面の見方-7 図面の上下を逆さまにしてみる

>>設計事務所アーキプレイス HP
>>設計事務所アーキプレイス ブログ

 

・二世帯住宅集まって住む家の設計事例
・都市東京に賢く家を建てて住む
・失敗しない住宅リフォームリノベーション

 

− 最新イベント情報 −

建築家31会 × CERA「Love! Bathroom vol.4」を開催(3/1〜3/15)します

首都圏で活動する「建築家31会」と、質の高いデザインとアフターサービスを提供する水回り設備の「セラトレーディング・CERA TRADING」によるコラボレーション第四弾。 建築家31会 × CERA「Love! Bathroom vol.4」開催のお知らせ。 東京・乃木坂にあるセラトレーデイングのショールームにて、Love!Bathroom をテーマに、まだ見ぬ理想のバスルームから実際の事例までを写真と模型を使って展示します。 会期:2019年3月1日(金)〜3月15日...