ばとろぐ

建築家

建築家ブログ

建築家と旅1@松永 基

中国 福州市視察

 

歴史と伝統、そして未来

 

2017年11月、中国福州市に建築士会連合会の国際会議で訪れた。福州市は台湾海峡を挟んで大陸の玄関口だ。僕は帰途、台北に私用があったので台湾にも寄りたかった、ところが、中国と台湾の関係は民間では交流が盛んだが、まだまだ微妙である。福州―台北は日に一便フェリーがあるのだが、あまり一般的ではないようだ。今回はまずはずっと南の香港トランジットで、東京―香港―福州―香港―台北―東京と目的は福州市と台北、その距離200kmなのに、「ずいぶん南に行かないとならないのだなぁ・・」と思った。

 

福州に着くと、中心地の南の烏龍江という河の中州、ガラスカーテンウォールのモダンなホテルに逗留した。僕は出張先では毎朝ジョギングをする、翌朝このあたりを走ってみた。ところがこの中州は3kmくらいあるのだが、ほとんどが工事中で何もない。売店の一つもない、横浜のみなとみらいや幕張の開発途中はこんなだったのかな?と思いながら、翌朝も10㎞程度走ってみたが、人の気配は感じなかった。

最終日、市の中心街に行く機会を得た。市の中心街は活気があり、人も自転車も多くこれぞ中国といった雰囲気。三坊七巷という町の中心街にある一角は圧巻だった。

三坊七巷は七世紀唐の時代より発展した。中央のメインストリートに対して、左右に路地があり、その路地が坊と巷なのだ。路地から路地に木造、煉瓦造の建物が並び、明、清、民国時代の建物が作る街並みはまさに建物歴史博物館といった風情だ。福州市もこのエリアの観光に力を入れており2006年から、歴史文化地区としての保護修復プロジェクトがはじまり、古い建物や道路の修復が行われてきたそうだ。路地を電気自動車が通り、制服を着た美人のガイドさんが何人も行きかっている。

木造の家屋も保存状態、修復状態も良く、なんと200件以上も現存しているそうだ。

このエリアの住宅は裕福な商人か役人(官僚)が多かったらしく、門こそは狭いが奥に奥に長く、中庭で多くの棟が繋がっている。塀の中にこんなにも豊かな空間があるのに驚かされる。その多くは木造だ。太い柱、梁に木造の屋根を掛け、木造の回廊がある。

隣家との境、街区との境は煉瓦造の壁、これは火事の時の防火壁の役割があるのだろう。

多くの家は塀からの門を入るとホールのようなスペースがありそこに梁(丸太)が架かっている。その梁の位置で主の不在、出張などで変わるそうだ。ホールからは中庭になっていて、各家族の家が暮らしている。回廊には肘掛椅子が配置されている。無垢の木材で優雅な曲線が美しい。建具にも組子彫刻が施されている。これらの保存状態が非常に良いのには驚かされた。このような家が200件以上あると言う。日本は木造建築の国と思っていたが中国の奥深さを改めて感じた。

もう一つ嵩口(ソンコウ)と言う小さな山間の町を訪ねた。福州市の中心地より南西60㎞に位置し2本の川の合流点にあり、山と街の接点として古くから交通の拠点となり栄えた町だ、しかし、現在では人口も減少方向で復興途中にある。この町の面白いところは南宋王朝(12~13世紀)から変わらない街並みである。特に家族が集まって住む中国独自のスタイルの民家が多く残っている。城壁に囲まれた民家には8から10世帯が暮らしを共にしている。福建省の円形住宅 世界遺産の「福建の土楼」も同じ構成で、是非見たかったのだか、山奥で500km以上南西に進まないと到達できなかったので今回は諦めた。嵩口の建築の多くは木造でできていて、その境に煉瓦造の壁(防火壁)があり、その壁は平瓦で覆われ独自の雰囲気を作っている。この町も観光資源として開発できないか?現在その道筋を探っている。

嵩口の街並み

 

話を福州の中心に戻そう。福州市の港、空港のある沿岸地域から市の中心まで河沿いに80㎞位ある。東京から小田原位の距離だ。その80㎞、川沿いに遊歩道を作ろうとしている。前に述べた中州から中心地までの20㎞が完成していた。その遊歩道の長さも長いのだが、整備も行き届いている、緑が植えられ、公園や休憩場も作られ綺麗に清掃されている。

