ばとろぐ

建築家

建築家ブログ

輸入品がヤバい。@清水禎士+清水梨保子

現在、建設中の住宅ではベルギーのデザイナー、Axel Vervoordtがデザイン担当しており、彼が指定、制作した輸入品を数多く使用しています。

その中のひとつはフローリングです。

フローリングが兎に角大きい。幅はさることながら長さも。日本の規格では長さ1.8m程度で幅が120㎜が標準で長くても3mくらい、幅も30㎝となれば超幅広と大騒ぎです。ところが今回輸入されたのは幅が狭いもので45㎝、広いもので80㎝ぐらい。ぐらいというのは同じ幅のものはひとつも無く、しかも、まっすぐではありません。長さに至っては部屋の端から端まで1本ものなので、最長で6m程度になります。

本当にそんなものが存在するのかと疑心暗鬼でしたが、設計中にベルギーまで見学に行ったら確かに存在しました。指定されたホテルに宿泊したら、そこのロビーでは幅は45㎝程度ではあったが長さは普通じゃ考えられないくらいの長さでした。

設計当初は日本でもそのくらいの大きさ、長さのフローリングを探しておいて欲しいと言われ、方々のフローリングメーカーに問い合わせをしたら相手にもされず、結局は輸入する事となりました。

設計は良いとして実際の現場への搬入はどうしようか。今回担当した工務店も初めてのことなので、現場までの道路状況、図面上での搬入経路のシュミレーションをしたところ、道路はなんとかなるとしても建物内の指定の場所までにはどう考えても入りきらないということが解りました。そうなると、これらの材料を室内に搬入する為の計画も必要となります。この住宅は鉄筋コンクリート造なので、床や壁に搬入専用の穴(ダメ穴という)を計画し、躯体が立ち上がったら一番始めにそれら大物を建物の中へ入れ、その後にあけた穴を塞ぐという方法で対応しました。

現物が現場に届いたら、モノが大きいだけに現場の職人さん総出で1枚ずつ現場に運び込みます。最悪、切る事も覚悟していたがなんとか予定通りに搬入が出来たので一安心しましたが、コンクリートむき出しの状態での搬入のため、内装工事が始まるまで現場に保管しておかなくはならず、それにも気を使いました。

   

   

実際敷いてみたところ、室内にいるというよりも屋外にいる感じです。とは言え、それらのフローリングを敷いた部屋も比較的広いため違和感を感じる事はありませんが、1枚が大きいため床のラインがその分少なく、柔らかい雰囲気ながら静謐な空間となっています。

日本の狭い土地柄、ましてや建設地が渋谷区神宮前という密集したところでの建物であり、私たちが通常考えるスケール感を飛び超えたベルギーのデザイナーのスケール感覚が、結果的にこれまで経験した事のない空間を作り出しています。

他にも輸入品が数多くあるので、それらの紹介は次の機会にでも。

トレス建築事務所

www.tres-architects.com


旗竿地に暮らすという選択肢@佐藤剛

皆さんは「旗竿地」と呼ばれる土地をご存じでしょうか?
旗竿地とは形が旗竿状になった土地の事で、道路に接した細い引き込み部分と、奥まった広い部分とからなる土地のことです。

旗竿地は元々大きい一つの土地だった所を、細かく分割して売りに出される過程で生まれます。
このような土地では、四方を建物に囲まれますから、日当たりやプライバシーを確保するための工夫が必要になります。
また、道路からの引き込み部分は2mから3m程度の幅しかない事が多いため、ほとんどの場合駐車場としての利用に限定されます。
ただ、坪単価が安く設定されるため、駅に近い土地や利便性の高い環境でも、土地が相場より安く手に入るというメリットがあります。

家を建てるとなると、土地と建物で総予算を計画しなければなりませんが、最初の土地購入の時点でコストバランスの判断を誤っている方がいらっしゃいます。
例えば世田谷の土地を6500万円で購入、建物には2000万円しかかけられない、というのは予算バランスが悪いケースだと思います。
建物の質を最低限以下にしないためには、土地の費用から建物に1000万円、せめて500万円でもまわしたいところです。
このような悩みは多いと思われますが、「土地を探すエリアは変えたくない、でも土地は安く手に入れたい」という場合、旗竿地は有力な選択肢となります。

