ばとろぐ

建築家

建築家ブログ

31人展でスタートした住宅シリーズ【解放壁の家】

ƒvƒŠƒ“ƒg

港区の木造3階建て住宅。敷地は隣家が接近して建つ密集住宅地。構造壁であり、同時に防火上有効な塀の役割を担った解放壁を隣地境界に沿って計画した。部屋と解放壁の間には屋根が無く外部吹抜けとなっており、建築面積に参入されない。この外部吹抜けを視覚的に内部と一体的に感じられるよう計画した住宅。

 


建築家の日常⑥

新築したお宅の植栽の相談に
お客様と
外苑前にあるFUGAさんのお店でお打ち合わせ、

ark-25[1]

実際に家へ、FUGAの仲村さんに来てもらい
雰囲気や光のあたりぐあいを見ながら、デザインを考えていきます。

ark-26[1]

 

いっしょにデザインした照明器具も展示しているということで
「かなぐや」の太田彩子ちゃんの展示会へ!
久保と、次お願いする物の話でもりあがってました♪

ark-27[1]

実際に、
10月に完成した家の照明は、このプロトタイプをつけました。
壁につくと、こんな感じ!
真鍮製なんで、赤錆びしないし、だんだんと良い色に変色してきます。

ark-28[1]

 

南部健太郎
AR.K一級建築士事務所

 

建築家31会では、お客様の家づくりのお手伝いをさせていただいています。

設計事務所というと、

・どこにいるかわからない
・誰を選んで良いかわからない
・とんでもないことをされてしまうのではと心配

そこで、私達の特徴として、31人(組) 経験実績、得意分野、地域が異なる建築家が集まっているので、

・お客様が建築家を選べられる
・お客様に相応しい建築家を推薦出来る

と、安心して建築家を選んで頂けるようになっています。

どうぞ下の相談フォームへのボタンから、お客様のご相談を建築家31会にお送り下さい。お客様の予算やスピードに合わせて建築家を選んでいただき、希望の家づくりをお手伝いさせていただきます。


建築家の日常⑤

ark-18[1]

朝、多摩川をわたって現場へ!
気持ちよいですね。

今日は、敷地に建物の位置を実際におとしこんで
配置が図面とおりにいくか?
寸法に違いがでることもあり、その時にどの部分の離れを優先するか?などを
現場で相談して決めていきます。

ark-19[1]

お昼は、麻布に有る気持ちよいテラスのあるレストランへ
久保もご満悦です♪

ark-20[1]

 

これで一度、
事務所へ戻り、着工中の木造住宅の「プレカット図」のチェックです。
平面図と、構造の計算書、それと柱や梁を工場で加工するためのプレカット図を
合わせていきます。
うまくやらないと、
ダクトが通らなかったり、お風呂やベランダが、またがないと入れなくなってしまったり・・・・

ark-21[1]

さぁ、金曜の夜!
仲間のバーの1周年パーティーへ、友人たちと会場で合流!
色々な業界の人たちと情報交換しながら
朝まで盛り上がります♪

ark-22[1]

ark-23[1]

 


建築家の日常③

この日は、朝から大久保へ。
通り道で以前みつけた路上カフェ。
一度試してみたかったんですよねー♪

ark-13[2]

で、本題の用事はこちら!
確認申請の提出です。最近はこういう民間のところへ提出することが増えました。

ark-14[1]

そのあと、表参道へ

気になっていた、ヴィトンの上のギャラリーでやってる体験アートへ。
ちょっと試してみましたが・・・・
船酔いしました。

ark-15[2]

で、せっかく来たので
ぷらぷら、ショッピングへ。
私たちの服って、微妙でして。
1日のうちに、
お客様にも会うし、現場も行くし、事務所での仕事にも、夜のパーティもと
同じ服で回らないといけないこともあるもので・・・
と言いつつ。
また服を買ってしまうのですが・・・・。

ark-16[1]

夜は、
出版の打ち合わせへ。

ark-17[2]

 

 


建築家の日常③

ark-10[1]

なにをしているのでしょう・・・・?

家の模型を敷地で検証してみています。
夏過ぎに、「31+3works」展から始まったお客様の平屋ですが
都会ということもあり、
ここのところの季節の変化で、夏には考えもしなかった陽の入りぐあいが気になってきたんです。と。

事務所で、ライトを使っても検証は可能なんですが
やっぱり、
その季節の、周りの家の影も影響しますし、2~3時間だけでも影が変わってきます。

こうして庭に置いて、周りを見てみると想像がよくつきますね。
私たちも、お客様と何が気になるのか?気にならないのか?どこに居たいか?
などなど
お話することが、非常に設計に役立つんですね。

それと、
よく、やはり一刻も早く家を完成させたい気持ちはわかるんですが・・・・
私たちが、図面を描く速度だけを基準にすれば、2~3ヶ月もあれば良いのですが、
それだと、
今回のように季節の変化や、お客様の気持ちの変化や決定が追いつかないんです。
すこし、ゆっくり向かい合っていただければと。

ark-11[2]

こちらは模型のUPです。
模型を見るとき、
ついつい覗き込んだり、上から見がちですが・・・・
実際の目線におとして、こうして見ることも重要です。
こちらは、違う物件ですが、
部分的な内装だけなんで、雰囲気がどう変わるか?
大きな模型を作って素材も張り込んで、検討していきます。

ark-12[1]

AR.K 南部健太郎