図面の見方-3 自分なりの物差しをもとう @石井正博+近藤民子

《図面の見方-3 自分なりの物差しをもとう》

建築にはそれなりの大きさがあるため、図面では実際の大きさにある値を掛けて縮小し、その大きさで描くことになります。

住宅の図面でよく使われる縮尺は、1/100、1/50、1/20、1/5などです。実際に作られる建物は1/1ですので、頭のなかでは1/100⇒1/1にしたり1/50⇒1/1へのスケールの変換作業が必要になります。

この時、役立つのが”自分なりの物差し”です。例えば今住んでいる部屋の広さ(m2、畳)、壁の縦や横の長さ、天井の高さを知っておくことで、図面の中の部屋の大きさをイメージしやすくなります。
また、自分の身長や手を伸ばした時の長さ、使っているキッチンの長さや吊り戸棚の高さ、毎日使う家具の大きさなどが、ちょっと意識するだけで”自分なりの物差し”になります。

IMG_9015

ぜひ、メジャーやスケールを使って身近なものをどんどん測り、基準となる”自分なりの物差し”を見つけてください。

スケールを間違うとこんなことに・・・

>>興味あるかたはdi liu: animal regulation series

>>図面の見方-1 建物は通路と溜まりで出来ている
>>図面の見方-2 図面に色を塗ってみよう
>>図面の見方-3 自分なりの物差しをもとう
>>図面の見方-4 立面図(りつめんず)
>>図面の見方-5 断面図(だんめんず)
>>図面の見方-6 断面詳細図(だんめんしょうさいず)
>>図面の見方-7 上下を逆さまにしてみる

>>設計事務所アーキプレイス HP
>>設計事務所アーキプレイス ブログ

カテゴリー: 建築家ブログ”ばとろぐ” タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です