ばとろぐ

建築家

建築家ブログ

床材のじゅうたんカーペット畳のメリットデメリット保温クッション吸音

今週のバトログを担当しますギルド・デザインの磯村です。

今回は、カーペットについてですが、畳についても整理したいと思います。

35年くらい前までは、住宅の床材といえば、畳やカーペットが主流でした。
生活習慣も大きいですが、当時は、家の作りがまだまだ断熱に対応できてなくて、冬のことを考えると暖かい床材が大切だったように思います。

メリット

1、保温性、断熱性
繊維内部にたくさんの空気を含むので、冬期に素足で踏んでもひんやりすることがありません。高気密高断熱で省エネ住宅が増えてきましたが、そんな住まいでも、さらなる省エネに貢献できそうです。

2、クッション性の高さ
ホテルなどで体験すると思いますが、部屋の中で靴を脱いでカーペットの上を歩いた時の心地よさは、ご存知かと思います。
衝撃がなく、足腰に負担がないので疲れにくい床材です。特に畳が基本であった日本人にはそうなのかもしれないと思います。
また、子供や高齢者が転んだ時のことを考えると、安全性の高い素材ということができます。

3、防音性・吸音性
ものを落とした時や歩く音など、下の階へ音を伝えにくいので、2階がリビングで1階が寝室というプランには、向いている床材です。
吸音性も高いので、生活音を吸収してくれます。室内で音が響かず、静かな生活が望めます。

4、デザイン・素材の多様性
天然素材のシルク、羊毛、綿、麻から化学繊維まで、素材にバリエーションがあり、それぞれの素材の特徴を楽しむことができます。かつてのデメリット補う素材や対策も出てきています。
何より、織・色柄の多様性は、住まいのデザイン、部屋の個性の幅を広げてくれます。

5、ホコリの舞い上がりを抑える
デメリットにもなっていますが、ホコリなどが繊維の中に入り込むと掃除しにくいことにもなりますが、掃除をしっかりしていれば、とりのぞけるものであり、普段はホコリの舞い上がりを抑えることになるので、室内の空気をきれいに保つことになります。

6、調湿性、癒し効果
天然素材のカーペットや畳についてのことですが、自然素材である繊維やイグサ、藁には、当然調湿性があります。また、イグサや他の天然繊維には、香りによって精神をリラックスさせる効果があります。

◯ デメリット

1、汚れ、シミがつきにくい
コーヒーなどの液体をこぼすと、シミが取りにくくなります。場合によっては、専門業者に頼まないといけなくなる。

2、ダニやホコリ
前述したように、しっかりと掃除できれば良いのですが、ホコリなどが目立たないだけに、留まりやすくなってしまう。ホコリがたまれば、ダニの温床となりかねない。

3、掃除しにくさ
フローリングと比べると掃除しにくいと思います。少し丁寧に掃除しなくてはなりません。ただ、天然繊維のものは、静電気が起きにくいので、それほどホコリなどが取りにくいとは言えないかもしれません。

4、跡が残る
柔らかい素材だけに、長く家具が置かれていると跡がつきます。部屋の模様替えなどをする時には気になるものです。ただ、良い素材のカーペットは復元力があるので、少し時間がかかりますが、ある程度わからなくなるものです。

 

1_フローリングのメリット・デメリット

3_土間(コンクリート、モルタル、タイル)のメリット・デメリット

ギルド・デザイン HomePage

ギルド・デザイン FaceBook

ギルド・デザインのホームページでもカーペットのことをお話ししています。
それについては、こちらからどうぞ

磯村一司+政本邦彦
ギルド・デザイン一級建築士事務所

「内装」関連解説記事

磯村一司+政本邦彦  ばとろぐ記事


床材の木フローリングのメリットデメリット掃除ダニ対策肌触り調湿硬さ滑り

今週のバトログを担当しますギルド・デザインの磯村です。

まず今回は、フローリングのメリット・デメリットについて。

フローリングといっても、様々な種類があります。大きくは合板を使った複合フローリングと無垢フローリングですが、樹種だけでなく、施工性の良さを追求したのも、性能を求め欠点を補おうとしている製品もあり、メリット・デメリットは一概には言いづらいものです
意匠的なこととなると、個人差もあるし、空間全体とのバランスも考えないといけません。これはどの床材でも言えることですが。

◯ メリット

1、掃除のしやすさ
カーペットや畳と違って繊維ものではないので、ホコリやゴミがや繊維の間にはいりこむことがありません。水やコーヒーをこぼしてしまったり、食べこぼしが落ちたとしても、瞬時に汚れが染み込むわけではないので、慌てずに拭き取れば問題なく綺麗にもどせます。

