ばとろぐ

建築家

建築家ブログ

家を解体し地盤を元にもどすことを考えてみる。「地盤から考える家づくり」@古川達也

住まいづくりを考えるとき、丈夫で使いやすい家。心地良く快適な家。出来れば経済的で素敵な家が欲しい。暮らしの拠点となる家を作ることを考え、誰もが必死になります。しかし一方で、住まい本体と同様に土地そのものも財産であり、ご親族など次世代へバトンタッチし、後世に引き継ぐ大切な宝物と言えます。住まいは、いつか必要に応じ建て替えることも有り得るとすれば、地盤に異物を残さず、土地を元の地盤にもどすことや、もどせる方法なども考えてみたいところです。

 
◆異物を残さない地盤補強とは

例えば建設した住まいを将来解体し、地盤を元の土地にもどしたいと考える時、建設時に手を入れた地中深く残る地盤補強の異物が問題になります。補強として設けた杭状の異物などを地盤に残さない地盤補強を「異物を残さない地盤補強」と位置付け、異物そのものを取り除き易い工法例や、そもそも異物がはじめから無い工法例を紹介します。


地盤補強例:RES-P工法で現場搬入された鋼管パイプ

 

◆異物が取り除き易い工法

例)RES-P工法:
→先端に突起などがない細い鋼管パイプを複数貫入する地盤補強のため、将来建物を解体した場合、比較的容易にパイプを全て抜くことが出来ます。(地盤補強例の解説参照



RES-P工法施工の概略図と、地盤を元にもどすために抜いた鋼管の様子。

 

◆異物がはじめから無い工法

例)プレコンサンドパイル工法:
→圧密用の砂を圧入することで地盤を締め固める地盤補強のため、はじめから杭状の異物などを地中に残さない考え方の技術です。(地盤補強例の解説参照


地盤の弱い部分に圧入した砂が行き渡る考え。異物を残さず同時に効果を持続させることができる。

 
資料提供:エイチ・ジー・サービス株式会社

 

◆地盤をみつめるまとめ

地盤の状況を知るために地盤調査が必須であることを知りました。地盤が良いことに越したことはありませんが、地盤が弱い場合も諦めず、地盤補強を行う技術も数多くあり、選択出来ることを知りました。

地盤から考えてみる、かけがえのない家づくり。
建物本体としての住まいだけでなく、大事な足元である地盤をみつめ、地盤を知ることで、拠点としての家や建物への信頼が増し、家族を守る住まいが、もっと好きになるように思います。

古川都市建築計画一級建築士事務所 古川達也

 


地盤補強(地盤改良)は必要か?「地盤から考える家づくり」@古川達也

例えば住まいの足元、大事な地盤に着目します。足元がゆらぎ頼りないものであっては、どんなに素敵な住まいでも心配が絶えません。足元を見直そう!足元をみつめる、そういう心構えも必要だと感じます。さて、土地に家を建てることになり地盤調査をしたところ、地盤が柔らかく建物の重さに耐えられないと分かっても諦めてはいけません。しっかりした地盤にする「地盤補強」という選択があります。

 
◆地盤補強(地盤改良)とは

建物などの構造物を建てる場合に、安定性を保つため地盤に人工的な改良を加え、地盤を補強することを地盤補強と言います。土地が違えば地質が違い、建てる家の重さや形が違えば、その足元に求める地盤のあり方も変わります。つまり家づくりを例に考えると、意外にも全ての家づくりにおいて地盤づくりはオーダーメイドと言えるのです。弱い地盤に対応する技術として様々な「地盤補強」の方法があります。


地盤補強例:鋼管杭工法を採用した施工の様子。

 

◆地盤補強(地盤改良)の例

【表層改良工法】
軟弱地盤の層が2m以内の場合に行う地盤改良。表層部の軟弱土壌にセメント系の固化材を流し込みかく拌、比較的短期かつ低コストで所定の地盤強度を確保する工法です。施工中の粉塵や振動などがあるため、近隣への配慮が必要となります。
・適用:戸建て住宅など。

