古材再利用@阿川宮鳥

建て替えの計画において、古い家で使っていた物を再利用したい、そんな相談を受けることは少なくありません。

愛着があるから、好きだから、思い出が詰まっているから、工事費を安く納めたいから等、理由は様々です。

今回のバトログでは、先日完成した堀之内の家を通して、古材再利用についてお話ししたいと思います。

お施主さまのご要望は、柱や梁などの構造材をはじめ、畳、床材、外部の建具など多岐にわたりました。それらの寸法や状態を確認し、意匠と構造そして施工サイドから再利用の検討を行いました。

この計画を通して実感したことは、工事費を安く納めたいからという理由だけであれば、古材再利用は不向きだということでした。

古材を取り外したあとの運搬、保管、再加工にかかる費用はもちろんのこと、予想のつかない事が多い為、スケジュール管理が難しいといった現実がありました。

そのような理由から堀之内の家では内部の建具のみを再利用しました。

この木製建具「千本格子」は家族みんなが大切にしてきた旧家屋の誇りのような存在でした。

新住居でも程よい存在感を放っている様に思います。

Photo / 繁田 諭

建築家31会 からの お知らせ

来たる1月15日(月)〜21日(日)の7日間、豊洲シビックセンターギャラリーにて、建築家が実際に設計した住宅などの写真・模型を持ち寄って、家づくり相談会を開催します。

会場には建築家が設計した実例を展示して、建築家本人が居り、家を建てたいお客様の悩みや相談に応えます。

・家づくりをお考えの方
・敷地や予算に厳しい条件がある方
・建築家の話しを一度聞いてみたい方
・今相談している先に疑問がある方
・店舗や医院、賃貸建物を検討している方
・リフォームか建替えか迷われている方

客観的な視点からお客様の選択肢を提案して、より真っ当な内容と費用で実現していますので、この機会にどうぞご来場ください。

建築家31会 家づくりトークショー・展示・相談会 vol.27
日時:2018年1月15日(月)~21日(日)
会場:豊洲シビックセンター 1F ギャラリー

建築家31会では、お客様の家づくりのお手伝いをさせていただいています。

設計事務所というと、

・どこにいるかわからない
・誰を選んで良いかわからない
・とんでもないことをされてしまうのではと心配

そこで、私達の特徴として、31人(組) 経験実績、得意分野、地域が異なる建築家が集まっているので、

・お客様が建築家を選べられる
・お客様に相応しい建築家を推薦出来る

と、安心して建築家を選んで頂けるようになっています。

どうぞ下の相談フォームへのボタンから、お客様のご相談を建築家31会にお送り下さい。お客様の予算やスピードに合わせて建築家を選んでいただき、希望の家づくりをお手伝いさせていただきます。

・二世帯住宅集まって住む家の設計事例
・都市東京に賢く家を建てて住む
・失敗しない住宅リフォームリノベーション

 

カテゴリー: 建築家ブログ”ばとろぐ” パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です