「建築業界に蔓延する偽装問題に建築家はどう関わるか?」 @前田 敦

姉歯事件といわれる耐震偽装、内装仕様偽装や最近の杭データー偽装問題建築業界を全体の信用を失う事件が起きていて、社会全体に不安を蔓延させているように思います。

建築家として嘆かわしいことですが、建築業界に限らず社会システムは性善説に基づいて成り立っているので虚偽の報告がなされると完全にシステム自体が成立しなくなります。
例えば、杭の専門家からの正しい報告に基づいて、元請工事会社、建築家(設計監理者)が臨機応変に対応策を提示するのですが、その前提である報告に悪意があると、業務全体が正しい流れで進まなくなります。

これらの偽装問題を俯瞰してみると、大手ディベロッパー、大手工務店、ハウスメーカー等に集中しているように思います。
エンドユーザーからすると「大手だから安心」「TVのCMで見て知っているから」という理由から購入もしくは発注していたのに、これでは大手ならではの安心はどこへ行ってしまったのでしょう?

それら事件の背景にある特徴的な構図として言えることは、建築家のスタンスの違いなのです。
分譲マンション・分譲住宅(建売)の場合は販売者側より委託を受けるスタンスハウスメーカーや工務店に設計施工で注文住宅を発注する場合はディベロッパー、ハウスメーカー、工務店に雇用もしくは委託をうけているスタンスです。
そうなると発注者の利益のために業務を遂行するために、エンドユーザー(住み手)の立場に立って設計監理を行うことはできなくなります。

分譲マンションや分譲住宅の場合は、完成品を購入するということになるので建築家は購入時のアドヴァイス程度しかできませんが、注文住宅や注文建築については、建て主の委任を受けた設計監理者として建築家というプロフェッショナルな存在を建て主のパートナーにすることができるのです。

建築家とは本来、工事会社やハウスメーカーに支配されることのないフリーな立場で、建て主から委託されて設計監理に勤しむ者なのです。
建て主の要望を設計という業務で夢を形にしていき、建て主の代理人として適切な工事会社を適正価格で受注させるように助言を行い、工事についても設計図どおりもしくは的確な変更を行いながら施工業者を監理していきます。

もちろん悪意のある虚偽報告がなされると、建築家でもトラブルを防ぐことはできません。
ただ、建築家のスタンスが建て主側に立っていれば、トラブルや虚偽の抑止力にはなると思います。

私たち建築家31会協同組合(国土交通省認可)では、工事会社や工法等の支配のないフリーな立場で建て主さんの夢を叶えるお手伝いをさせていただこう
という一級建築士によるプロフェッショナル集団です。

私の個人的な偏見を避けるためにJIAのサイトから引用させていただきますがJIA(公益社団法人日本建築家協会)では建築家と「プロフェッショナルサービスを行う建築士という資格を持った専門家」と位置付けていているようです。
http://www.jia.or.jp/guide/architect/main.htm
参考:建築家って何をする人?
http://www.jia.or.jp/guide/architect/pdf/who.pdf

建築家は建物のお医者さんです

建築家は建物の財務マンです

建築家は建物の法律コンサルタントです

建築家は建物の演出家です

建築家は建物づくりのキャプテンです

建築家は一生のパートナーです

建築家は環境価値の創造者です

家や建築をつくるには多くの専門家や業者さんの力が必要です。
それを一つのオーケストラだと見立てると「建築家は指揮者のような存在」だと自負しております。