福州市は中国の経済開発区に指定され、都市計画が進んでいる。港からの道路などの整備、高速道路による移動、日常の自転車や歩行者までの移動を考えて都市計画をしているのだろう、さすが万里の長城を建設した国だ。80kmや100㎞の遊歩道などの建設はあり前なのだろう。

今現在も大きく発展していく中国。その一つの地方都市の福州市。市のインフォメーションセンターで福州市の今後の在り方の模型と映像を見た。そこには東シナ海のハブとなって無限に発展する姿が描かれていた。

ある若者に訪ねてみた。

「君は福州市の未来はこのような姿になると信じているの?」

若者は答えた。

「もちろん、福州市は世界の街にもひけをとらない街になる。」

素敵な答えだ。今、どれだけの日本の若者が胸を張って自分の住んでいる街の夢の発展を信じているだろうか?

僕は若者の若さを羨ましく思った。

 

福州市の街並みと遊歩道

 


スロープの家(愛犬・愛猫家住宅)はコミニュケーションの場所づくり@前田敦

スロープの家の特徴である傾斜部分にはいろんな工夫があります。

写真のスロープとスロープ手摺壁は愛犬と愛猫の動線を立体分離するための装置です。
愛猫はその長い傾斜手摺壁の特定の場所がお気に入りの場所があるようです。
その場所が何処かと言いますと

ちょうど飼い主さんとの目線を合わせることができる場所なのです。

つまり、コミニケーションの基本である目線を合わせるポイントは、私が愛犬・愛猫と快適に暮らす家の設計において最も力点を置いているところです。

巷に愛犬・愛猫と暮らす家についての書籍が多数ありますが、ほとんどがこのコミュニケーションを取りやすい場所について言及していません。
しかし、人と人、人と愛犬・愛猫が快適に暮らす中で最も大切なことは、このコミュニケーションの場所づくりなのです。

 

斜路に対して、水平に横長の窓を配置すると、個体差のある体長に合わせて目線をアジャストすることのできる窓になります。
外を見ることが愛猫にとってとても重要な行為なので、大切な思いやりデザインです。

 

WEB紹介記事
・スロープの家・卍/Houzzツアー
・スロープの家・卍/fomifyドイツ
・スロープの家・SPAIRAL COURT/RENONAVI
・スロープの家・SPAIRAL COURT/fomify日本
・愛犬・愛猫と暮らす家/建築家紹介センター

BLOG:愛犬・愛猫と快適に暮らす/建築家:前田敦


スロープの家(愛犬家住宅)は健康増進住宅@前田敦

スロープの家に設けているスロープの勾配は1/8
電動車椅子も掃除機ロボットも昇降可能な勾配です。

このスロープの家に引っ越された施主様の共通のコメントは

「引越し後一週間ほど脛と脹脛が筋肉痛になります。」とのこと・・・

平坦な移動が多い日常生活では、脛と脹脛があまり使われていなかったことを意味します。

また、高齢になった際にわずかな段差に足をひかけて転倒しやすくなるのは、脛と脹脛の筋肉の弱ってしまい、つま先が上がらない摺足歩行になってしまうからと言われています。

このスロープを日常的に昇降していると、第二の心臓と言われる脛と脹脛の筋肉が自然と鍛えられるということになりますので、とても健康を維持するために役に立つと考えています。

 

さらに、犬を飼うと幸せホルモンである「セロトニン」が人にも犬にも分泌されることが学術的に報告されています。そして、健康寿命が伸びているというデータもあります。

これらのことから判断して、スロープの家(愛犬家住宅)に住むと、人にも犬にも健康増進にも効果があるといえると考えています。

愛犬家住宅にも最適なスロープの家はスロープの勾配を調整すれば、車椅子生活にも活用できます。

機会があれば、検討してみませんか? スロープの家ならではのいろんなノウハウを提供し、世界に一つのオリジナル住宅を一緒に創出するお手伝いをさせていただきます。

WEB紹介記事
・スロープの家・卍/Houzzツアー
・スロープの家・卍/fomifyドイツ
・スロープの家・SPAIRAL COURT/RENONAVI
・スロープの家・SPAIRAL COURT/fomify日本
・愛犬・愛猫と暮らす家/建築家紹介センター

BLOG:愛犬・愛猫と快適に暮らす/建築家:前田敦

 


スロープの家・愛犬家住宅では床材選びが大切です!@前田敦

スロープの家も本日引渡しするスロープの家・CUBEを含めますと3つの家の設計監理を担当することができました。

1)スロープの家・SPIRAL COURT(小型犬)
2)スロープの家・卍(中型犬・愛猫)
3)スロープの家・CUBE(大型犬)