【柱状改良工法】
軟弱地盤の層が2~8m以内の場合に行う地盤改良。セメント系の固化材と水を現地の土と混合かく拌。柱状に固化させた状態を、複数箇所設けることで全体として支持できる地盤を確保する工法です。
・適用:戸建て住宅、擁壁など。

【鋼管杭工法】
先端に螺旋状の小さい羽の付いた鋼管杭を、地盤下の硬い支持層まで貫入することで建物を支持する工法です。周辺地盤を乱さずに無排土・無振動で比較的速やかに進められます。
・適用:多種多様な用途の建物や構造物に対応。中低層建築物、鉄塔、擁壁、集合住宅や戸建て住宅など。

【RES-P工法】
弱い地盤に細い鋼管パイプをたくさん貫入し、地盤に対するパイプの摩擦力など複合的な作用で建物を支持する工法です。周辺地盤を乱さずに無排土・無振動で速やかに進められる特徴があります。また、施工した鋼管パイプが機器を使って比較的容易に抜けるため、将来建物を解体する場合、異物を残さず、土地を元の地盤に戻し易い工法と言えます。
・適用:小規模建築物、戸建て住宅など。

【プレコンサンドパイル工法】(HGサービス特許工法)
特殊なロッドで地盤に孔を確保しつつ、地表面から圧密用の砂を圧入。土壌の柔らかい部分に隙間を埋めるように砂が行き渡り締め固める工法です。残土処分がなく経済的かつ高めた地盤の効力が半永久的に持続します。また、圧密用の砂は粒が粗く粒間に地下水をおくるドレイン(排水)効果があるため、地盤の液状化現象※への対策として期待されています。
・適用:戸建て住宅だけでなく、多様なケースへの対応が期待できます。
※液状化現象とは、地下水位の高い砂質地盤が地震の振動で液体状になる現象です。

 
参考:エイチ・ジー・サービス株式会社ホームページ

 

◆地盤補強(地盤改良)は必要か?

地盤補強には前述を例に、様々な方法がありますが、一般的な木造住宅において、軟弱な地盤が2m以内では、主に表層改良工法を採用します。2~8m以内では柱状改良工法を考えるケースが多いですが、セメント系固化材を周囲の土とかく拌する手法であるため、土質が腐葉土であったりすると弱点になる場合があります。地盤調査で分かる地面下の硬い支持層をとらえる鋼管杭工法を採用するケースも多いです。
 
地盤補強(地盤改良)は必要か?
 
答え→地盤補強は、地盤調査の結果と建物設計の内容から、要不要を判断します。地盤の安心は、建物への安心・安全・愛着に繋がりますから、建物本体と同じくらいに大切な検討項目として、考えて参りましょう。次回は、地盤補強を施した地盤を、あえて元の地盤に戻すことを考えてみます。

古川都市建築計画一級建築士事務所 古川達也

 


地盤調査は、やってもやらなくても良いか?「地盤から考える家づくり」@古川達也

今年9月北海道で大きな地震がありました。街の様々な場所が壊れ、地面が変形したり、建物が傾いたり、被害の大きさを伝えるニュースに、心配の声が広がりました。皆さまの建物建設や住まいづくりにおいて、その安心・安全に、より関心が高まっていることを日々感じています。
例えば住まいの足元、大事な地盤に着目してみたいと思います。足元がゆらぎ頼りないものであっては、どんなに素敵な住まいでも心配が絶えないからです。
まずは、地盤の状況を知る「地盤調査」について考えてみましょう。

 
◆地盤調査とは

地面下の地質・強度・地下水位などのデータを採取し、地盤についてその性質を知ることを目的に行う調査のことを地盤調査と言います。土地の形や大きさ、計測機器を持ち込めるか否かなど、状況をみて環境に合わせた方法を選択します。建物設計の計画が進んでいる場合は、建物が配置される場所を狙い、より確度の高い調査データを得たいところです。


地盤調査例、スウェーデン式サウンディング試験の様子。

 

◆地盤調査の例

【スウェーデン式サウンディング試験】
先端がスクリュー状になった鉄の棒を、回転させながら地盤にねじ込ませ、地盤の固さを判断します。戸建て住宅用の地盤調査で最も多く行われている調査方法です。
・メリット:試験方法が容易でコストが比較的安い。敷地内で複数観測できる。
・デメリット:堅い地層は貫入不可。土質や地下水位の正確な把握が難しい面がある。

