ばとろぐ

建築家

建築家ブログ

二世帯住宅のタイプ別メリットと注意点 その3 @石井正博+近藤民子

今週の “ばとろぐ” を担当しています石井正博+近藤民子(設計事務所アーキプレイス)です。今回の“ばとろぐ”では、「二世帯住宅のタイプ別メリットと注意点」と題して3回に分けて書いています。

3.完全同居タイプ(同居型)の二世帯住宅

完全同居タイプの二世帯住宅は、玄関・リビング・キッチン・浴室・トイレの基本的な生活空間と設備をすべて共有したタイプです。どちらかの世帯にサブとなる専用リビングを設けたり、ミニキッチンやトイレ・洗面などの専用の設備を設けることもあります。

メリットとしては、家事や育児を分担したり一緒に行えること、常に気配を感じながら暮らせること、共用部分が多いので3つのタイプの中で建設費を一番抑えられることなどです。

注意点としては、みんなが集まる場所と個室のメリハリをつけ、個室を充実させること。また、義理の間柄となる家族が一人になれる場所を用意したり、居心地が良くなる工夫をすることがポイントになります。

>>みんな集まる家

ご主人のお母様と暮らす完全同居タイプの二世帯住宅。お母様の個室には専用の洗面台が設けてあります。

>>ひかりの家

ご主人のお父様と暮らす完全同居タイプの二世帯住宅。お父様の個室は、愛犬の居場所でもある1階の玄関土間に面していて、学校から帰ってきた孫娘と座って話したり、吹抜けを通して直接2階リビングに声をかけやすい断面構成になっています。



>>東京タワーと桜の見える家

奥様のお父様と暮らす完全同居タイプの二世帯住宅。お父様専用のサブリビングがあり、右側の家具の後ろ側に寝室が、左側には水廻りがあります。

義理の間柄となるご主人には、見晴らしが良く、扉を閉めてこもれる書斎があります。

>>二世帯住宅のタイプ別メリットと注意点 その1
>>二世帯住宅のタイプ別メリットと注意点 その2
>>二世帯住宅のタイプ別メリットと注意点 その3

 

設計事務所アーキプレイス HP
設計事務所アーキプレイス ブログ
ARCHIPLACE Facebook

 

石井正博+近藤民子  今までの「ばとろぐ記事」

住まいに光と風を効果的に取込む天窓(トップライト) 2
住まいに光と風を効果的に取込む天窓(トップライト) 1
設計事務所・建築家にできること 5 お引き渡し後(定期点検・メンテナンス・リフォーム)
設計事務所・建築家にできること 4 住宅の工事監理
設計事務所・建築家にできること 3 住宅の見積チェック
設計事務所・建築家にできること 2 住まいのプランニング(設計)
設計事務所・建築家にできること 1 土地探しのお手伝い
四季を感じるテラスのある暮らしのすすめ 3 屋上にテラスのある住まい
四季を感じるテラスのある暮らしのすすめ 2 2階LDKと繋がるテラスのある住まい
四季を感じるテラスのある暮らしのすすめ 1 1階LDKと繋がるテラス(デッキテラス)のある住まい
図面の見方-7 図面の上下を逆さまにしてみる
図面の見方-6 断面詳細図(だんめんしょうさいず)
図面の見方-5 断面図(だんめんず)
図面の見方-4 立面図(りつめんず)
図面の見方-3 自分なりの物差し(スケール感)をもとう
図面の見方-2 図面に色を塗ってみよう
図面の見方-1 建物は通路と溜まりで出来ている
住宅模型をつかった建築家との住まいづくり その3
住宅模型をつかった建築家との住まいづくり その2
住宅模型をつかった建築家との住まいづくり その1
住まいの階段7 応用編
住まいの階段6 スキップフロアの階段
住まいの階段5 螺旋(らせん)階段
住まいの階段4 直階段のストリップ階段
住まいの階段3 直階段の階段下利用タイプ
住まいの階段2 階段室タイプの階段
住まいの階段1 階段とトップライト
住まいの採光と通風(日当りと風通し) その4
住まいの採光と通風(日当りと風通し) その3
住まいの採光と通風(日当りと風通し) その2
住まいの採光と通風(日当りと風通し) その1
住まいに広がり(開放感)を生み出す方法 その5
住まいに広がり(開放感)を生み出す方法 その4
住まいに広がり(開放感)を生み出す方法 その3
住まいに広がり(開放感)を生み出す方法 その2
住まいに広がり(開放感)を生み出す方法 その1
家を建てる時の土地探しのポイント まとめ
家を建てる時の土地探しのポイント15 その3
家を建てる時の土地探しのポイント15 その2
家を建てる時の土地探しのポイント15 その1
家を建てる時の敷地と住宅(土地と住まい)

