割りばしと輪ゴムを使って建築家とつくるマイハウス

ぱとろぐを担当します、市村宏文(エルスト)です。

今回は久しぶりに「割りばしと輪ゴム」を使ってのイベントを行いましたので、それのお話しです。

夏休み入ってすぐに川崎市宮前区にあるギャラリー秀の夏休み特別企画として「割りばしと輪ゴムを使って〜建築家とつくるマイハウス」が開催されました。

参加は小学3年生〜6年生までの10名。立体をイメージしながら作るのは高学年くらいからが上手にできるので、6年生の4人組女子が色々と作るのではないかと期待していましたが、今回は3・4年の子供たちが自由に作り上げていきました。

まずは基本形の四角(立方体)をつくります。そこに屋根を載せるのですが、その形は三角形の「切り妻」や三角錐の「寄せ棟」を作ります。この基本形ができるあたりから、それぞれの個性が出てきます。割りばしなので当然真っ直ぐには組み立てられません。徐々にナナメが加わってきて、形がだんだんと崩れてきます。その時にその崩れた形にちょっとヒントを与えると、突然自由に作り始め楽しい家が出来上がっていきました。香港から夏休みでおばあちゃんの家に来ていて参加した男の子は、ねじれた形をどんどんと縦に積み上げて、縦に長い大作出来上がっていました。

久しぶりに柔らかい頭からの自由な発想を見る事ができ、だんだんと堅くなって来ている頭に良い刺激をもらいました。

細かい作り方は2013年12月のぱろろぐに記載していますので、そちらも是非ごらんください。

 

p8261024-%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bchhdtcdui-%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

市村宏文/株)エルスト

建築家31会 からの お知らせ

来たる1月15日(月)〜21日(日)の7日間、豊洲シビックセンターギャラリーにて、建築家が実際に設計した住宅などの写真・模型を持ち寄って、家づくり相談会を開催します。

会場には建築家が設計した実例を展示して、建築家本人が居り、家を建てたいお客様の悩みや相談に応えます。

・家づくりをお考えの方
・敷地や予算に厳しい条件がある方
・建築家の話しを一度聞いてみたい方
・今相談している先に疑問がある方
・店舗や医院、賃貸建物を検討している方
・リフォームか建替えか迷われている方

客観的な視点からお客様の選択肢を提案して、より真っ当な内容と費用で実現していますので、この機会にどうぞご来場ください。

建築家31会 家づくりトークショー・展示・相談会 vol.27
日時:2018年1月15日(月)~21日(日)
会場:豊洲シビックセンター 1F ギャラリー

建築家31会では、お客様の家づくりのお手伝いをさせていただいています。

設計事務所というと、

・どこにいるかわからない
・誰を選んで良いかわからない
・とんでもないことをされてしまうのではと心配

そこで、私達の特徴として、31人(組) 経験実績、得意分野、地域が異なる建築家が集まっているので、

・お客様が建築家を選べられる
・お客様に相応しい建築家を推薦出来る

と、安心して建築家を選んで頂けるようになっています。

どうぞ下の相談フォームへのボタンから、お客様のご相談を建築家31会にお送り下さい。お客様の予算やスピードに合わせて建築家を選んでいただき、希望の家づくりをお手伝いさせていただきます。

「イベント」関連解説記事

市村宏文  ばとろぐ記事

カテゴリー: イベント, 建築家ブログ”ばとろぐ” パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です