設計事務所・建築家にできること 2 @石井正博+近藤民子

今週の“ばとろぐ”では、設計事務所が一般的に行っている仕事について「設計事務所・建築家にできること」題して書いています。二日目は設計事務所の中心的な仕事である「プランニング」についてです。

2.プランニング(設計)
設計事務所の仕事の中で「プランニング」は大きな幹にあたる部分です。

事務所によって仕事の進め方などの違いは多少ありますが、建て主の要望をお聞きし、敷地を見に行き、法的な条件を整理して、プランニングを行います。
プランニングは構想段階から、基本設計、実施設計と続いていきますが、最初からパーフェクトな案ができることは稀です。むしろ、図面や模型などを使って何度もやり取りをしていく中で、本当に住みたい家のイメージがだんだんと見えてきて、それをさらに進化させていくことの方が多いですし、その方ができた時の建て主の方の満足感も高いように感じます。

設計中は、図面だけでなく模型やスケッチを通して建て主の方とイメージを共有しながら進めていきます。実際の生活や持ち物を見せていただき、家のことだけでなくいろんな話を通して、建て主の方のご要望を汲み取り、技術的なこと、性能的なこと、メンテナンス性、コスト面も踏まえてプランニングに反映させてきます。

満足のいく住まいづくりとなるためには、コミュニケーション、感覚の共有がとても大事になってきますので、話しやすく、相性の合う設計事務所・建築家を見つけることが大切になります。

建築家31会(ケンチクカサンイチカイ)は、自ら設計事務所を構える31組の建築家の集まりです。年齢や個性も様々で、ガレージハウスが得意な人、素材感を大切にする人、リフォームが得意な人、多世帯住宅を多く手がけている人、男女ペアの事務所など、それぞれ得意とするデザインやテイスト、事務所スタイルもバラエティに富んだ建築家のグループです。年に数回開催しているイベント等にお越しいただけると、自分の好みも見えてきて、相性のあう建築家も探しやすくなるのではないかと思います。

  

上の写真は『光と音と色の集積の家』というショップ・ギャラリー併用の二世帯住宅のプランニングの例です。A案(上段左)では親世帯は1階でしたが、B案(上段中)、C案(上段中)では、親世帯は3階となりました。現在はD案(下段)を進化させた案で工事が進んでいます。>>光と音と色の集積の家の設計・工事経過

>>一日目:土地探しのお手伝い
>>二日目:住まいのプランニング(設計)
>>三日目:住宅の見積チェック
>>四日目:住宅の工事監理
>>五日目:お引き渡し後(定期点検・メンテナンス・リフォーム)

設計事務所アーキプレイス HP
設計事務所アーキプレイス ブログ

ARCHIPLACE Facebook

建築家31会では、お客様の家づくりのお手伝いをさせていただいています。

 



カテゴリー: 建築家の役割, 建築家ブログ”ばとろぐ” タグ: , , , , , , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です