「断熱性能を高めて家の光熱費を安くしたい」@北島俊嗣

家づくりにおいて、断熱工事が必要な場所は、屋根、外壁、窓、1階の床です。切れ間なく外面に断熱をして、外部の温冷熱を内部に伝えないようにするのが断熱工事です。

今現在は率直に言うと、当たり前の一般的グレードの断熱工事を施すと、非常に高い断熱性能が確保出来ます。逆に「高断熱の家」とか「外断熱の家」などというキャッチフレーズで高い断熱性能をアピールしているときがありますが、過剰なものであったり、間違いがあったりするものが多く見受けられます。他の部分で確保できない利益を、過剰な工事を勧めることで確保していることが見えみえです。

一般的なグレードで高い断熱性能が確保出来ている理由は、窓ガラスの複層ガラスが一般的になり、屋根、外壁、床面の気密性や断熱材の性能が明らかに向上したからです。

ここで注意しなければならないのは、その断熱材の性能をいかに長く発揮させるために、水や湿気で断熱材が濡れてしまったり、振動で形が変わってしまわないようにすることが肝心です。また断熱材を切れ目なく施すことも重要で、ある部分は外断熱、ある部分は内断熱とすることは、断熱材の確実な連続面が確保できないので、良く検討してから導入された方が良いでしょう。

既存の古い建物を取り壊し、新しく建てたお客様は特に「とても光熱費が安くなった」と評価をいただいています。

また、建物が大きく部屋数も多いときは、全体を魔法瓶のように考えて、外側の部屋も断熱層になれるような特別な設計も可能です。