 

お問い合わせ先:info@kenchikuka31.net
建築家31会事務局 東京都港区南青山2-2-15 WinAoyamaビル–UCF917
Tel : 03-6869-1961


>>建築家31会 HP
>>建築家31会 Facebook

 

 


二世帯住宅のタイプ別メリットと注意点 その2 @石井正博+近藤民子

今週の “ばとろぐ” を担当しています石井正博+近藤民子(設計事務所アーキプレイス)です。今回の“ばとろぐ”では、「二世帯住宅のタイプ別メリットと注意点」と題して3回に分けて書いています。

2.半分離タイプ(一部共有型)の二世帯住宅

半分離タイプの二世帯住宅は、玄関を共有し、水廻りなどの設備の一部共有しながら、お互いの生活ゾーンを分離させたタイプです。下のような様々なバリエーションのプランが可能で、どれを共有するかによって二世帯の関係性が大きく変わってきます。

・玄関共有型
・玄関、水廻り共有型
・玄関、水廻り、リビング共有型
など

メリットとしては、間取りの自由度が高いこと、適度にお互いプライバシーを保ちながら、双方の空間の行き来がスムーズにできること、玄関や設備を共有する分、建設費を抑えられることなどです。

注意点としては、場所や設備を共有で使うことになるので、お互いの生活動線が衝突しない間取りの工夫、生活時間の違いや音への配慮、世帯間の生活スタイルの調整、区分けしやすい収納スペースを用意しておくことなどです。

 

>>独立した二世帯が暮らす家

玄関のみを共有した半分離タイプの二世帯住宅。ホームエレベータをつけて親世帯は日当たりの良い3階、共働きと学校で昼間は家を留守にしている子世帯は1、2階に配置しています。

2階子世帯の物干しテラスの上部には3階親世帯の物干バルコニーがあり、お互いの気配が伝わりやすい関係になっています。

  

>>ミカンの木の育つ二世帯住宅

玄関と水廻りを共有した半分離タイプの二世帯住宅。共用玄関はそれぞれの世帯に上がれる作りになっていて、2階の子世帯へ上がる階段には鍵付きの扉が設けてあります。
 

二世帯で使う水廻りには、それぞれの世帯から直接入れる引き戸を設けて二世帯の生活動線を分けています。

>>二世帯住宅のタイプ別メリットと注意点 その1
>>二世帯住宅のタイプ別メリットと注意点 その2
>>二世帯住宅のタイプ別メリットと注意点 その3

 

設計事務所アーキプレイス HP
設計事務所アーキプレイス ブログ
ARCHIPLACE Facebook

 

