ばとろぐ

建築家

建築家ブログ

実例から よろいばりの家 ~なぜ高い吹抜~ @菰田真志+菰田晶

今週のバトログを担当させてもらっています菰田建築設計事務所の菰田真志(こもだまさし)です。今回で二回目になります。

われわれが設計した建物がなぜこうなっているのか?という話の二回目として取り上げるのは「よろいばりの家」です。

この家の特徴は2つ。
1つ目は スキップフロア ということ。
2つ目は 二階の大きな吹抜 です。

1つ目の特徴のスキップフロアというのは、ご存知の方も多いと思いますが、例えば2階建の家は普通は床の高さが2種類でそれを階段でつなぎますが、スキップフロアの場合には2種類以上の床の高さが家の中にあり、それを繋ぐ形になります。1階-1.5階-2階という感じでつながるイメージでしょうか。(もちろんもっと多くの床のレベルがあってもいいのですが。)
この家では1-1.5-2-2.5-小屋裏という構成になっています。

では一階はと言うと、駐車場スペースです。

前の道から見る
駐車場部分は法的には一階になります。敷地の段差を生かしてスキップフロアにしています。玄関が1.5階レベルにありますが、そのぶんアプローチをかなり緩やかな階段にしています。玄関を引き込むことでプライバシーも保てます。

この敷地はもともと前面道路から1.2m程度敷地が上がっていたので、敷地の平らな部分に家を建てると、玄関が道路から高い位置に来ます。低い位置に建てようとすると道路面にあわせて掘らないといけなくなるので、緩やかな階段で玄関までアプローチして、家に入るという構成にしました。駐車場部分だけ少し掘って平らな部分を確保し跳ね出した家の下に車を置くスペースを取っています。

アプローチを上がって入る玄関は、法的には1.5階レベルです。玄関を入って1.5階レベルには個室が、玄関横の階段をのぼると折返しの階段の踊り場が2階レベルです。ここは水回りです。

玄関を見る
玄関レベルは1.5階(もともとの敷地レベル)。このレベルには個室中心です。玄関土間の横に大きな階段一段目を設けていますが、そこが土間からの高さが靴脱のための椅子の高さになっています。折返し階段の踊り場部分が法的には2階レベルで、トイレ・洗面・浴室があります。

水回り
シンプルな水廻り。白と濃い茶色のコントラストで構成しています。窓を高いところにつけることで水回りのプライバシーと天井を照らす採光の役目を果たしています。

折り返して2.5階レベルが高い吹き抜けになっているLDKです。LDKの一部分に小屋裏収納があります。

階段からの見返し
2階レベルから見返すと玄関とリビングの中間に水回りがあることがわかります。玄関奥に見えるのは玄関収納です。

北側の窓
この窓だけが目線についています。現状で北側が隣地の大きな庭に面して引きがあり見られることがないので目線に窓をつけました。見えている階段はロフトへ上がる階段です。

ダイニングからキッチン方向を見る
一体になった吹抜の空間。左手の階段を登った先にはバルコニーがあります。正面と左手上方の窓は後術します。

 

この家がスキップフロアになっている理由は、もともとの地盤レベルがそうなっていたからそれを利用したということです。ちょっと掘り込んで駐車場にしていますが、ほぼ地形を利用したという形になっています。もっと彫り込むことも考えましたが、結局半地下にすることで掘削や防水などのお金がかかるという事もあり、スキップフロアで対応することにしました。(※スキップフロアもただ建てるのより構造が複雑になるので金額増の方向になります。どちらが安いかは判断が難しいところです。)

2つ目は二階の大きな吹抜に関しては、南側の隣地からの影響です。
南側の隣地には二世帯住宅が建っています。敷地の法規的には低層建物であれば北側に斜線制限がかからないので、近接した隣家の影響をうけます。しかも敷地が東西に長い敷地なので、北側に家を寄せて南側に空間を作ることが出来ませんでした。

正面から見る
東西に長い敷地で間口が狭いので、建物も長くなります。いっぱいに北に寄せても南に大きな空間はとりにくい敷地です。南側の隣家の高さより上から光を入れことを考えました。

