ばとろぐ

建築家

建築家ブログ

遮音について3@菰田真志+菰田晶

今週のバトログを書かせていただきます菰田建築設計事務所の菰田真志です。

遮音に関して少し書かせていただいています。
本日が最終日になります。

住まいの遮音を考えるときの 中から中への音 ということを考えます。

建物内の音に関しては、上下階の音の伝わり、横への音の伝わりがあります。

上下階の音の伝わりに関しては、まずプラン上ある程度考えておくことで軽減できます。
寝室の上に来る部屋はそれほど大きな音のしない部屋にしたり、トイレの配管が天井裏に来ない様にしたりといった配慮をすることは効果が大きいです。(トイレ配管も最近は音を小さくする効果のある商品も出ていますのでそれを採用することも多くなっています。)
特に二世帯住宅で上の階に小さな子供がいるときなどには、上下の音の伝達をきにする必要がでてきます。プランの段階で無理なく出来ることは対策しておきましょう。

その上でどうしても上の部屋の音が気になる場合には、下の部屋の天井を吊る野縁を直に二階の床から釣らず、ゴムを使った防振吊木のような商品を使うことも出来ます。これは、二階の床の振動を直接1階の天井に伝えないことで、足音などの伝達を減少させる効果があります。
床材などの下に敷く遮音シートなどを使うこともあります。

次は部屋同士の横への音の伝わりに関してです。

通常の部屋同士の間仕切壁はそれほど防音に気をつけていないことが多いですが、必要のある場合には、やはり前回書いたように「重さ」「共振」等にきをつけてかべを作ることでかなり違ってきます。

たとえば寝室を簡易な防音室にしてオーディオルーム等にする場合などは、隣の部屋との間の壁などはボード二重貼にして壁の内部にセルロースファイバーを充填すると効果が高いです。セルロースファイバーは価格が高いということであればグラスウール等の断熱材を充填して空気の振動が伝わりにくくすることで、音の減衰の出来てボードの共振も抑えることができます。床下や天井うらにも断熱材を貼って反響をおさえましょう。扉もできれば四周を二重戸当りにしたり、内部にグラスウール等を充填したり、ピンチブロック等で気密するなど対策ができると効果が高くなります。

更に本格的なオーディオルーム・ピアノ室など、大きな音が出る、時間を問わず大きな音で楽しみたい、周囲の音をシャットアウトしたい場合には性能の高い防音壁で囲われた部屋を入れ子状にして縁を切り、接する部分はゴム等でお互いの振動が伝わらないようにすることで大きな効果を得ることができます。ただし、壁厚が非常に厚くなり出来上がりの部屋よりもずっと大きなスペースを必要とするため、初めからしっかりと計画しておく必要があります。また、工事が複雑になるため費用もかかってきます。そのかわり単に壁の仕様を上げた場合よりも断然効果が高くなります。こだわったピアノ練習室、レコーディングスタジオ、音楽ホールなどはこういった念入りな防音をした上で内部の音響設計をしています。

駆け足でしたが、遮音方法の概略を書いてみました。
設計段階でしっかりと計画することは当然ですが、遮音に関しては施工精度やディテールで仕上り性能が違ってきますので、施工の管理、設計監理ともに非常に重要です。

自分が求めている性能がどのくらいのもので、効率よく実現するのにはどうすればいいのかを相談したいときには、是非、設計事務所に設計監理をご相談してみてください。

菰田真志+菰田晶
有)菰田建築設計事務所

菰田真志+菰田晶  ばとろぐ記事


遮音について2@菰田真志+菰田晶

今週のバトログを書かせていただいております、菰田建築設計事務所の菰田真志です。
前回から遮音に関して書かせていただいています。

住まいの遮音を考えるときの 外から中(中から外)への音 ということを考えます。

外から中への音というと、交通騒音や周辺の建物からくる音などを想像します。この場合にはどこで音を遮るかというと、まず建物自体の外壁などが考えられます。

建物自体で遮音する場合に、構造的に有利なのは何と言ってもRC(鉄筋コンクリート)造です。
建物をつくるときに使われる代表的な構造として鉄筋コンクリート造・鉄骨造・木造がありますが、この中で遮音を考えるときに最も有利なのは鉄筋コンクリート造(特に壁構造)です。
建物自体が非常に重いうえに非常に固い(振動しにくい)からです。
遮音の基本事項 固体の振動を抑える→材料の重さ という部分で非常に有利です。

また、地上よりも土で囲われた地下室のほうが遮音するのには有利です。
無限に続く土が音を遮ってくれます。
ピアノ室や本格的なオーディオルームなどを計画するときには、遮音のことをメインに考えるのであれば、可能であれば地上よりも地下室で計画することで大きな効果を得られます。

木造であっても遮音は可能です。
家の直近に幹線道路や軌道が通っているときには、家の外壁面になる壁に対して対策をしましょう。
例えば必ず入れる断熱材をセルロースファイバー等の充填断熱にすることは大きな効果があります。加えて内部の壁下地のプラスターボードを厚い物の二重貼にすることも効果があります。
外壁面に使う材料を、重い物で構成し振動を抑えることで、中へ伝わる音を少なくすることが出来ます。

