ばとろぐ

建築家

建築家ブログ

マンションリフォーム @磯村一司

今週のバトログ担当のギルド・デザイン磯村です。

マンションリフォームで、部分リフォームと違って、間仕切り壁や床、天井を解体して、作り変えるようなスケルトンリフォームなら、新しい間取りを自由に作れるかというと、そんなことはありません。

 

ご紹介した「アジアンテイストリフォーム」の計画では、トイレの位置を少し変えて、キッチンの位置は、かなり動かしています。
スケルトンリフォームならではの変更ですが、一般的には、水回りの変更は難しいものです。
電気の線とちがって、排水管は太く、所定の水勾配をつけないと、詰まりの原因となります。室内には、パイプシャフトと呼ばれる場所があり、上階から下階へ排水が通る位置が決まっているので、水回り部屋は、その近くに作るのが理想です。
床下が深ければ、太い管も水勾配も自由になりますが、マンションでは、そんなもったいないことはしていないので、キッチンだって、なかなか自由に動かせるものではありません。
「アジアンテイストリフォーム」のキッチンでは、既存マンションの構造図や設備図を確認しながら、ここなら大丈夫という位置で決めています。

 

縦につながる排水管(黒い縦管)の足元には、この部屋の排水管が集まってきています。

 

 

 

 

 

また、マンションは戸建て住宅と違って、共用部分があります。前述のパイプシャフトもその一つですが、外壁やお隣との境の壁(界壁と言います)、床や天井の仕上げを取り去った後の構造部分は、共用部分です。
サッシや窓ガラス、バルコニーも共用部ですが、ただ専用に使っているという場所です。
その共用部は、基本的にいじってはいけません。

戸建て住宅であれば、スケルトンリフォームで窓の位置を変えたりパイプショフトをかえること、場合によっては、柱や床を変更することもできますが、マンションの共用部は共同所有部分ですから、勝手にいじることはできません。
外壁に穴をあけるなんてことはできないのですから、エアコンの冷媒管やドレン管の位置、換気扇やキッチンのレンジフードのダクトを出す位置は、変えられません。間取りを大きく変える場合は、ダクトの経路やエアコンをどこにつけるのかも考えておかないといけません。

 

換気扇などのダクトも、出口は既存を使います。
新しい間取りでも、ダクト経路を考えないといけません。

 

 

 

 

新築と違ってリフォームは、デザインする部分が少ないように思われますが、出来ることへの制限が強いだけ、新築とは違ったアプローチでのデザインが必要になります。
その制限のぎりぎりを探したり、制限を逆手に取ったデザインを考えたりしながら、クライアントの生活スタイルに則したプランを、組み立てていきます。

ご紹介した「アジアンテイストリフォーム」の現場は、解体が終わって大工さんや設備屋さんが乗り込んできたところです。
随時、現場の様子をブログアップしています。
プランだけでは分かりにくいと思いますので、ぜひ、ギルドデザインのブログで、現場の様子をご覧ください。


マンションリフォーム @磯村一司

今週のバトログ担当のギルド・デザイン磯村です。

今回は、マンションのスケルトンリフォームの事例のお話です。

このマンションは、2000年竣工のマンションですので、古いマンションではないのですが、クライアントが、スケルトンリフォームしようとお考えになったのは、生活スタイルが、間取りと違いすぎるからでした。

一般的に分譲マンションでは、ファミリー層を狙って、よく売れる間取り、よく言う何LDKというように部屋数が多く、リビングがしっかり取れているように見せるプランを作りがちです。実際には、リビング?というように首を傾げたくなるリビングだったりしますが。

今回のクライアントもそうで、マンションのある立地条件、周辺環境をとても気に入っているのですが、一人で生活するのに、60平米で、3LDKという間取り、8畳のリビングダイニングは、いらない部屋が多く、くつろぐべきリビングが狭い、60平米という広さを生かしておらず、来客と楽しむような場所がないとお考えでした。