2、ダニ対策に有効
カーペットや畳が、だんだんと使われなくなり、フローリンが普及していった理由の一つがこれです。湿気やホコリを好むダニにとって、ホコリなどがたまる隙間のないフローリングは、清潔に保ちやすく、ダニの発生しにくい床材です。

3、木目の良さ、肌触りの良さ
適度な硬さの心地よさと共に、樹種による天然の木目を楽しむことができます。さらに、木の持つ肌触り感の良さを素足に感じることができます。汚れや傷つき防止のために、ウレタンなどの塗膜が厚く塗られているものは無理ですので、自然塗料などで仕上げている無垢フローリングや複合フローリングがよろしいです。

4、調湿性能
フローリングは天然素材です。3と同じく化学塗料が厚く塗られてものに調湿性があるとは思えませんが、自然塗料で仕上げてあるものは、高湿度な時期には室内の湿度を調整してくれます。

5、経年変化を楽しむ
新築したばかりのフローリングも良いものですが、時と共に重厚感が増すように色艶が変化していくのは楽しいものです。無垢材では特にそう言われていますが、複合フローリングでも同じです。樹種による違いはあるものの、天然木が使われていれば、色艶は変わります。
直射日光による色あせにはご注意を。

◯ デメリット

1、隙間、ソリ・ムクリ
多くは無垢のフローリングが問題となりますが、木材自体の持つ伸縮性のために、乾燥による収縮で隙間ができたり、湿気を含むことによる膨張を起こします。特に床暖房を入れる場合は、乾燥度合いや樹種・板幅など使えるものが限られます。複合フローリングは、床暖対応をしているものが多くあります。

2、冷たさ
フローリングはタイルなどと比べると熱の伝導性が低いのですが、畳やカーペットと比べるとはっきりと冷たい素材です。高気密高断熱住宅が普及してきましたが、冬の朝の素足では、ヒヤッとします。
杉や桐などの柔らかい材は、内部に含まれる空気が多いので、意外と暖かいです。暖かいフローリンをお考えなら桐がお薦めですが、とても傷つきやすくなります。

3、硬さと傷
比較の問題ではありますが、畳やカーペットと比べれば硬く、足が疲れやすいと言えます。前述した杉や桐は柔らかくて良いかもしれません。
フローリングが硬いといっても、ダイニングなどで椅子を引きずれば、傷が付きます。硬い物や尖った物を落としてもそうです。
生活の中では、傷はつくもので、それも味だと考えられるのが良いことだと思います。

4、滑りやすい?
滑る滑らないという一般的な仕分けでは、フローリングは滑りらない材料に分類されていますが、滑りにくいとは言い難い材料だと思っています。案外滑るものだと思って、使い方を考えておく必要があると思います。

5、水に弱い
水がこぼれても、すぐに染み込むものではないので、さっと拭き取れば問題はないのですが、長く濡れている、こぼしたものを拭き忘れていたりするとシミがついたりします。
窓辺の結露や脱衣室の湯上りの濡れなどから、シミになったり、腐りやカビ付きの原因にもなります。

2、カーペットのメリット・デメリット

3、土間(コンクリート、モルタル、タイル)のメリット・デメリット

ギルド・デザイン HomePage

ギルド・デザイン FaceBook

磯村一司+政本邦彦
ギルド・デザイン一級建築士事務所

「素材や材料」関連解説記事

「内装」関連解説記事

磯村一司+政本邦彦  ばとろぐ記事


多種の床材(畳カーペット木フローリング土間)選び

今週のバトログを担当しますギルド・デザインの磯村です。

45年くらい前だと、まだ畳敷きの部屋(和室)がどの家にもありました。
35年くらい前だと、カーペット敷きの家が全盛で、70%くらい普及していたそうです。
その後だんだんとフローリングが使われるようになり、最近は、床材といえば、まずフローリングを考えるようになりました。
最近は、土間を室内に造る家がちょっと流行ってきています。

生活の仕方やスタイルの影響がおおきいのですが、家の性能(断熱や気密)、床材自体の性能やお値段によって、変わってきているように思います。

ギルド・デザインでは、数年前に、コンクリート床の家をお引き渡ししていますが、大抵の住宅のメイン床材はフローリングで、その材種の好みや確認をクライアントにしてもらっています。

最近、少し高齢なご夫婦のお住まいの床材を考えることがあり、床材によってのメリット・デメリットを一度整理し直してみましたので、ここにまとめておきます。

明日はまず、もっとも一般的なフローリングからまとめてみたいと思います。

 