【標準貫入試験】
孔を掘りその孔を利用し(ボーリング)1m毎に地盤の固さを測定。63.5kgの重りを76cmの高さから落とし、地盤に30cm打ち込むのに要する打撃回数(n値)を求めて、地盤の固さを把握します。日本の地盤調査で最も普及している調査方法です。
・メリット:硬い地層にも貫入でき測定深さの範囲が広い。土質や地下水位が確認できる。
・デメリット:軟弱層における微細な判定が出来ない。コストがやや高い。

【三成分コーン貫入試験】
小型センサーを取り付けたコーンを一定速度で地中に押し込み、3成分(先端抵抗、摩擦、水圧)を電気的に測定します。近年小型の機械も開発され、戸建て住宅用の地盤調査においても実績が増えてきている調査方法です。
・メリット:簡易な液状化判定が出来る。簡易な土質判定ができる。
・デメリット:硬い地層は貫入不可。

【平板載荷試験】
載荷板(通常は直径30㎝の円盤)に荷重をかけて、地盤の支持力を直接測定するものです。浅い深度の地盤の変形や強さなどを求める調査方法です。
・メリット:地盤の支持力を直感的に直接判定できる。
・デメリット:深度方向の調査が困難。載荷板で分かる範囲が狭い。土質や水位の測定不可。

 
参考:エイチ・ジー・サービス株式会社ホームページ

 

◆地盤調査は、やってもやらなくても良いか?

地盤調査には前述を例に、様々な方法がありますが、一般的な木造住宅の建設を考える土地では、スウェーデン式サウンディング試験(SWS試験)を採用するケースが多いです。一方、地質や地下水位の正確な把握が難しい面があるため、地表に近い地下水が予想されたり、植物の腐敗で堆積した腐葉土など不安定な地質が考えられたりする場合など、より詳しい地盤データを得られる調査を選択することも考えられます。
 
地盤調査は、やってもやらなくても良いか?
 
答え→地盤調査は、やらなくてはいけません。調査のデータから地盤の状況を知り、建物設計の調整や、適切な地盤の補強等を行う事が出来ますので、家づくりにおける安心・安全確保への第一歩となります。次回は、地盤が弱い場合の「地盤補強」についてお話ししたいと思います。

古川都市建築計画一級建築士事務所 古川達也

 


建築家に頼む戸建てリノベ@南部健太郎

リノベーションもだいぶ一般的になってきているこのごろ。
そのバリエーションも増え、
最近では、「戸建てリノベ」の需要も多く見られるようになりました。

わたしも、ここ数年
リノベーションが増え、お仕事をいただく半分ぐらいはリノベ、リフォームにたずさわらせていただいております。

今回は
そんな戸建てリノベ、先日お引渡しいたしました都心の住宅です。

リフォーム、リノベーションといっても様々で、
一般のひとからすると、
どこへ?
誰に?
と、その違いもあまり認知されていないようです。

①買った不動産屋さんに紹介してもらい一緒にやってもらう
②まちの近くのリフォーム会社を探す
③雑誌などに広告のでているリフォームの設計&施工をしている会社
そして、
④建築家へリノベ設計を頼む。

やはり、
このように見ると、④建築家へ が一番分かりにくく、、、ハードルも高そうな気がしますね。

私たち建築家からすると、そんなことはないので、是非
建築家とリフォームを楽しんでもらいたいなと思っております。

リノベを頼む先によって、メリット、デメリットがあります!
それでは
建築家とやるリノベのメリットはなんでしょう?