提案したプランは、キッチンを生活の中心としたLDK案で、十分な広さの収納は作るものの、小さめの寝室や無駄な廊下を省くことで、スペースにメリハリをつけ、ゆったりとくつろげ、来客対応もできるLDKを実現したものです。

玄関が広くて、畳の間があるのは、不思議ですね。
クライアントが実家から持ってくるお雛様などを飾ります。
マンションなのですが、とても近隣関係がよいところだそうです。マンション住民とのコミュニケーションの円滑な関係のためにも、外廊下に面して、玄関でちょっと腰かけてお話しできる「飾りの間」が有効ではと、提案してみました。
60平米という、コンパクトなマンションのスケルトンリフォームですが、スケルトンリフォームだからできる、そのクライアントの生活スタイルならではの提案をしています。上の「飾りの間」その一つで、平面図だけではわからない提案が、いくつも重なっています。

子育て家族ではなくて、独り住まいのクライアントだから、一般の間取りと計画案が大きく違うということもあるでしょう。
しかし、家族単位で、生活の仕方は本当にまちまちです。とても多様化しています。
それを受け止めて計画すると、分譲マンションの何LDKとは、全く違ってくるものなのです。

当初の間取りでは、空間的に豊かな生活はなかなか望めません。
子育て世帯でも、高齢者世代でも、その家族にとって豊かな生活は、リフォームによって作り出せると思います。

この提案したスケルトンリフォームのマンション計画は、現在工事中です。ギルドデザインのHPからご覧になれます。
「アジアンテイストリフォーム」からどうぞ。

 


マンションリフォーム @磯村一司

今週のバトログを担当しますギルド・デザイン一級建築士事務所の磯村です。

建築家というと大きな建物ばかりを設計していて、小規模な住宅の設計は、していないとお考えの方も、まだいるようですね。
ましてや、マンションのリフォームとなると、なおさらです。

クライアントのお話を伺うと、リフォーム専門の工事会社さんを訪ねて、工事会社やインテリアデザイナーに設計をおねがいすることが多いようです。
しかし、案外多くの建築家が、マンションリフォームの設計に携わっています。
最近では、リフォーム系のインテリア雑誌にも、建築家のリフォーム事例がたくさん載っているので、知っていただいている方も多くなっているとは思います。

リフォームというと、クロスを張り替えるとか、トイレ周りやお風呂、キッチンの取り替えなどの小規模なものを思いがちですが、スケルトンリフォームといわれる室内の壁や天井、床などを解体して構造だけにして、新しく間取りから仕上げまでを作り上げる規模の大きなリフォームまであります。

今回のバドログでは、比較的小規模なマンションリフォームの事例と、現在工事が始まったスケルトンリフォームの様子をご紹介したいと思います。

建築家が関わるリフォームとしては、生活スタイルからの提案をすることが多いので、比較的規模の大きなリフォームが多いと思いますが、リビングなどの一部屋だけとか、2部屋をいじってひと部屋にまとめたりとかの提案もしています。

下の写真は、リビングのリフォームをした事例です。
クライアントの好みや生活スタイルに合わせて、ただ白いだけだったリビングを、木質感やタイルなどで、少し素材感を感じられる落ち着きのある場所に変えたものです。

デザインして作りつけた椅子の天井部分には、同じ木材を使って下がり天井を作り、低く落ちつけるような場を考えています。

 

部分リフォームとしては、こんな事例もあります。

リビングの一部とDENや収納の一部を使って、茶道を教えることのできるお茶室(茶席)を作った事例です。

キッチンは、既存のままで、リビングダイニングに茶室をはめ込んだ感じです。
部分リフォームでは、水回りの位置も限られているので、茶道の動線処理が難しくなりますが、クライアントの使い勝手を優先させてデザインしています。
お客様は、リビングを待合にして、お席に入っていただく形です。