石井正博+近藤民子  今までの「ばとろぐ記事」

住まいに光と風を効果的に取込む天窓(トップライト) 2
住まいに光と風を効果的に取込む天窓(トップライト) 1
設計事務所・建築家にできること 5 お引き渡し後(定期点検・メンテナンス・リフォーム)
設計事務所・建築家にできること 4 住宅の工事監理
設計事務所・建築家にできること 3 住宅の見積チェック
設計事務所・建築家にできること 2 住まいのプランニング(設計)
設計事務所・建築家にできること 1 土地探しのお手伝い
四季を感じるテラスのある暮らしのすすめ 3 屋上にテラスのある住まい
四季を感じるテラスのある暮らしのすすめ 2 2階LDKと繋がるテラスのある住まい
四季を感じるテラスのある暮らしのすすめ 1 1階LDKと繋がるテラス(デッキテラス)のある住まい
図面の見方-7 図面の上下を逆さまにしてみる
図面の見方-6 断面詳細図(だんめんしょうさいず)
図面の見方-5 断面図(だんめんず)
図面の見方-4 立面図(りつめんず)
図面の見方-3 自分なりの物差し(スケール感)をもとう
図面の見方-2 図面に色を塗ってみよう
図面の見方-1 建物は通路と溜まりで出来ている
住宅模型をつかった建築家との住まいづくり その3
住宅模型をつかった建築家との住まいづくり その2
住宅模型をつかった建築家との住まいづくり その1
住まいの階段7 応用編
住まいの階段6 スキップフロアの階段
住まいの階段5 螺旋(らせん)階段
住まいの階段4 直階段のストリップ階段
住まいの階段3 直階段の階段下利用タイプ
住まいの階段2 階段室タイプの階段
住まいの階段1 階段とトップライト
住まいの採光と通風(日当りと風通し) その4
住まいの採光と通風(日当りと風通し) その3
住まいの採光と通風(日当りと風通し) その2
住まいの採光と通風(日当りと風通し) その1
住まいに広がり(開放感)を生み出す方法 その5
住まいに広がり(開放感)を生み出す方法 その4
住まいに広がり(開放感)を生み出す方法 その3
住まいに広がり(開放感)を生み出す方法 その2
住まいに広がり(開放感)を生み出す方法 その1
家を建てる時の土地探しのポイント まとめ
家を建てる時の土地探しのポイント15 その3
家を建てる時の土地探しのポイント15 その2
家を建てる時の土地探しのポイント15 その1
家を建てる時の敷地と住宅(土地と住まい)

 

お問い合わせ先:info@kenchikuka31.net
建築家31会事務局 東京都港区南青山2-2-15 WinAoyamaビル–UCF917
Tel : 03-6869-1961


>>建築家31会 HP
>>建築家31会 Facebook

 

 


二世帯住宅のタイプ別メリットと注意点 その1 @石井正博+近藤民子

今週の “ばとろぐ” を担当します、石井正博+近藤民子(設計事務所アーキプレイス)です。

私たちは男女ペアの視点を活かして、暮らし易さ(光と風、家事動線、収納など)とデザインのバランスのとれた家づくりを目ざし、「敷地とライフスタイルを活かした家づくり」をテーマとして設計活動をしています。
今回の“ばとろぐ”では、「二世帯住宅のタイプ別メリットと注意点」と題して3回に分けて書いていきます。

二世帯住宅は共有する場所により、完全分離タイプ(独立型)半分離タイプ(一部共有型)完全同居タイプ(同居型)の3つのタイプに分類することができます。

二世帯住宅を建てようする時には、それぞれのタイプの特徴をよく理解して、二世帯の関係や暮らし方、プライバシーと距離感、起こり得るメリットとデメリット、将来展望など、自分たちにはどのタイプが向いているのか、事前にしっかりと家族で話し合うことが大切になります。

1.完全分離タイプ(独立型)の二世帯住宅

完全分離タイプの二世帯住宅は、左右や上下、あるいは別棟として両世帯の生活空間を完全に分離させたタイプです。玄関をはじめ、浴室や洗面の水廻り、キッチンといった住宅としての機能を持ったそれぞれの世帯が、独立した二つの家族として暮らすイメージです。