実は昨年末に完成した、私の自宅兼事務所も旗竿地に建っています。
中央線国分寺駅から徒歩10分かからないエリアの旗竿地で、やはり相場より安く土地を手に入れることができました。

土地の予算を抑えられた分、建物の質を上げる予算に配分しています。
内部ドアや玄関ドアなどは、木製のオリジナル製作です。

限られた予算の中で利便性の高い土地を求める場合、旗竿地はとても魅力的です。
ただ、一言に旗竿地といっても、道路からの引き込み部分の幅、距離、隣地の状況等により、注意しなければならない事が変わります。
一見同じ条件に見える同価格の土地でも、私たち建築士から見るとあきらかに差があるケースもあります。
土地を購入される際には、決定前に一度設計事務所に御相談されることをお勧めいたします。

佐藤 剛/一級建築士事務所 A-SA工房
http://www.architect-sato.com/


遮音について3@菰田真志+菰田晶

今週のバトログを書かせていただきます菰田建築設計事務所の菰田真志です。

遮音に関して少し書かせていただいています。
本日が最終日になります。

住まいの遮音を考えるときの 中から中への音 ということを考えます。

建物内の音に関しては、上下階の音の伝わり、横への音の伝わりがあります。

上下階の音の伝わりに関しては、まずプラン上ある程度考えておくことで軽減できます。
寝室の上に来る部屋はそれほど大きな音のしない部屋にしたり、トイレの配管が天井裏に来ない様にしたりといった配慮をすることは効果が大きいです。(トイレ配管も最近は音を小さくする効果のある商品も出ていますのでそれを採用することも多くなっています。)
特に二世帯住宅で上の階に小さな子供がいるときなどには、上下の音の伝達をきにする必要がでてきます。プランの段階で無理なく出来ることは対策しておきましょう。

その上でどうしても上の部屋の音が気になる場合には、下の部屋の天井を吊る野縁を直に二階の床から釣らず、ゴムを使った防振吊木のような商品を使うことも出来ます。これは、二階の床の振動を直接1階の天井に伝えないことで、足音などの伝達を減少させる効果があります。
床材などの下に敷く遮音シートなどを使うこともあります。

次は部屋同士の横への音の伝わりに関してです。

通常の部屋同士の間仕切壁はそれほど防音に気をつけていないことが多いですが、必要のある場合には、やはり前回書いたように「重さ」「共振」等にきをつけてかべを作ることでかなり違ってきます。

たとえば寝室を簡易な防音室にしてオーディオルーム等にする場合などは、隣の部屋との間の壁などはボード二重貼にして壁の内部にセルロースファイバーを充填すると効果が高いです。セルロースファイバーは価格が高いということであればグラスウール等の断熱材を充填して空気の振動が伝わりにくくすることで、音の減衰の出来てボードの共振も抑えることができます。床下や天井うらにも断熱材を貼って反響をおさえましょう。扉もできれば四周を二重戸当りにしたり、内部にグラスウール等を充填したり、ピンチブロック等で気密するなど対策ができると効果が高くなります。

更に本格的なオーディオルーム・ピアノ室など、大きな音が出る、時間を問わず大きな音で楽しみたい、周囲の音をシャットアウトしたい場合には性能の高い防音壁で囲われた部屋を入れ子状にして縁を切り、接する部分はゴム等でお互いの振動が伝わらないようにすることで大きな効果を得ることができます。ただし、壁厚が非常に厚くなり出来上がりの部屋よりもずっと大きなスペースを必要とするため、初めからしっかりと計画しておく必要があります。また、工事が複雑になるため費用もかかってきます。そのかわり単に壁の仕様を上げた場合よりも断然効果が高くなります。こだわったピアノ練習室、レコーディングスタジオ、音楽ホールなどはこういった念入りな防音をした上で内部の音響設計をしています。

駆け足でしたが、遮音方法の概略を書いてみました。
設計段階でしっかりと計画することは当然ですが、遮音に関しては施工精度やディテールで仕上り性能が違ってきますので、施工の管理、設計監理ともに非常に重要です。