高層マンションでの茶席といのも面白いですね。席が終わって障子を開けると、地上を見下ろす別世界が開けています。

部分リフォームでは、インテリアとしてのデザインにポイントが置かれると思いますが、スケルトンリフォームとなると、もう少し違って、生活スタイルを検討したデザイン提案ができてきます。
次回はそんな現場の話をしたいと思います。

 

リフォームでお茶室を作った現場の様子はこちらからご覧になれます
「マンションの茶席」

 


6年という歳月@泉谷吉信

どうも湘南の建築家 Itchy’s Art Garage Totally Happy Creations 一級建築士事務所の泉谷吉信です。

先日3月27日は父の命日でした。

2011年3月27日に他界しました。そう「3.11」東日本大震災のあった年です。

父が余命宣告されたのは2009年の師走。

そこから実家の建て直し計画が始まりました。私の実家は鉄鋼技術者であった祖父が設計した2世帯住宅で、築45年は過ぎていました。その間には何度か増改築を繰り返し、両親が住んでいましたが行く末を心配した父が兄の家族と2世帯住宅を作り、住むことを決めたのです。それまで、私は建築家の道を歩み始めてからさんざん「実家を建て直させてほしい!」と懇願してきましたが、父は首を縦に振ることはありませんでした。ですので依頼された時は少し驚きました。しかも時間がない。。。そんな中で実家の建て直し計画が始まり進んで行きました。プランを練っては兄と打ち合わせをし、たまに激しくぶつかり合うこともありました。着工した時には既に宣告された時期は過ぎていて、父も新居に住むことを目標に頑張っていました。工事も終わり引っ越して5日後のことでした。まだ部屋の中には段ボール箱が山積みになっている中での東日本大震災でした。幸い何事もなく、その後1週間くらいは無事に新居で生活を送る事ができましたが、容態が悪くなり入院することになりました。

父は「よっちゃん(私の呼び名)の設計してくれた家に住めて本当に良かったよ。」と言ってくれました。それまであまり父から褒められる様な人生ではなかったのでとても嬉しい言葉でした。そして3月27日に旅立って行きました。それから6年という歳月が経ちましたが、あの朝のことは鮮明に憶えています。


大津で東京の設計事務所が設計・監理をする-鎮める @石川 利治

減額を盛込んだ実施設計を何とかまとめ、概算見積を行った施工者にいよいよ本見積りを取る事になりました。基本設計時の予算超過を受けて、施工面積の削減や、中庭を無くす事による建物構成の簡略化、材料の見直しなど減額要素が加わるため、概算見積りよりも安価な金額が出て来る事が予想されました。

ところが、1社に関しては、概算見積り時と殆ど変わらない金額積み上げが、別の1社は見積内容に落ちがある箇所が散見されるなど半ば辞退するような内容でした。最後の1社は希望予算に近づけるために、熱心に調整を行ってくださりましたが、結果的に折り合う事が出来ず、更なる計画の見直しを行う必要が出て来ました。しばらくの休止期間がありましたが、新たな施工者をお客様からご推薦頂き、減額提案を協議しながら仕切り直しを行う事になりました。

  1. ご要望の見直し
  2. 面積のさらなる減少
  3. 屋根形状を寄棟から切妻に変更
  4. 素材の変更

当初のご希望を可能な限り生かしながら、更なる大ナタをふるい、何とかご予算内で実現できる姿にまとまりました。途中に中断が入った事もありましたが、気がつけば4年近くが経っておりました。

紆余曲折がありましたが、おかげ様で本日、地震際を取り行う事ができました。感慨もひとしおと云いたい所ですが、いよいよこれからが良い家づくりへの本番がスタートするという事で、緊張感と期待感で頭の中が一杯です。何とか完成まで走りきり、また次回のバトログでご報告が出来ればと思います。

1週間のおつき合い、誠にありがとうございました。

 

 


1 / 9412345...102030...最後 »