メリットとしては、何かあった時には家族で助け合える関係であること、近くにいるという安心感を保ちながら、普段の生活ではお互いのプライバシーを保ちやすいこと、生活時間の違いが気になりにくいこと、気兼ねなく知人や友人が呼べること、将来的に賃貸への転用がしやすいことなどです。

注意点としては、玄関も設備もすべて2軒分必要なので建設費が高くなること、広い土地が必要なこと、独立性が求められる分、住戸間の防音性能をしっかりさせることなどです。また、建築基準法的に「長屋建て」となると、道路までの避難経路[幅1.5m以上(都内は2m以上)]が敷地内に必要になる場合もあります。

>>細長変形地の二世帯コートハウス
完全分離タイプの長屋形式の二世帯住宅。それぞれに独立した生活を営みながら、中央に設けたコートとデッキテラスを通して、お互いの気配を感じられる関係になっています。

 

>>緑と眺望を楽しむ長屋建て住宅
完全分離タイプ
で、南北の道路からそれぞれの住戸にアプローチする長屋形式の賃貸併用二世帯住宅。天空率や住宅地下の容積緩和をつかって最大限の容積を確保した計画です。

 

>>二世帯住宅のタイプ別メリットと注意点 その1
>>二世帯住宅のタイプ別メリットと注意点 その2
>>二世帯住宅のタイプ別メリットと注意点 その3

 

設計事務所アーキプレイス HP
設計事務所アーキプレイス ブログ
ARCHIPLACE Facebook

 

石井正博+近藤民子  今までの「ばとろぐ記事」

住まいに光と風を効果的に取込む天窓(トップライト) 2
住まいに光と風を効果的に取込む天窓(トップライト) 1
設計事務所・建築家にできること 5 お引き渡し後(定期点検・メンテナンス・リフォーム)
設計事務所・建築家にできること 4 住宅の工事監理
設計事務所・建築家にできること 3 住宅の見積チェック
設計事務所・建築家にできること 2 住まいのプランニング(設計)
設計事務所・建築家にできること 1 土地探しのお手伝い
四季を感じるテラスのある暮らしのすすめ 3 屋上にテラスのある住まい
四季を感じるテラスのある暮らしのすすめ 2 2階LDKと繋がるテラスのある住まい
四季を感じるテラスのある暮らしのすすめ 1 1階LDKと繋がるテラス(デッキテラス)のある住まい
図面の見方-7 図面の上下を逆さまにしてみる
図面の見方-6 断面詳細図(だんめんしょうさいず)
図面の見方-5 断面図(だんめんず)
図面の見方-4 立面図(りつめんず)
図面の見方-3 自分なりの物差し(スケール感)をもとう
図面の見方-2 図面に色を塗ってみよう
図面の見方-1 建物は通路と溜まりで出来ている
住宅模型をつかった建築家との住まいづくり その3
住宅模型をつかった建築家との住まいづくり その2
住宅模型をつかった建築家との住まいづくり その1
住まいの階段7 応用編
住まいの階段6 スキップフロアの階段
住まいの階段5 螺旋(らせん)階段
住まいの階段4 直階段のストリップ階段
住まいの階段3 直階段の階段下利用タイプ
住まいの階段2 階段室タイプの階段
住まいの階段1 階段とトップライト
住まいの採光と通風(日当りと風通し) その4
住まいの採光と通風(日当りと風通し) その3
住まいの採光と通風(日当りと風通し) その2
住まいの採光と通風(日当りと風通し) その1
住まいに広がり(開放感)を生み出す方法 その5
住まいに広がり(開放感)を生み出す方法 その4
住まいに広がり(開放感)を生み出す方法 その3
住まいに広がり(開放感)を生み出す方法 その2
住まいに広がり(開放感)を生み出す方法 その1
家を建てる時の土地探しのポイント まとめ
家を建てる時の土地探しのポイント15 その3
家を建てる時の土地探しのポイント15 その2
家を建てる時の土地探しのポイント15 その1
家を建てる時の敷地と住宅(土地と住まい)

