ばとろぐ

建築家

建築家ブログ

注文住宅の中に書斎客間収納の小空間を確保する

今週バトログを書かせていただきます菰田建築設計事務所の菰田真志+菰田晶です。

家を建てるときにはいろいろな希望があって、それを形にまとめてゆくのが建築家の最初の段階の仕事です。

間取り、プランというとわかりやすいですが、これは法的な検討や、ラフではありますが全体の設計をしてゆく重要な段階です。
この段階で存在しない情報はあとで入れ込むのが難しかったり、うまくゆかなかったりします。

必ず必要な部屋や機能は問題ないのですが、趣味の部屋や書斎など残念ながら優先順位を下げられがちなものは、あとからはなかなか入れづらいものです。
ですから、はじめからご希望を聞いておいて入れられるものは入れるようにしたいものです。

今回のバトログではそんなメインではないけれど、あるといい「ちいさな居場所」のことを実例を上げて書いてゆきたいと思います。

1 3畳の小上がり /カドノイエ
2 ごろりスペース /松庵の家
3 リビングを感じる書斎 /矢野口の家
4 細長い書斎 /雪ヶ谷の家
5 家の中の離れのような畳スペース兼客間 /太田窪の家
6 こもり部屋 /三軒茶屋の家

どうぞご覧下さい

菰田真志+菰田晶
有)菰田建築設計事務所

「間取りプラン」関連解説記事

菰田真志+菰田晶  ばとろぐ記事


南側隣地土地が低い場合緩和規定に注意して建てた注文住宅の高さの工夫

段差のある土地や傾斜地での住宅を多く手がけてきましたが

南隣地が下がっている場合は平坦地に建てる場合より

日当たりや眺望にとっては有利な事は間違いありません。

ただ、将来にわたってもそれが確保できるか?という点は

きちっと考えてみる必要があります。

南側の家にとっては北側隣地が高い場合、その落差が1メートルを

超える場合は斜線や日影の緩和が受けられるので、平坦地に建てる

よりも高い建物が建てられる可能性があるのです。

写真は、そのために2階建てでなく3階建てにし

3階部分を1・2階よりも面積を大きく確保した事例です。


 

小林真人
株)小林真人建築アトリエ

「法律規制」関連解説記事

小林真人  ばとろぐ記事


駐車場ガレージで傾斜雨浸水寸法で失敗しない注意点

坂道に面した敷地で道路よりも少し高くなっています
ここにビルトインの駐車場を2台分設けたいという希望

私が計画する前に数社の提案を受けていたのは
敷地が上がっている事を活かしての地下駐車場を地下あるいは半地下に設けて道路からはスロープダウンする

よくある考え方ですが、施主とよく話をすると将来スポーツタイプの車に乗り換えたいとの事、
だとするとこの駐車場スロープはかなり緩やかでないと車高の低い車は出入りできません

 

また、近年の豪雨を思い浮かべると雨水の処理をする事は必須ですが

計画上、避けられるなら避けたい

という訳で今回は家庭用の二段式駐車場を組み入れる事にしました

 

 

小林真人
株)小林真人建築アトリエ

「ガレージ駐車場」関連解説記事

小林真人  ばとろぐ記事


注文住宅のリビングデザインに合うソファ家具を建築家と選ぶ

年明けに引き渡しをした住宅のソファーを先日納入しました

どういう形式・デザインのものをどんなレイアウトで置くのか?
テーブル類はどうするのか?
最初はある輸入メーカーのスタイルの違うもので数パターンを提示しました。

具体的な形・レイアウト・使い方が見える様になった事でその中から具体的なテイストとスタイルとを絞りこめ
また予算感覚が掴めたところで他社にも声をかけて同様なテイスト・スタイルのものを提示をしてもらいました。

決定したものは写真のものでミネルバ社 KAIROSシリーズのSMARTというソファです。
シート部分と背の部分とのファブリックを使い分けています。
生地は複数の色味が組み合わさっての発色なので深みがあります。

 

小林真人
株)小林真人建築アトリエ

「家具」関連解説記事

小林真人  ばとろぐ記事


注文住宅の備え造り付け家具と移動置きファニチャーをデザインする

住宅の家具は、建築に備え付ける家具と置き家具とに別けて考える必要が
あります

備え付ける家具のメリットは
1. 空間に合わせた寸法にする事で無駄なくスペースが使用できる
2. 置くスペースの雰囲気・素材に合わせる事ができる
3. 家具そのものの存在を見えない様にする事ができる
4. 照明やコンセントなど自由に組み込む事ができる
といったあたりでしょうか?

置き家具の考え方としては
1. 家具そのものが見せるものとして意味・価値がある
2. 所有している家具を活かす事ができる
3. 所有している家具への思い・思い出を活かす事ができる

従って、見せるもの、見せないもの、効率と予算などをしっかり考えて
使い分ける事が大切です
置き家具でも思い出があり処分できないが見せられるものでない場合は
納戸などで直接見えないスペースでの利用も考えられます

新たな家具を買うつもりの予算を別途用意している場合でも
建築工事の中で造る事のメリットがあるならばその予算を
建築予算に移せば良いのです

 

小林真人
株)小林真人建築アトリエ

「造作」関連解説記事

「家具」関連解説記事

小林真人  ばとろぐ記事