自分が求めている性能がどのくらいのもので、効率よく実現するのにはどうすればいいのかを相談したいときには、是非、設計事務所に設計監理をご相談してみてください。

菰田建築設計事務所 菰田真志+菰田晶
HP : http://www.archi-komo.co.jp/


遮音について2@菰田真志+菰田晶

今週のバトログを書かせていただいております、菰田建築設計事務所の菰田真志です。
前回から遮音に関して書かせていただいています。

住まいの遮音を考えるときの 外から中(中から外)への音 ということを考えます。

外から中への音というと、交通騒音や周辺の建物からくる音などを想像します。この場合にはどこで音を遮るかというと、まず建物自体の外壁などが考えられます。

建物自体で遮音する場合に、構造的に有利なのは何と言ってもRC(鉄筋コンクリート)造です。
建物をつくるときに使われる代表的な構造として鉄筋コンクリート造・鉄骨造・木造がありますが、この中で遮音を考えるときに最も有利なのは鉄筋コンクリート造(特に壁構造)です。
建物自体が非常に重いうえに非常に固い(振動しにくい)からです。
遮音の基本事項 固体の振動を抑える→材料の重さ という部分で非常に有利です。

また、地上よりも土で囲われた地下室のほうが遮音するのには有利です。
無限に続く土が音を遮ってくれます。
ピアノ室や本格的なオーディオルームなどを計画するときには、遮音のことをメインに考えるのであれば、可能であれば地上よりも地下室で計画することで大きな効果を得られます。

木造であっても遮音は可能です。
家の直近に幹線道路や軌道が通っているときには、家の外壁面になる壁に対して対策をしましょう。
例えば必ず入れる断熱材をセルロースファイバー等の充填断熱にすることは大きな効果があります。加えて内部の壁下地のプラスターボードを厚い物の二重貼にすることも効果があります。
外壁面に使う材料を、重い物で構成し振動を抑えることで、中へ伝わる音を少なくすることが出来ます。

もう一つ忘れてはならないのが、外壁の開口部・窓です。窓は気密がしっかりしていないと音の出入りが大きくなります。気密のしっかりした窓を設置し、可能なら二重窓にするか、ガラスを重いものにすることも重要です。
ペアガラスの場合には内外のガラスを重いものかつ厚みの違うものにしましょう。内外同じ厚みのペアガラスは間の空気を通じて共振して音が伝わりやすくなります。

厳密に言うと外壁にあいている換気扇や吸気口なども音の侵入口になります。そこまでなかなか対処することは難しいのですが、対処方法もありますので必要なときにはやったほうがより効果的です。

簡単にまとめます
・重い物で外壁をつくる
・窓の遮音性能をあげる。
・外壁にある開口部は極力塞ぐ(気密を高める)

非常に簡単なまとめですが、実は技術的には細かい配慮が必要です。
同じ納まりでも、施工精度によって結果が違ってくる事がありますので、
そこは安心できるプロにおまかせしてください。

菰田建築設計事務所 菰田真志
HP : http://www.archi-komo.co.jp/


遮音について@菰田真志+菰田晶

今週のバトログを書かせていただきます菰田建築設計事務所の菰田真志です。

今回は住居における 遮音 に関してすこし書かせていただきます。

戸建ての住宅での設計では集合住宅ほど音にデリケートになることは少ないのですが、住む人の感覚によって感じ方が違いますので、そこははじめにしっかりと確認をして、設計に落とし込んでゆかなければいけません。
音に関しては後々になって対応するのは非常に難しいことですので注意が必要です。

プラン的なもので解決できることもたくさんありますが、今回は特に遮音方法の技術的なことを主に書くことにします。

遮音といっても住まいの音は色々あります。
・外から中(中から外)へ伝わるの音
・中から中へ伝わる音
大きく分けると2種類あると思います。

それぞれ特徴があり対処法も違ってきますが、大前提として音を遮るための方法は意外と単純です。

基本事項 : 音は空気・固体の振動で伝わる
1) 固体の振動を抑える→材料の重さ
2) 空気の振動が伝わらないように気密する。
3) 共振・反響しないようにする。
4) 揺れるものからは縁を切る
基本はこの条件の組み合わせです。

それぞれに次回以降、簡単な例を出して説明をしてみたいと思います。

菰田建築設計事務所 菰田真志
HP : http://www.archi-komo.co.jp/


1 / 10312345...102030...最後 »