 

お問い合わせ先:info@kenchikuka31.net
建築家31会事務局 東京都港区南青山2-2-15 WinAoyamaビル–UCF917
Tel : 03-6869-1961


>>建築家31会 HP
>>建築家31会 Facebook

 

 


インテリアを楽しもう!@有泉 絵美

建物づくりで楽しいこととして、

建物の形状や間取りを決めること、インテリアを決めること

も含まれると思います。

私は、「余白にその建物をご使用される方らしさを着色して頂ける空間」でのお引渡しをしております。

たとえば、保育園では、こども達の動き、そしてこども達のおもちゃや家具で「らしさ」が加わり、その空間は完成していきます。

こちらは、2018年3月に竣工した保育園ですが、おもちゃや家具に合わせて室内の色調を決めていきました。

天井からも、いろいろ吊り下げ、季節ごとにインテリアを楽しんでいくそうです。

住宅でも、同じように、「余白にそのご家族らしさを…」という考えですが、

娘の部屋では、壁紙で遊んでみました。

梁型が目立つ壁面のあるお部屋だったので、その面の梁下の壁を「きいろのぞうさん」に!

窓のある面でしたので、窓に必要なインテリア:カーテンで楽しんでみました。

娘が2歳児であること、お昼寝の時は、半分カーテンを閉めたいこと、カーテンボックスの幅が大きかったことから、

壁紙と同系色の生地でプレーンシェードをつくり、その内側にうっすら縦ラインに鳥がいる生地でレースカーテン

という一般的なカーテンではなく、シェードというスタイルを選択しました。

壁紙とカーテンは調和し、また、光の入り方で雰囲気も変わり、日々、楽しいときを過ごせています。

 

建物の設計段階から、ちょっとの工夫で、インテリアを楽しめる要素が広がります。

娘の部屋ですと、カーテンボックスの幅が小さかったら、シェードとレースカーテンという組み合わせはできませんでした。

そのため、インテリアを楽しむためにも、設計打合せで、ぜひ、こんな家具を置きたいなどお話下さい。

※このカーテンの選定・施工には、建築家31会の協賛でもあるNE-1(エヌイーワン)さんにご協力を頂きました。素敵なカーテン、この場をおかりして、御礼申し上げます。

 


プレゼンテーション @阿川宮鳥

建築家に依頼して家を建てよう。
そう決めたものの、多くの中から1人の建築家を選ぶのは簡単ではない。
そう思う方も少なくないと思います。
まずはHPや雑誌から気になる建築家を探し、直接会って話をしてみる事が大切だと思います。
たとえ有名な建築家でも、面談に料金が発生することはないと思いますので、是非勇気を出してアプローチをしてみてください。
面談の末、良いと思える建築家と出会えたならば、プレゼンテーションを受けましょう。
ここからは、料金が発生する事務所もあれば、無料で行う事務所もあります。又、契約を前提でないとプレゼンを行わない事務所も希にあります。
今回は、弊社があるご家族の為に行ったプレゼンテーション資料の1ページ目(コンセプト)をご紹介したいと思います。
中庭に大きな木を植え、それを眺めながら暮らしたい。
都心の住宅密集地に土地を購入された方からのプレゼン依頼でした。
このページの他に、平面図、立面図、断面図、そして模型を準備し、1時間〜2時間のプレゼンを行います。残念ながらこの案は採用されず、他の建築家の方に決まりました。
それでも私はこの案が好きで、ここで紹介させて頂きました。

 

今週の建築家

agawa-e1467979946982

阿川宮鳥

住むことに喜びを感じ、住み続けるほど愛着が沸き、住む人と共によい歳を重ねられる家を目指しています。
そのために対話を大切にし、住む人の個性に、しっくりと馴染む家を追求していきたいと考えています。

 


1 / 9712345...102030...最後 »