そこで、LDKに大きな吹き抜けを作り隣家の上から光を取ろうと「背伸び」した結果がこの空間を生みました。

ロフトから見下ろす
この家で一番高いロフトから見下ろしても正面の窓から見えるのは道を挟んだ家の屋根です。LDKの床レベルでは大きな開口からは空しか見えません。周囲からの視線を気にしないで過ごせます。

細長いけれど高い天井高がきもちよくつながり、光を取り入れるための大きな窓が空いていますが、その窓は周囲からの視線は完全に切っています。
周囲からはカーテンなどが無くても全く中が見られないように気をつけた窓配置が家の中の大空間の開放感を増すことに一役かっています。

結局のところ2つの特徴ともに、敷地や周辺の環境から来ています。
第一回目の「太田窪の家」でも同じように敷地の状況が形を決める大きな理由になっています。
建主さんの希望を優先しているなかで、室内環境を大切にしたいという気持ちが、その家の特徴を敷地環境を見据えたものにしたのかもしれません。

(有)菰田建築設計事務所
HP : http://www.archi-komo.co.jp


実例から 太田窪の家~なぜ すのこ 床~ @菰田真志+菰田晶

今週のバトログを担当させていただきます菰田建築設計事務所の菰田真志(こもだまさし)です。

我々が設計した家が「なぜこうなったのか」「どんな効果・目的があったのか」という事を、実例を通して説明しようと思います。第一回は「太田窪の家」です。

太田窪の家のなかで特徴的なのは、まずは間取りの真ん中を貫く土間と真上の二階の床がすのこ状になっている部分です。

daitakubo_doma

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

土間東側を見る
土間の両側は大開口になっていて、上下には換気窓がついています。螺旋階段が窓の前にありますが、これはできるだけ光を遮らない階段という考えで設計した螺旋階段です。段板を支える力板を無くしてできるだけ透け感のあるものにしました。この家では明確な玄関がないため、螺旋階段の一段目を大きくし、その下にラグを置くことで靴脱のラインを(建主さんが)設定しています。右側の床部分は将来の子供部屋スペースで、2つに分けられるように電気や窓の位置などを設定してあります。天井の部分がインナーバルコニー/スノコ床。

土間は自転車を家の中に保管する場所になり、メンテナンスの作業場であり玄関でありという多目的な場所になっています。この場所は写真をみた皆さんにとても好評です。この家(写真)を見てその後設計依頼を頂いたお客様が何人もいらっしゃいます。

その土間から上を見上げると・・・天井はなく二階の床がすのこ状の床(インナーバルコニーと呼んでいます)になっています。この部分は正直な話賛否両論です。見上げれば下から見えるし、上からものも落とせば落ちるし、そもそも怖いという方もいらっしゃいます。そうおっしゃることは理解できます。でもあえて建主さんの同意を得てやりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


子供スペースから土間を見る。

階段部分以外の天井=二階の床=インナーバルコニー/スノコ床になっています。ほぼ全体が吹抜のように抜けています。人が歩くのはまったく問題ありません。透明材料で塞いでいるわけではないので風も物も通り抜けます。

螺旋階段部分見上げ
窓の前の螺旋階段の越しに東側の光が入ってきます。窓前の条件は良いのですがやはり隣地なのではじめからずりガラスを使って見えないようにしています。なので目隠しのためのブラインドなどは不要です。

それには理由があります。その理由を説明します。

この建物は北道路の敷地に建っています。

北側から見る
車のスペースと玄関はほぼ北向きです。後ろ側の建物が見えますが後ろ側=南側になります。
あえて南に寄せて家を建てています。

西側から見た遠景
南側の隣地建物側に寄せて家を建て、南向きのハイサイドライトの位置を少し南側隣地から下げています。高い板貼の部分の左側(白い壁のライン)にハイサイドライトがあります。こうすることで南からの光を隣家越しに取り入れています。

南側の隣地はギリギリまで隣家が立ち並び、南側を庭としてもあまり環境が良くない敷地でした。たぶん冬はずっと日陰になる場所もあるとおもいます。
そのかわり、東西は環境がよく、東の隣地は離れて建っていてかつ最近建ったばかり。西側は駐車場と畑が続き、地主さんの意向でしばらく建物がたつ場所ではありませんでした。
そういった敷地の周辺環境と敷地内の駐車スペースの必要性などを考えた結果、あえて南側に建物を寄せて建て、東西からの光を取りいれる開口と土間を大胆に取ることにしました。

