ばとろぐ

建築家

建築家ブログ

大好きな家で暮らす 阿川宮鳥

前回は、ヒルナンデスのオンエア映像を通して我が家を紹介させて頂きました。
人それぞれ好き嫌いはあると思いますが、私にとっては愛おしく大好きな我が家です。

大好きな家、そう感じる家で暮らせたら、その人の人生がより輝いていく、その様に思いながらこの仕事をしています。

あなたはどのような家が好きですか?
自分らしく暮らせる家とはどのようなものですか?
信頼できる建築家と出会い、想いをぶつけ、素敵な家を手に入れる。
まずはその1歩を踏み出してみて欲しいのです。

昨年、素敵な出会いがありました。
6月に竣工し、まだHPに公開していない「ハヤ邸」を紹介したいと思います。

北側に玉川上水を望む魅力的な土地と出会い、その興奮と共に私に相談を頂きました。
コストやスケジュールは難しい条件でしたが、価値観や考え方に共感し、一緒に家づくりをスタートしました。
「北側の景色を眺めながら、南の光を背に浴びて暮らす」をテーマに、お施主さまと打合せを重ね、本当に大切な物に焦点を絞り、シンプルに計画をまとめました。
四季折々の景色を背景に、穏やかな暮らしが想像できる、そんな家に仕上がりました。ハヤ邸v2015ハヤ邸2v2015

hayaH2hayaH21

hayaH3hayaH13

撮影:繁田 諭

阿川宮鳥
コエタロデザインオフィス

「間取りプラン」関連解説記事

阿川宮鳥 ばとろぐ記事


自邸をTV番組で紹介していただきました。 阿川宮鳥

今日から「ばとろぐ」を担当させていただきます、KOETALO design office 阿川と申します。

よろしくお願いします。

半年程前に念願の自邸が完成し、先日、日本テレビ「ヒルナンデス」で取り上げて頂きました。

バラエィ番組ですので、とても面白く収録され、木を知り尽くした達人などと紹介されております(笑)

丁寧に取材を重ねて頂き、我が家の楽しさが上手く表現されている様に思います。よかったらご覧ください。

https://www.youtube.com/watch?v=_J0OhpnaVG4

阿川宮鳥
コエタロデザインオフィス

「注文住宅」関連解説記事

阿川宮鳥 ばとろぐ記事


高級賃貸住宅PLUS自由が丘完成竣工写真

足掛け2年半に渡って携わらせて頂いたPLUS自由が丘計画も、何とか無事に

竣工を迎える事ができました。本当に良い出会いをたくさん頂けた事を心より感謝致します。ここに竣工写真の一部を上げさせて頂きます。

3D160531_1

3D160531_2

3D160531_3

3D160531_4

3D160531_5

3D160531_6

 

石川利治
3*D空間創考舎一級建築士事務所

「賃貸アパートマンション」関連解説記事

石川利治  ばとろぐ記事


賃貸住宅の内装工事仕上造作家具取付けと消防建築完成検査

工事が終盤に近づき、工期の終わりが見えて来たため、現場は一気に人手を掛けてまとめに入っていきます。

3D160420_1

先日、色合わせをおこなったタイルと目地で共用部の床が仕上がってゆきます。

3D160420_2

各所の家具関係も据え付けが進み、いよいよ仕上がりが見えて来ました。

3D160420_3

3D160420_4

竣工渡し前の検査も順次進み、大きな指摘事項もなく無事に検査済証を頂く事が出来ました。

3D160420_5

あとは、粛々と引渡に向けた準備を進めてゆきます。

 

石川利治
3*D空間創考舎一級建築士事務所

「造作」関連解説記事

「法律規制」関連解説記事

「賃貸アパートマンション」関連解説記事

「間取りプラン」関連解説記事

石川利治  ばとろぐ記事


賃貸住宅の特別内装工事仕上げ耐熱強化ガラスコンクリート打放し補修暖炉

外装が概ね完了し、内装工事へと移行して来ました。軽鉄下地にボードが貼られてゆき、いよいよ部屋内部のボリュームが明確に掴める様になってきます。

3D160226_1

コンクリート躯体では広々としていた空間が小割りになってゆき、リビングなどの大きな空間と水廻りなどの小さなスケールを持った空間のメリハリが感じられるようになって来ました。図面や模型、CGなどであらかじめ想像をしながら設計はするのですが、いざその空間に立ち、身体で感じる事によって初めて判る事は多々あります。その予測のつかない様々な事が、設計の楽しさでもあります。

3D160226_2

今回は、お施主様のご意向で、各住戸にガス暖炉を設けております。窓際に設置されたガス暖炉と飾り棚の仕上も進んで来ました。

3D160226_3

両サイドのガラスは前面道路からの延焼を受ける範囲に掛かっているため、防火上の対応が必要になります。室内からの視界を若干妨げる網入りガラスではなく、耐熱強化ガラスを採用しています。サッシの中に隠れてしまう、ガラスエッジ部分の金属カバーが確認できます。

3D160226_4

共用部周りの仕上も順次選定を進めてゆきます。床タイルの候補品とそれに取合う目地の色味を確認しています。床タイルに取合う壁は、杉板本実型枠によるコンクリート打放しです。木目が奇麗に転写されていますが、さらに職人さんが極細の筆で木目を描き足しながら補修を掛けてゆきます。

3D160226_5

 

石川利治
3*D空間創考舎一級建築士事務所

「間取りプラン」関連解説記事

「賃貸アパートマンション」関連解説記事

石川利治  ばとろぐ記事