ばとろぐ

建築家

建築家ブログ

年の瀬もおしせまり_6 石川利治

今年は明確な仕事納めがないまま、今日に到ってしまいました。あれこれとやるべき事は際限なくあるので、適宜、区切りを付ける事にしました。
毎年、やらなければ・・・と思いつつ先延ばしにしていたカタログ整理を今年は一念発起して行う事にしました。最近は、電子カタログも増えてきたので、ペーパーレスの流れは確実に進んでいるのですが、やはり目的のページに辿り着けるスピード感は、紙ベースのカタログには、まだまだ及ばない様な気がします。特に、ページ数の多い、厚いカタログにその傾向を強く感じます。これは、パラパラとめくっているコンマ何秒かの間に、目的のページを見つける事ができたり、本の厚みの中の2/3くらいの場所に納まっているのかな・・・とかを直感的に掴む事ができたり、この辺りのアナログな感じが、紙ベースのカタログを手放せない要因でしょうか・・・。
とは云うものの、いくらカタログの入れ替えをしても、どうしても全体量は増えていってしまい、その他にも大量にある書類や書籍、さらに場所を取る模型など・・・なかなか捨てられない性格も災いして、どんどんものが溢れてゆくのが悩ましいかぎりです・・・。

3D_121230[1]

石川利治
3*D空間創考舎一級建築士事務所

石川利治  ばとろぐ記事

 


年の瀬もおしせまり_5 石川利治

来年の1月12日から開催予定の、「建築家サロンin自由が丘」のポスター張りを、朝から参加メンバーの皆さんと行って来ました。今回の会場となるギャラリーCASA TANAさんのご好意により、通りに面した植栽帯前の壁を、開催前から使わせて頂ける事になりました。A1の用紙に写真をまとめたものですが、外部使用にも耐えられる優れものです。お借りしている壁を汚す訳にはいかないので、紐と重石となるペットボトルを使い、少し手作り感のある(苦笑)掲示となりました。それでも、13人それぞれの顔写真と作品をまとめたポスターが並ぶ姿は通りに対してのインパクトは結構なもので、道行く方々が、思わず注目してしまう様には、少し手応えを感じました。

3D02_121229[1]

石川利治
3*D空間創考舎一級建築士事務所

石川利治  ばとろぐ記事

 


年の瀬もおしせまり_4 石川利治

年末最後の金曜日という事で,今日が仕事納めと云う方も多かったと思います。弊社も例に漏れず・・と行きたい所だったのですが、今年はどうやら年末ギリギリまで仕事をする事になりそうです・・・(涙)。
とは、云うものの、携わっている諸々の事柄に関しては、それぞれに仕事納めをして参りました。
午前中は、講師を行っている東京テクニカルカレッジさんで、年内最終日の建築工法の講義を行って来ました。生徒さん方には、なかなかハードなカリキュラムが続いた講義でしたので、年末年始は鋭気を養ってもらい、新たな気持ちで新年の再会が出来る事を誓った次第です。
夕方からは、お世話になっている、プランテックさんの忘年会にお誘い頂き、こちらも仕事納めとなりました。この夏から、某製薬会社の各事業の耐震対策工事に参加させて頂いておりますが、その仲間達も一同に会しての打上げでした。毎週、鎌倉と御殿場に日帰りで通った成果も、年末には少しずつ見え始め、来年に向けての展望を見据えつつあります。引き続き,クライアント、施工者と気持ちを合わせて、結果を残して行きたいものです。
・・と、毎日の様に呑んだくれておりますが、最後は一本締めで、見事にしまりました!(笑)。

3D_121228[1]

石川利治
3*D空間創考舎一級建築士事務所

石川利治  ばとろぐ記事

 


年の瀬もおしせまり_3 石川利治

31人展vol.4でお知り合いになったご夫婦と現在進めている案件 [NARIHIRA RECEPTION] の打合せを行って来ました。今日は、設備システムのご提案が主な内容でした。特にシステムの方式に比較検討が必要な、空調、換気、給湯方法に関しては、イニシャルコストにランニングコストを加味した内容でご覧頂きました。初期費用が多少掛かっても、長い目で見て、より快適、便利、経済的といったベストミックスがご提案できたと思います。得に、設備関係は日常の生活に直結するので、お金を掛ける所はしっかりと盛り込む事が、ストレスを感じさせない建築になると思います。また、機器は短期間で進化していますので、将来を見据えた機器選定と共に、更新にも配慮したながら設計を進めたいものです。
着工は来年の夏を予定しております。折りをみて、このサイト上でご報告などもして行きたいと思いますので、今後とも宜しくお願い致します。。

A2_ƒtƒH[ƒ}ƒbƒg(ver.10)

石川利治
3*D空間創考舎一級建築士事務所

石川利治  ばとろぐ記事

 


年の瀬もおしせまり_2 石川利治

現在進行中の案件の打合せで、以前からおつき合いをさせて頂いている構造事務所のNCUさんのオフィスにお邪魔して来ました。一緒に仕事をし始めて、かれこれ10年近くになりますが,「光陰矢の如し」と云うのが正直な印象です。最初の仕事は、お互いに法人化する前で、品川にあるSONY CITYの設計・監理でした。これが、一言で云えば<大変な仕事>でしたが、お互いに後世に残る様な建築を創ると云う高い目標に向かって仕事を共にした事で生まれた信頼関係は、今も続いているのかなぁ・・といった感じでしょうか。とても頼りにしております。
そういった具合に、非常に懇意にさせて頂いている事に甘えて、本日は、1月に開催予定の建築展のポスターをエントランスに貼らせて頂きました。何しろNCUさんは、自由が丘の無印良品の向いの1階という、信じられない様な所にオフィスを構えており(日本一オシャレな構造事務所と勝手に呼んでおりますが・・・笑)、ご近所での建築展の宣伝に一役買って頂きました。

3D01_121226[1]

打合せもそこそこに、流れで忘年会へ(呑んでばかりで、すみません・・・)。
こちらも懇意にさせて頂いているPLANTECさんの面々と合流して、建築話を肴に、大いに盛り上がりました。皆さんの、若くして企業を背負って立つご活躍に、大変刺激を受け、更なる飛躍を心に誓った次第です。

3D02_121226[1]

石川利治
3*D空間創考舎一級建築士事務所

石川利治  ばとろぐ記事