共通して求められる機能は、「傷がつきにくい」、「粗相しても掃除がしやすい」、「滑りにくい」という床の性能です。

特にスロープは平坦な床に比べ、滑りにくくグリップが効くというよりハイレベルな機能が求められます。

事例1 スロープの家・SPIRAL COURT(小型犬)ではトイプードルが2匹

トイプードルは抜け毛が少ないので、グリップ最優先してカットパイルの製品を選択しています。
ループパイルと言って毛先が輪になっているタイプは爪がひかかりやすいので避けた方がよろしいかと思います。

 

 

事例2 スロープの家・卍(中型犬・愛猫)では運動量の多いボーダーコリー2匹と愛猫
特にグリップと清掃性能を重視して、水に強くタフなカットパイルのカーペットタイルにしています。

 

事例3 スロープの家・CUBE(大型犬)ではラブラドールが3匹
パイルのカーペットタイルや防滑シートなどの1m角程度のサンプルを取り寄せ、実際の生活の中で使い勝手を施主様に確認してもらい、防滑シートを選択しました。

滑りにくくするために手間はかかりますが、進行方向に対して垂直になるように張っています。特にラブラドールは尻尾を振りながら歩行するので、通常のスロープ幅員より300mmほど広くしています。

スロープは距離が長く、単調に見えるために、天井や窓の配置等で変化を与えてあげることも大切です。

3つのスロープの家に共通して、長いスロープはギャラリーとして活用できるようにしています。

 

WEB紹介記事
・スロープの家・卍/Houzzツアー
・スロープの家・卍/fomifyドイツ
・スロープの家・SPAIRAL COURT/RENONAVI
・スロープの家・SPAIRAL COURT/fomify日本
・愛犬・愛猫と暮らす家/建築家紹介センター

BLOG:愛犬・愛猫と快適に暮らす/建築家:前田敦

 


スロープの家「土地探しからのサポート」@前田敦

スロープの家」はその特徴的な空間構成から、一般的な住宅よりも広めの土地が必要になります。

建築基準法では「階段に変わる斜路」の勾配を1/8以下にするように規定されています。つまり、1mの登るために8mの距離を必要とすることになり、一般的な住宅で考えますと約22〜24m程度の水平距離が必要となります。

土地探しの目安としては180m2は欲しいところです。

土地探しの手順としては、犬種や飼育方法をヒアリングして大まかな空間構成を考えます。このプロセスは今まで培ってきたノウハウが活かされるところです。

空間構成とそれをつなぐスロープを主動線とした動線のデザインをコンセプトモデルとして提案し、施主様が納得いただいた上で、それが成立する土地を探すという特異な方法をとります。


施主様が永住する予定の土地を探すので、概ねの希望エリア、交通条件、予算等を打ち合わせをして、提携している大手不動産会社に情報提供を依頼します。

数件の候補地がリストアップされると法規制を満足するラフプランを計画してみて、施主様に土地購入候補として提案します。

都市近郊では土地はとても高価な買い物なので、特に注意の必要なプロセスでもあります。行政との事前相談等を行った上で、その土地のメリット・デメリットを整理し、施主様の土地購入意志を確認します。
その候補地でのデメリット等を勘案しながら、不動産会社に値引交渉を含めて土地購入に向けて諸手続きを進めてもらいます。
建築家ならではの視点で不動産を観るので、家づくりに必要なポテンシャルを持った土地だあるかどうかを客観的に判断できるのです。

不動産会社は土地の売買が仕事ですが、建築家はそこで家を設計し、施主様の生活をサポートするのが仕事ですから、建築家と一緒の土地探しこそが施主様にとって有用なことであるかがご理解いただけたと思います。

スロープの家は土地探しからサポートする手法で3軒ほど実現しましたが、不動産会社と密な連携をとっているので、いずれも1ヶ月半いないで土地探しを完了しています。

土地探しから家づくりをサポートした模型写真の実例がご覧いただけます。
実録!スロープの家・卍(愛犬・愛猫家の家)

WEB紹介記事
・スロープの家・卍/Houzzツアー
・スロープの家・卍/fomifyドイツ
・スロープの家・SPAIRAL COURT/RENONAVI
・スロープの家・SPAIRAL COURT/fomify日本
・愛犬・愛猫と暮らす家/建築家紹介センター

BLOG:愛犬・愛猫と快適に暮らす/建築家:前田敦