ただその場合に南からの光をどうしたかというと、二階の南側部分を少し隣地から下げてハイサイドライトをとり、その光を一階まで落とすことにしました。そのために考えたのがインナーバルコニー/すのこ状の床でした。

二階のインナーバルコニーを見る
インナーバルコニーに面してハイサイドライトがあり、光が入ってきます。窓に見える屋根は隣家の屋根です。部屋の中にいても和室がちょっとした離れのような雰囲気になるのも面白い雰囲気です。インナーバルコニーの透け感が判りますが、意外と下から見上げても真下でないと上が見えません。スノコ材の高さがあるので目線を意外と隠してくれます。

二階の洗面所からリビング方向を見る
下の階の寝室の入り口が見えます。

実際の効果としては、家の中心にある土間とインナーバルコニーを介して家中が繋がることで空気が循環し、時々刻々の光がいつもどこかから家のなかを照らしています。

ハイサイドライトから入る光
2015年3月14日(土)放送「渡辺篤史の建もの探訪」での一幕。冬場の午前中の日差しが入ってきているのが判ります。

一、二階の大きな空間がつながっていると冷暖房の効率の話をよく聞かれますが、一階と二階の窓(上下高さの有る位置の窓)をあけると、インナーバルコニーを通した重力換気で夏の暑い空気もすぐに入れ替わります。出かけていて帰ってきても一度家の中の空気を換気してから冷房をかけることで効率がぐんと上がります。

冬はこの家では一階の土間に灯油のストーブを置き、ファン(サーキュレーター)を回しながら使うことで灯油ストーブ1台で家全体を暖房しています。天気が良ければ窓からの光も入りますので昼間は暖房がいらないそうです。

土間に置かれた灯油ストーブ
2015年3月14日(土)放送「渡辺篤史の建もの探訪」での一幕。撮影日は前日に雪が降り晴れてはいましたが寒い日でした。そんな日でもこのストーブ一台で暮らしています。

吹抜をつくっても同じ効果は得られたと思いますが、床(通路)として使いながらかつ換気や採光の役に立つというのは、インナーバルコニー/すのこ状の床にしたことで機能的に役に立った部分です。

リビングからキッチン方向を見る

出来上がった写真をみると意匠的な部分の印象が強いですが、実は隣地の条件からの要求を満たすことで出てきたプラン/間取りになっています。
この家にも建主さんの希望があってこそ決まった部分もたくさんありますが、実はプラン/間取りを決める条件として敷地とその周囲の環境がどの様になっているのかが大きく作用した物件になっています。

そういった目で見ていただけると、ちょっと印象が変わるかもしれません。

TV朝日 「渡辺篤史の建もの探訪」 - 快適!土間とスノコ床の家 -
http://www.tv-asahi.co.jp/tatemono/backnumber/#!/2015/10

(有)菰田建築設計事務所
HP: http://www.archi-komo.co.jp


家具や家電の搬入について@小林武

2018年夏。今年の夏は暑いですね。

さて、今回のバトログは家具や家電の搬入について書きたいと思います。夢のマイホームを頑張って建てた後に必ず、家具や家電の搬入があります。最近はデザインやプライバシー的に道路に面して大きな窓を設ける事が少なくなりましたが、家具や家電は大きな製品を希望されるケースが多くあります。搬入の事を考えて設計をしていないと折角の家が台無しです。

写真は3階にLDKを設けている住宅の冷蔵庫搬入ルートの確認です。巾880㎜の冷蔵庫ですので、設計段階から搬入ルートを考えてありますが、出来上がった後も確実に搬入出来るか原始的にダンボール型紙で確認致しました。家電屋さんはメジャーだけで計測してちょっと寸法が厳しいと搬入出来ないと言うケースが多くあります。そうならない様に事前に、このような型紙を作成して確認していただきます。