1_フローリングのメリット・デメリット

2 カーペット(&畳)のメリット・デメリット

3_土間(コンクリート)のメリット・デメリット

ギルド・デザイン HomePage

ギルド・デザイン FaceBook

磯村一司+政本邦彦
ギルド・デザイン一級建築士事務所

「素材や材料」関連解説記事

「内装」関連解説記事

磯村一司+政本邦彦  ばとろぐ記事


ウインドサーフィンボードシーカヤックカヌーSUP天井収納ラック

今回ばとろぐを担当しますItchy’s Art Garageの泉谷吉信です。宜しくお願い致します。

私の住む湘南地域はマリンスポーツが盛んで、私もサーフィン、SUP、アウトリガーカヌーをしています。クライアント様の中でもサーフィン、ウインドサーフィン、シーカヤック、アウトリガーカヌー、SUPなどいろいろなマリンスポーツをしている方がいます。

その道具の収納についてよくクライアント様からご相談があります。

特にサーフボードとSUPボードの相談が多く、既成品のボードラックを外壁や内壁に取り付けることもありますが、大工さんにオーダーして作ってもらうこともあります。

壁にラックを付けるとスペースを使うので、設計段階で天井高さを高くして、天井から吊るしたり、構造材の梁の上にボードを渡したりします。そうする事によってスペースを確保できます。

泉谷吉信
Itchy’s Art Garage Totally Happy Creations

「造作」関連解説記事

泉谷吉信  ばとろぐ記事


家建物注文住宅の基礎土台が鉄筋コンクリート造の理由と性質

今回は基礎工事での重要な工程である鉄筋工事についてです。

建物位置に合わせて、基礎を作ってゆきます。基礎は多くの場合、鉄筋コンクリートで作られます。この鉄筋コンクリートは、単語としてはご存知の方も多いと思います。鉄筋(鉄の棒)とコンクリートを組み合わせて作る材料になります。

少し専門的な話になりますが、なぜ鉄筋とコンクリートを組合せるのでしょうか。これには様々な理由があります。

  1. 物理的(構造力学上)な理由
  2. 化学的な理由
  3. 材料工学的な理由

それぞれをさわりだけですが掘り下げてみましょう。

  1. 物理的(構造力学上)な理由

建築は地震や風といった自然の力が加わった場合でも、壊れない様にする必要があります。建物を支える構造物として使う材料は、それらの条件を満たすために効果的に使われる必要があります。外からの力が加わり建物が変形する時に、様々な部位を曲げる力が掛かるのですが、この時に材料には、「圧縮される力(=圧縮力)」と「引っ張られる力(=引張力)」が加わります。この圧縮力に対してコンクリートは有効に働くのですが、引張力に対してはあまり効果的に働きません。鉄はこれとは逆に引張力に有効に働くのですが、圧縮力は苦手としています。この双方の長所を組み合わせて短所を補っているのが鉄筋コンクリートといえます。

  1. 化学的な理由

鉄は酸化する事で錆びます。錆びる事により材料の強度が落ちて行く事になり、建築を支える構造材料としては、それを防ぐ必要があります。学校で習った化学で酸性とアルカリ性の話があったと思いますが、コンクリートを構成する材料[石灰、石、砂、水]はアルカリ性を示します。この性質を利用して、コンクリートが鉄筋を包み込むことによって、鉄の酸化を防ぐ事ができます。

また、コンクリートは石灰と水が化学反応をおこして硬化してゆきます。固まった後は基本的には水に溶ける事はなく、耐候性が高い材料です。ある程度の水の浸透は考えられるため、鉄筋をくるむコンクリート部分の厚みが重要になり、これを専門用語で「かぶり厚」といいます。このかぶり厚の管理は、鉄筋コンクリート工事の重要な項目とされています。

  1. 材料工学的な理由

材料は温度の上昇に伴い伸び、下降によって縮みます。地球上の様々な素材が微小な範囲で伸び縮みを繰り返しているのですが、その伸縮の仕方(長さや温度分布、割合など)はそれぞれ異なっています。そんな様々な素材の中でも、とりわけ鉄とコンクリートに関しては熱膨張率がほぼ一致しているのです。これはある意味奇跡でしょう!これを組み合わせようと考えた方の発想がまた素晴らしいです!!

といった具合に、運命的な組合せである鉄とコンクリートを実際の建物では、まず鉄筋を配置します。鉄筋の種類(鉄の種類、直径、形状)、間隔、本数は設計段階で構造計算によって定められているため、現場ではそれが間違い無く配置されているかの確認が必要です。また、先程の「かぶり厚」の管理も重要で、最終的にコンクリートの中に埋まる様に必要箇所にはスペーサーを入れる等、位置調整を行ってゆきます。

スラブ(床の事です)、梁部分では、配筋の仕方も異なるため、その状態を確認し写真に記録してゆきます。

また、建物内部から外に抜けてゆく設備関係に関しても、鉄筋をよける様に配管を設置しておき、コンクリートの打設に備えます。

石川利治
3*D空間創考舎一級建築士事務所

「構造・耐震」関連解説記事

石川利治  ばとろぐ記事