建築知識8月号「なぜ・・・ 木造住宅のすごい新常識」 @石井正博+近藤民子

投稿日 2017年07月24日

作成者 石井 正博 + 近藤 民子

建築知識8月号 (エクスナレッジ2017.7月発売)「なぜ、あなたの設計は「パッとしない」のか?  木造住宅のすごい新常識」に、設計事務所アーキプレイス(石井正博+近藤民子)が家づくりをお手伝いした四つの住宅が掲載されています。

働き方の多様化、夫婦間の役割分担の変化、多世帯同居住宅の再評価、止まることのない家電の進化など、社会が変化していくにつれて住まいに求められるものも年々変化しています。

最近の住宅設計において、建主の方からの要望が多くなっていること、プランニングや納まりなどの設計で工夫していること、気をつけている点などを具体的な住宅を例に解説しています。

建築の専門家向けの雑誌ですが、書店(建築書籍コーナー)で見かけましたら、ぜひお手に取ってご覧ください。

 
 

P40  ルンバは専用スペースに・・・・空と暮らす家(スキップフロア)

P56~57 共用着替え室で家事を効率化・・・・ときどき電車の見える家

P81   在宅勤務用の書斎をつくる・・・・くるりのある家

P84   床下をなくして階高を確保する・・・・独立した二世帯が集う家

>>設計事務所アーキプレイス HP 

>>設計事務所アーキプレイス Blog

>>設計事務所アーキプレイス facebook