我々は図面上で設計段階から検証でき、施工会社などは図面が読めるので理解して戴けるのですが、家具や家電の運送屋さんは、なかなか図面で伝わらない事があります。

家電などが入るのは当たり前の事ですが、意外と希望の製品が搬入出来ず後悔する事もありますので、家づくりで是非、確認しておきたい事ですね。

KOB建築設計事務所   小林 武


注文住宅の和室や畳の空間の作りかた@幸田真一

家の中に和室、畳敷の空間があると、い草の匂いに安らいだり、寝っ転がったりとの日常使いから、来客時に客間として利用したりといろいろ便利です。

また、小さなお子さんがいるご家庭などはLDKから目の届く位置に畳のスペースが欲しいという要望を多くお聞きします。おむつ替えや遊び場として利用されます。

一方で、モダンでシンプルなLDKの空間を望んでいるのに、インテリアがミスマッチになったりはしないかと心配される声もあるのも事実です。

そんな不安は心配ご無用。今日は縁無し畳やカラー畳といった建材も多くあるので、空間とコーディネイトされた畳の空間が自由に設計可能です。

では、弊社のいくつかの事例をあげてみましょう。

「和ダイニング」

してしっかり食事をとるスペースとしてキッチンの前に設けた空間。円窓や庭先の竹垣や紅葉の木などで料亭感も演出しています。

「ゴロンスペース」

キッチン横にちょっと横になりたい時に便利な3畳ほどのスペースです。日常のダイニングテーブルでの食事だけでなく、こちらに座卓を備えて雰囲気を変えてちょっと日本酒でもなんて使い方もありかと思います。

 

「客間」

押入れも建具も備えたゲスト用の客間仕様のスペースです。和室を見ると落ち着くという建主さんのご要望でLDKからはその設えがビシッと決まるようにプランニングしています。

「寝室空間」

限られた床面積の場合は、布団を想定した寝室を作るのは効率的な考え方です。LDKと連続する和室はモダンに仕上げ、布団収納をしっかり設けることでもう一部屋として有効に使えます。

以上、和室・畳と言えどもいろいろな使い方や解釈があります。くつろぎのスペースになることは間違い無いので積極的に取り込んでも面白いかもしれませんね。

 

【HP】幸田真一建築設計事務所

【ブログ】建築家幸田真一の家づくり日記

【facebook】幸田真一建築設計事務所

 

幸田真一  今までの「ばとろぐ記事」

「間取りプラン」関連解説記事

 

 

建築家31会では、お客様の家づくりのお手伝いをさせていただいています。 設計事務所というと、

  • ・どこにいるかわからない
  • ・誰を選んで良いかわからない
  • ・とんでもないことをされてしまうのではと心配

私達「建築家31会」の特徴は、31人(組) の 経験実績、得意分野、地域が異なる建築家が集まっているので

  • ・お客様自身が建築家を選べられる
  • ・お客様に相応しい建築家を推薦出来る

と、安心して建築家を選んで頂けるようになっています。 どうぞ 下の相談フォームへのボタンから、お客様のご相談を建築家31会にお送り下さい。ご希望の家づくりをお手伝いさせていただきます。

 

カテゴリー: 建築家ブログ”ばとろぐ”注文住宅間取りプラン タグ:  パーマリンク 編集

2018年5月に、建築家31会 展示・トークショー・相談会 vol.28 @横浜赤レンガ倉庫を開催します。

建築家31会 展示・トークショー・相談会 vol.28 @横浜赤レンガ倉庫 日時:2018年5月11日(金)~5月13日(日) 会場:横浜赤レンガ倉庫1号館 2階 スペースA/B(入場無料)  ◆Map・アクセス方法>> 主催:建築家31会協同組合

建築家31会 vol.28 家づくりトークショーマラソン@横浜赤レンガ倉庫

5月11日(金)

17:00〜 北島俊嗣 「賃貸物件」(アパート賃貸物件を木造3階建か鉄筋コンクリート4階建かの見極め方法) アパート賃貸物件の建物を、木造3階建てもしくは2階建てか、鉄筋コンクリート造4階建てにするかの見極め方法と題して、アパート賃貸物件について建築家本人が設計した具体例を示しながら、お話しします。

5月12日(土)

