ばとろぐ

建築家

建築家ブログ

よりどころのある家-その3「窓と居場所」 @七島幸之+佐野友美

家はそもそもシェルターですので、
雨風がしのげればそれで良いという考え方もあります。

しかし、人間は外の環境から完全に閉ざされた空間で生きられる訳ではありません。
なぜなら、人間は外の世界の中に自分を位置づけたいという
心理的欲求を持つ生き物でもあるからです。

その意味で、建築にとって「窓」は室内空間の環境調整装置であるとともに、
外の世界に室内を接続する重要な要素。

周囲の環境との関係を踏まえて、閉じた箱に慎重に開口が穿たれるとき、
はじめてそこに、眺めによって世界と結びつけられた、
その土地・場所に根付いた、かけがえのない「居場所」が出現します。


よりどころのある家-その2「我が家のカタチ」 @七島幸之+佐野友美

家の外観は、通常どういう要因で決まっているでしょうか?

敷地がとても広く何の制約も無い場合はさておき、
実際は、敷地の周囲は様々なもので囲まれているケースがほとんど。

都心部や住宅地などで家を建てようとすると、
建蔽率や道路斜線・北側斜線など様々な敷地条件のなか、
許容される建物ボリュームをなぞるように
建物の形態が決定されていることが多いと言えるでしょう。

また、建物に安易にバルコニーを足し算する傾向がある気がしますが、
洗濯物干し場にしか使えず、その他の時には全く使われないバルコニーはもったいない。
方位や周辺の状況をしっかり分析して、建物の平面構成・使い勝手と調整を行い、
日常的な寛ぎの空間として利用できるようにしたいところです。

その上で、お施主さんが「我が家のカタチ」と思えるような
印象的な外観デザインとすることができたら、
より長く愛着の沸く我が家となるのではないでしょうか。


ビューポイントによって異なるカタチに見える形態


一目で我が家とわかるファサード


よりどころのある家-その1「家づくりのヒント」 @七島幸之+佐野友美

「家は一生の買い物」と言います。
建築家との家づくりは、買い物というよりはモノ作りに近いイメージですが、
何れにしても、通常は一生に一度ローンを組んで取り組む一大事。

家族が快適に生活できる基本的な要件
(間取りや断熱性能・気密性能やキッチン・お風呂などの諸々)を備えるのは当然のこと、
せっかく作る家ですから、長く家族が愛着を持てるデザインが重要と考えます。

そのヒントを、かつての日本家屋に求めるとすると、
子供の身長を成長記録として刻み付けた柱や、
夏の夕暮れに夕涼みした縁側のようなものでしょうか。

そのような愛着の受け皿となるような空間・設えや形態を、
お施主さんとの一期一会の中で、発見・追求していきたいと考えています。


都会暮らしの光のあり方@筒井紀博

都心で家づくりを行う場合、周辺環境に恵まれているケースは稀です。
多くは隣接して住宅が建ち、美しい眺望などはあまり望めません。

これらの環境の中でいかに住まいの中に美しい光を取り入れるか。
一瞬の光でも良いんです。
日常生活にほんの少しで良いから、豊かさをもたらす光。
その光を何度もシミュレーションし、開口(窓)を設けていきます。

頭の中で幾度となく味わった光・・・工事が始まると、少しずつその光も現実のものとなります。

この光によって人が何を感じるのか?
それはその光を経験した人にしかわかりません。
ただ、その光を象徴的に人に知らせることにより、新たな経験、そして感動が生まれます。

この光の仕掛け、他にも多くの仕掛けを空間の中に設け、さまざまな経験と感動を長い年月かけて味わっていただくことが良い住まいのひとつの条件だと思います。


ガレージハウス@たなべけいいち

私にとって、クルマはライフスタイルに欠かせないアイテムといっても過言ではないでしょう。趣味としては他にも色々ありますが、クルマは趣味を超える存在です。

私のクルマに対する想いから、自宅はガレージを併設した住まいとして建てたのがきっかけで、今まで多くのガレージをもつ住まいのお手伝いをしてきました。

住まいとガレージが一体となった住まいを「ガレージハウス」といいますが、この言葉はガレージ(garage)と住まい(house)を一体とした和製造語で日本では欧米のようにガレージを独立させるような敷地に余裕がないために生まれた、日本独自のカテゴリーなのでしょう。

ガレージを望まれるクライアントには、様々なクルマとの付き合い方や夢があり、「コレクションのためのガレージ」、「自らメンテナンスをして旧車を大事にするガレージ」、走らせることが目的のクルマを「めでることができるガレージ」、「レースのためのクルマのガレージ」などなど、その都度ガレージの作り方は変わります。

空間もまるでリビングにクルマを持ち込んだようであったり、隠れ趣味部屋のような作りも考えられ、まさにガレージは格納スペースではなく、書斎やアトリエ、こども部屋と同列の扱いで住まいに組み込まれることになります。

ただ、さまざまな個性をもたせたガレージも、共通することはどれも前面道路に面し、住まいの顔となるエントランスより大きな存在として街並みに主張しています。またエントランスに付随する空間として、さらには趣味空間としての存在を持つがゆえに、決してないがしろにできないスペースでもあります。

クルマ好きなみなさん。クルマへの想いを共有できる建築家と、オンリーワンのガレージを作ってみませんか。


1 / 9512345...102030...最後 »