①設計(デザイン)と施工(工事)が分離しているので
 金額や、責任が明確に。
 結果的にトータル金額の節約や、減額が可能に

②金額の相談を、直接工事会社に相談せず、建築家に相談できる

③建築家は、もちろん仕事の中心が設計なので、
 なっとくいくまで、デザインや使い勝手などの設計を相談検討できます

④見た目の素材だけでなく、
 建築家の得意とする間取りや収納量、使い勝手の良い提案を得られる

⑤インテリアに拘ることの多いリノベ、
 既製品やメーカーや一般的な材料やパーツ、国産設備ばかりでは今一。。
 輸入ものや、小さい会社の材料なども探して、提案や相談もできます

⑥リノベーリョンでも、細かい設計図や模型、パースなどを使い
 完成のイメージや、完成度の高い部屋が実現します。

⑦物件購入前や、ご実家など、
 事前に一緒に見ながら相談から始められます。

などなど、
まずは、リノベーションも建築家にご相談いただけると嬉しいと思います。

@南部健太郎 AR.K一級建築士事務所


建築家ならではの工夫いろいろキッチン@七島幸之+佐野友美

家づくりにおいて、気合いをいれるもの、
建物に大きく影響を与えるものの1つにキッチンがあると思います。

キッチンといっても、お施主さんによって、形態や仕様など思い描くものは本当に様々です。
 ・毎日使うから、とにかく素材も形も使いやすいキッチンにしたい
 ・作業風景や雑多な感じを見せたくないので籠った場所(クローズ)がいい
 ・とにかくカッコイイキッチン!
 ・みんなでワイワイ囲めるオープンなキッチン(料理する人だけ孤立する空間はいや)
 ・オープンとクローズの中間のようなキッチン・・・
要望は色々ですが、皆さん共通して『自分が気持ちよく使えるキッチン』を求めています。


それらの要望を踏まえたキッチンを作る方法として、大きく以下の3つに分かれると思います。
 1.メーカーの既製品キッチン
 2.オーダーキッチン屋さん・家具屋さんによる造作キッチン
 3.現場の大工さん+建具屋さんによる造作キッチン


1.の既製品キッチンは、使い勝手や収納を考慮して、
かゆいところに手が届くような収納・機能が設えられています。
ご自身がキッチンに求めるものがそれらに合致すればとても魅力的です。
ただ、決められた作業台の高さや幅などなど既製品サイズに自分が合わせることにもなります。


変形地や狭小地、または、間取りの関係から既製品キッチンが納まらない場合、
カウンターや面材等の仕上げなどちょっとしたことが気になる方には、
2.3.の造作キッチン、オススメです!


今回は、『2.オーダーキッチン屋さん・家具屋さんによる造作キッチン』の実例を紹介したいと思います。
設計事務所によって対応は変わると思いますが
私共の事務所では、プラン(形状)やサイズ・面材も含めてお施主さんと私共でお打合せし
製作・取付をオーダーキッチン屋さん・家具屋さんにお願いしています。
その際、オーダーキッチン屋さん・家具屋さんから何か新たなご提案等があれば、
それも含めてまた検討しています。


☆事例1:オシアゲマンションリノベーション
築25年のマンションをリノベーションしたのですが、お友達とワイワイ使いたいというご要望から
キッチンとダイニングテーブルが一体となったキッチンとなりました。
キッチン部分2m、ダイニングテーブル2mの全長4m。
キッチン2mは少し狭めですが、ダイニングテーブルがひと続きになっているので、
作業中はそこも使って、、、と二重使いできるような設え。
皆が気兼ねなく使えるようにと、天板の仕上げはステンレスです。






☆事例2:若葉町の住宅
ご夫婦とお子さん3人の住まいですが、お子さんは高校生・大学生・社会人1年生。
生活時間帯も異なるため、家族それぞれが使いやすいキッチンにしたい、というご要望。
キッチンがLDKの中心になるので、キッチンという作業台ではなく、家具のイメージで造りました。





☆事例3:東砂のロードサイド
敷地の形状から細長い建物になり、
細長い建物に併せた細長いアイランドのキッチンにしようか、壁付キッチンにしようか、、、
色々検討したところ
幅が狭いながらもアイランド、しかもほぼ正方形の形になりました。
ご夫婦二人でキッチンに立つことも多いそうで、お二人がキッチンのまわりを回遊出来るような設えです。
ただ、レンジフードが天井から吊るされているのがイヤとのことで、
海外からの輸入レンジフードを取り入れました。
天板から出たり入ったりするレンジフードなので、見た目スッキリですが、IH用です。