10:30〜 石井正博+近藤民子× チャネルオリジナル 「防火木材」(準防火地域でも住宅建物の外壁軒天井に貼れる防火木材の家) 住宅のイメージを左右して、工事費にも大きく影響する外壁材。知っておくと便利な外壁材の種類と選定方法。さらに木材(防火木材)を使った外壁の可能性についてお話しします。11:30〜 泉谷吉信 × ディーエルディー 「薪ストーブ」12:30〜 幸田真一 × イゼナ 「水蓄熱」(冬暖かく夏涼しい住まいの冷暖房設備を住宅内部に水蓄熱する)冬暖かく、夏快適な住まいをつくるためにぜひ知っておきたい「蓄熱」という考え方を紹介します。住宅内に快適温度を蓄えるという新しい発想に適した材料が「水」でした。この機会に「水蓄熱」という手法を私たちと一緒に考えてみませんか。13:30〜 松永基 × ノックオンウッド 「クラシック家具」14:30〜 前田敦 × エイチジーサービス 「地盤改良」(地盤調査や検査の正しい見方と地盤改良工法) 全ての建築物は地盤の上に建っています。特殊な場所では崖の上であったり下であったり、建物を考える前に地盤の正確な情報がなければ計画をすることはできません。今回は、正しい地盤の測量、検査方法、地盤改良の種類などのご紹介をいたします。15:30〜 小林武 × 神谷コーポレーション 「木製建具」(セミオーダーの内装インテリア木製建具ウッドドア) 床から天井まで高さのある室内ドア。シンプルな見えない枠。洗練されたドアデザイン。安心安全なWソフトクローズ。しかも、反りに強い!そのような魅力的な特徴をもつ木製建具「神谷コーポレーションのフルハイトドア」を建築家が実際、採用して出来た住宅を紹介致します。16:30〜 滝川淳 × ザ・シーズン 「外構」(くつろぎの空間に外構庭ガーデンの景色を取り込む) 狭さを生かした外構でこんな場所がくつろぎの空間にした実例、ストーリーのある庭づくりで住まいの魅力アップの実例をお話しします。

5月13日(日)

10:30〜 田邉恵一 × マードレ 「オーダーキッチン」(住まいのライフスタイルを反映するオーダーキッチン) 今やキッチンは、住まいの主役・家族の中心・インテリアのアイテムにもなりました。そしてキッチンのあるべき姿も千差万別です。I型キッチン・対面式キッチン・アイランドキッチン、などなど。このような自由な思考に対応する為、キッチンメーカーも様々な工夫をしていますが制約もあり、やはり多くの希望を具現化するのがオーダーキッチンです。いくつかの事例からいろいろな「こだわり」をお話しします。11:30〜 筒井紀博 × 東京ガス 「エネファーム」12:30〜 七島幸之+佐野友美 × IOC 「フローリング」(注文住宅のインテリア床材で天然木無垢フローリング床暖房の選び方) 家の内装材として誰にとっても馴染みのあるフローリング。この機会に、改めて再確認してみませんか。天然木のフローリングを中心に、色調・質感とインテリアコーディネートの関係や気になる床暖房との関係などを、建築家とフローリングメーカーそれぞれの立場から実例を用いてご紹介します。13:30〜 建築家メンバー 「アイデア住宅」14:30〜 南部健太郎 × ヤマシタプランニングオフィス 「オーダーキッチン」(好きになるオーダーキッチンテーブルを使い易くする) 家づくりを考えるとき、家での生活を想像してみましょう!きっと、そこには素敵な家具の存在があるはずです。今の世の中、家で高額な家具を購入して生活する人は減ってきているかも知れません。特にオーダーキッチンなんて贅沢なのかも知れません。それでもやはり、生活や家族は、1つとして同じなことはありませんから、ぜひ、小さなものからでもキッチンをオーダーしてみてもらいたいと思います。15:30〜 古川達也 × 大和重工 「ホーロー浴槽」(マンションのユニットバスをホーロー浴槽に変えた開放的な水廻りリフォーム) 静かな高台にあり、眺望に恵まれたマンションリフォーム。リビングの窓からは、程よい緑景と横浜らしい景色が存分に楽しめる住環境です。駅前の利便や昇り降りの少ない平地に移り住む選択肢もあったが、かけがえのない住まいとして、どうしても手放せない。しかし一方で施主ご主人は、風呂・洗面・トイレ水廻りに永年残念な感覚を抱えておられました。16:30〜 余田正徳 × NE-1 「ファブリック家具」(ファブリック布地家具で上質でラグジュアリー高級な住まい) ソファやベッドのヘッドボードなど、ファブリック(布地)を使った家具を造作することで、住人のライフスタイルやインテリアの好みに沿った、上質でラグジュアリーな空間にしつらえることができます。どちらも後で買いそろえることも出来ますが、デザインやファブリックにとことんこだわって創ったオリジナル家具は、心を豊かにし生活に潤いを与えます。具体的な事例を製作過程などと併せてお伝えします。お問い合わせ先:info@kenchikuka31.net 建築家31会事務局 東京都港区南青山2-2-15 WinAoyamaビル–UCF917 Tel : 03-6869-1961建築家31会では、お客様の家づくりのお手伝いをさせていただいています。 設計事務所というと、