もう一つ忘れてはならないのが、外壁の開口部・窓です。窓は気密がしっかりしていないと音の出入りが大きくなります。気密のしっかりした窓を設置し、可能なら二重窓にするか、ガラスを重いものにすることも重要です。
ペアガラスの場合には内外のガラスを重いものかつ厚みの違うものにしましょう。内外同じ厚みのペアガラスは間の空気を通じて共振して音が伝わりやすくなります。

厳密に言うと外壁にあいている換気扇や吸気口なども音の侵入口になります。そこまでなかなか対処することは難しいのですが、対処方法もありますので必要なときにはやったほうがより効果的です。

簡単にまとめます
・重い物で外壁をつくる
・窓の遮音性能をあげる。
・外壁にある開口部は極力塞ぐ(気密を高める)

非常に簡単なまとめですが、実は技術的には細かい配慮が必要です。
同じ納まりでも、施工精度によって結果が違ってくる事がありますので、
そこは安心できるプロにおまかせしてください。

菰田真志+菰田晶
有)菰田建築設計事務所

菰田真志+菰田晶  ばとろぐ記事


遮音について@菰田真志+菰田晶

今週のバトログを書かせていただきます菰田建築設計事務所の菰田真志です。

今回は住居における 遮音 に関してすこし書かせていただきます。

戸建ての住宅での設計では集合住宅ほど音にデリケートになることは少ないのですが、住む人の感覚によって感じ方が違いますので、そこははじめにしっかりと確認をして、設計に落とし込んでゆかなければいけません。
音に関しては後々になって対応するのは非常に難しいことですので注意が必要です。

プラン的なもので解決できることもたくさんありますが、今回は特に遮音方法の技術的なことを主に書くことにします。

遮音といっても住まいの音は色々あります。
・外から中(中から外)へ伝わるの音
・中から中へ伝わる音
大きく分けると2種類あると思います。

それぞれ特徴があり対処法も違ってきますが、大前提として音を遮るための方法は意外と単純です。

基本事項 : 音は空気・固体の振動で伝わる
1) 固体の振動を抑える→材料の重さ
2) 空気の振動が伝わらないように気密する。
3) 共振・反響しないようにする。
4) 揺れるものからは縁を切る
基本はこの条件の組み合わせです。

それぞれに次回以降、簡単な例を出して説明をしてみたいと思います。

菰田真志+菰田晶
有)菰田建築設計事務所

菰田真志+菰田晶  ばとろぐ記事


『 完成!ドリームハウス 』で放送された『美術館の様な家』の住まいづくり成功の秘訣

12月30日 に『 完成!ドリームハウス 』にて紹介された住宅(小島邸)でのコンセプトづくりのお話をさせて頂きます。

見ていない方はNetにアップされておりますのでご参照下さい

http://search.pandora.tv/?&query=%E3%83%89%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%A0%E3%83%8F%E3%82%A6%E3%82%B9
(リンク先がいくつかリスト化されていますので12月30日分をご覧ください)

小島邸では眺望や環境を楽しみ、頻繁に多くの友人が訪れ食事をともにするという生活をされ、ご本人からは『美術館の様な家』というご希望を頂きました。

住宅では食事をする 寝る くつろぐ といった生活の行為によって空間を種別し、ダイニングルーム・ベットルーム・リビングルーム といった空間の割り振りをするケースが多いのですが、日常の生活感から脱却すべき小島邸では

『 View 』と 『 お酒 』 という2つに象徴的な要素をそれぞれを生活の中で違った楽しみ方ができる場を連ねて、それに屋根がかかっている という捉え方をしました。

添付は打ち合わせ時に用意した『 Viewを楽しむ 』と『 お酒を楽しむ 』というコンセプトシートです

小林真人
株)小林真人建築アトリエ

「建築家の役割」関連解説記事

「計画方針」関連解説記事

小林真人  ばとろぐ記事


家族の価値観に住まいの提案をする建築家の家づくり成功の秘訣

『 住宅のコンセプト・一押しのポイント 』を考える様にしましょう

誂えもの・一点ものの住宅を設計し建てる訳ですからそのご家族なりの価値観を突き詰めす事が大切です。

コンセプトづくりを通じてそのご家族ならではの価値観を考え、整理する事が可能ですし一押しのポイントはその中での序列の整理によって浮かんで来ます。

漫然と考えるのではなく、そういう目線で整理する事そのものが大切で、住まいづくりの成功の秘訣といえるのです

私達、建築家はその整理のお手伝いをしています。

従って提案の前に、現地(敷地)を拝見し、ご家族とじっくりお話をさせて頂きます。

どんな家に住みたい?どんな生活をしたい?どういう事が好き?等々、直接的な住まいの事には限らず、色々なテーマで雑談させて頂き、その中からご家族それぞれの思い・価値観・家族観などを理解する様に務めます。

その上で、私としてはこんな空間でこういう生活ができると良いのではないでしょうか?
という提案をします。

その家の『コンセプト』とそれに基づく『設計提案』です。

次回はその実例のご紹介をします

小林真人
株)小林真人建築アトリエ

「建築家の役割」関連解説記事

小林真人  ばとろぐ記事