家・建物の設計・工事監理って建築家は何をするのか?@余田正徳

建築家(設計者)は「設計業務」だけではなく「監理業務」も行います。

設計者が行う「監理業務(工事監理)」とは
クライアントの代理人となり工事現場での打合せや指示を行うことです。
具体的には、設計図通りに、またスケジュール通りに工事が進んでいるか?
などをチェックしたり、設計の意図を施工者に伝えたりします。
また、進捗状況をクライアントに報告することも重要な役割のひとつです。

施工会社は「工事管理」を行います。読み方は全く同じですが意味は異なります。
主な仕事は、工程管理・品質管理・安全管理・予算管理などです。
現場代理人(現場監督)が中心となって行います。

読み方が同じなので「監理」のことを通称「皿(さら)かん」
「管理」のことを「竹(たけ)かん」と呼んだりもします。

ここで、現在、当事務所で工事監理を行っている案件をふたつ紹介します。

SWH
まずは「混構造のガレージハウス」です。
地階と1階がRC造、2・3階が木造の混構造の住宅で
1階部分には2台並列で駐車できるガレージがあります。
写真はバルコニーと繋がった3階のリビング部分です。
竣工まで一か月を切り、ラストスパート中です。

 

SSH
次は「谷のある家」です。
木造3階建の住宅で、大きな中庭を持ちプライバシーの確保と解放感を両立しています。
現在はちょうど中間検査を受けたところです。
写真は施工中の鉄骨階段と今しか見れない水平ブレースです。
こちらは10月竣工予定ですので、内覧会を行う場合は追ってお知らせします。

どちらの現場も定期的に現場に通い
現場監督・大工さん・電気業者・設備業者・職人さんなどと
お互い知恵を出し合いながら打合せを重ね
クライアントに喜んでもらえる家が出来るように努めています。

「監理業務」は「設計業務」と同様に高い品質の建物になるためには
とても大切な仕事なのです。

YODAアーキテクツ 余田正徳

建築家31会では、お客様の家づくりのお手伝いをさせていただいています。

設計事務所というと、

・どこにいるかわからない
・誰を選んで良いかわからない
・とんでもないことをされてしまうのではと心配

そこで、私達の特徴として、31人(組) 経験実績、得意分野、地域が異なる建築家が集まっているので、

・お客様が建築家を選べられる
・お客様に相応しい建築家を推薦出来る

と、安心して建築家を選んで頂けるようになっています。

どうぞ下の相談フォームへのボタンから、お客様のご相談を建築家31会にお送り下さい。お客様の予算やスピードに合わせて建築家を選んでいただき、希望の家づくりをお手伝いさせていただきます。

「建築家の役割」関連解説記事

建築家の実例説明トークショー
・二世帯住宅集まって住む家の設計事例 建築家説明トークショー
・都市東京に賢く家を建てて住む 建築家説明トークショー
・失敗しない住宅リフォームリノベーション 建築家説明トークショー

カテゴリー: 建築家の役割, 建築家ブログ”ばとろぐ” タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です