  • ・どこにいるかわからない
  • ・誰を選んで良いかわからない
  • ・とんでもないことをされてしまうのではと心配

私達「建築家31会」の特徴は、31人(組) の 経験実績、得意分野、地域が異なる建築家が集まっているので

  • ・お客様自身が建築家を選べられる
  • ・お客様に相応しい建築家を推薦出来る

と、安心して建築家を選んで頂けるようになっています。 どうぞ 下の相談フォームへのボタンから、お客様のご相談を建築家31会にお送り下さい。ご希望の家づくりをお手伝いさせていただきます。

 

 


「玄関土間のある家」の家づくりにおける主婦・母親目線の家事動線やアイデア@幸田真一

家づくりの時のオーダーとして最も尊重しなければならないのが、家に多くの時間居ることになる主婦、母親のご意見。耳を傾けると出てくる出てくる、毎日ルーティーン化している家事を無駄なく効率的にさばくための家事動線や、ちょっとのスペースも無駄にしないちょっとしたアイデアたち。

設計の中で会話をしていると、色々な考え方や個性があってとても興味深いです。今回の事例は、小さなお子さんが3人いらっしゃる「玄関土間のある家」。いつも子供中心に考えていらっしゃる笑顔いっぱいのとても優しい奥様との設計やり取りの中から生まれた実例をご紹介します。

(アイデア1)子供達が元気に帰ってきてキッチンのお母さんにただいまーと言えるような玄関土間。お父さん含めてこっそり家に帰ってくることなど到底不可能。家族の顔が見えるプランニングです。ただ、玄関から室内が丸見えにならないように配慮しています。

(アイデア2)土間との床の段差も見逃さない、靴入れ。普段履く靴はいちいちしまうのは面倒なのでここに収納。扉をつけることで急な来客時も整理できます。

(アイデア3)キッチン前のスタディコーナー。宿題が終わらないと遊びに行けません。キッチン作業をしながら宿題を見たり、おやつや朝食などを対面で簡易に食べたり出来ます

(アイデア4)スキップフロア家族の本などを収納するライブラリーコーナーをリビングに設置。幼い時は一人1列の3人分のおもちゃ置場になります。

(アイデア5)比較的大きなキッチンが入っていますが、コンロの横に絶対に臨時作業スペースをつけたいとのことで設けた折りたたみカウンター。個性的なご要望もオーダー住宅ならでは叶います。

(アイデア6)階段上の無駄なスペースも見逃しません。折りたたみカウンターを設けて洗濯を畳むコーナーになりました。

以上、注文住宅だからこそのこだわりの事例でした。

 

【HP】幸田真一建築設計事務所

【ブログ】建築家幸田真一の家づくり日記

【facebook】幸田真一建築設計事務所

 

幸田真一  今までの「ばとろぐ記事」

「間取りプラン」関連解説記事

 

 

建築家31会では、お客様の家づくりのお手伝いをさせていただいています。 設計事務所というと、

  • ・どこにいるかわからない
  • ・誰を選んで良いかわからない
  • ・とんでもないことをされてしまうのではと心配

私達「建築家31会」の特徴は、31人(組) の 経験実績、得意分野、地域が異なる建築家が集まっているので

  • ・お客様自身が建築家を選べられる
  • ・お客様に相応しい建築家を推薦出来る

と、安心して建築家を選んで頂けるようになっています。 どうぞ 下の相談フォームへのボタンから、お客様のご相談を建築家31会にお送り下さい。ご希望の家づくりをお手伝いさせていただきます。