街に緑を!@コウベチカシ

屋上の緑化について街に緑を

最近では、都心で敷地内に庭を取ることが難しく屋上を緑化して楽しむことが増えて来ました。屋上を緑化する時の注意点を今回はまとめてみたいと思います。

荷重と保水の検討

戸建て住宅での屋上を緑化する際、最も注意すべき点は建物への過重です。屋上緑化の土壌には、適材を植え込む自然土壌、軽量化土壌システムなどがあるがどちらも長時間保水しなければならないため非常に重くなります。

自然土壌では1m3当たり1600kg程度になり、屋上に10cm敷き込と1m2当たり160kgの荷重がかかることになります。

最近では自然土壌に替わる無機質系の軽量化土壌システムもあり、従来の軽量化土壌システムの半分以下の荷重でつくり込むことができるので検討します。リフォームの場合は、既存建物の構造確認と耐震性の検討が必要となります。

屋上からの排水

近年では集中豪雨が起ることが多く、排水にはより注意し計画しなければなりません。

公共建築協会では排水基準を240mm/時間以上としているが、余裕をもって計画すると良いです。排水溝、排水口がふさがれないようにし、防水の立ち上がりは200mm以上取る必要があります。既存の防水のままでは難しいことが多いので、やり替えることを前提で考えておかなければなりません。

植栽の検討

軽量土壌であっても種類によっては背の高い植栽も可能ですが、一般的には、戸建では160cm程度を限界に考えておくべきです。風の強い場所ではセダム、天然芝などの地被類をお勧めします。

夏場は、水やりやメンテナンスをこまめに行う必要があり、自動散水システムが有効です。植栽の楽しみ方を考え検討していく必要があります。

太陽光発電のパネルで屋根や屋上が無くなった街並はあまりにも寂しい風景ではないでしょうか。

緑の多い生活環境をみんなの手で創り上げたいものですね。

河辺 近
ken-ken 有)一級建築士事務所

建築家31会 からの お知らせ

来たる10月13・14・15日の3日間、新宿パークタワーにて、建築家が実際に設計した住宅などの写真・模型を持ち寄って、家づくり相談会を開催します。

会場には100個の実例を展示して、建築家本人が居り、家を建てたいお客様の悩みや相談に応えます。

・家づくりをお考えの方
・敷地や予算に厳しい条件がある方
・建築家の話しを一度聞いてみたい方
・今相談している先に疑問がある方
・店舗や医院、賃貸建物を検討している方
・リフォームか建替えか迷われている方

客観的な視点からお客様の選択肢を提案して、より真っ当な内容と費用で実現していますので、この機会にどうぞご来場ください。

建築家31会 家づくりトークショー・展示・相談会 vol.26
日時:2017年10月13日(金)~15日(日) 10:00〜18:00
会場:新宿パークタワー1F・ギャラリー3

建築家の実例説明トークショー
・二世帯住宅集まって住む家の設計事例 建築家説明トークショー
・都市東京に賢く家を建てて住む 建築家説明トークショー
・失敗しない住宅リフォームリノベーション 建築家説明トークショー

 

建築家31会では、お客様の家づくりのお手伝いをさせていただいています。

設計事務所というと、

・どこにいるかわからない
・誰を選んで良いかわからない
・とんでもないことをされてしまうのではと心配

そこで、私達の特徴として、31人(組) 経験実績、得意分野、地域が異なる建築家が集まっているので、

・お客様が建築家を選べられる
・お客様に相応しい建築家を推薦出来る

と、安心して建築家を選んで頂けるようになっています。

どうぞ下の相談フォームへのボタンから、お客様のご相談を建築家31会にお送り下さい。お客様の予算やスピードに合わせて建築家を選んでいただき、希望の家づくりをお手伝いさせていただきます。

河辺近  ばとろぐ記事

カテゴリー: 建築家ブログ”ばとろぐ” パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です