TOPICS

家族の歴史を継続するリノベーション@筒井紀博

投稿日 2017年01月10日

作成者 筒井 紀博

31会の模型展がきっかけで始まったリノベーションが年末に無事、引き渡しを終えました。

築50年以上経つ木造住宅のリノベーションです。

クライアントの住む母屋と賃貸アパートの2棟をまとめて工事しました。

敷地は閑静な住宅街に位置し、2棟が挟むように広い庭が存在します。

以前は襖で細かく仕切られた個室の多い間取りでしたが、1F部分は広いリビング空間へと変更。庭に面して大開口を二箇所設け、光の降り注ぐ明るいリビングとなっています。広いデッキテラスがあり、屋外空間との一体感も感じられるような間取りとしました。

2Fは個室が配置され、小屋組を露わにした天井によって家族の歴史を感じることができます。

耐震補強も施し、現代の建築基準に合致する体力をもたせています。設備機器類も一新させ、現代の快適さをもつ建築となりました。

家族の歴史を継続しながらも安心して快適に暮らせる住まいへ。この先も長い年月、家族とともに成長し、様々な思い出を刻んでゆく空間となりました。

建築家31会 展示・トークショー・相談会  at横浜マークイズみなとみらい

投稿日 2017年01月7日

作成者 建築家31会

建築家31会  展示・トークショー・相談会 at横浜マークイズみなとみらい 2017春 を開催します。NEW

日時:2017年1月20日(金)~22日(日) 10:00~18:00

場所:横浜マークイズみなとみらい4F 東京ガス横浜ショールーム(入場無料)

主催:建築家31人会

◆建築家たちと、会える、話せる、相談できる3日間。
全国で活動する建築家30余名が、手がけた住宅の写真や模型を展示しながらお客様のお話を伺うイベントで、2グループに分けて1年に2回開催しています。会場内に建築家もおりますので、建築家との家づくりに興味のある方、設計事例を見てみたい方、建築家と話してみたい方、ご検討中のプランの有無にかかわらず、お気軽に会場へお越しください。

◆家の話をしよう。
家づくりトークショー」では、建築家の対談形式により、3つのテーマに沿って、こだわりの家づくりをわかりやすくお話しします。下記の日程で開催しますので、ご興味のあるテーマに合わせて、どうぞご来場ください。

◆1/21(土)◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

14:00~
「水廻り」の話をしよう。
小林 真人 × 石川 利治
住宅の水廻りは,それぞれの好みやスタイルによってより多様化してきています。一方で住宅に占めるコストの割合が高い空間ですから,実現したい内容とコストバランスを考え,整理する必要があります。このトークショーを通じて考えるヒントにして頂けると幸いです。

15:00~
「ヨコハマ」の話をしよう。
岡部 克哉 × 鈴木 恵介
クライアントの要望を通して見えてくる「横浜らしさ」を実作を元に語ります。横浜の魅力を再認識できる機会に出来ればと思います。

16:00~
「リフォーム」の話をしよう。
磯村 一司× 南部 健太郎
マンションリノベ、戸建リノベ、フルリフォームからDIYまで 多様な可能性が広がってきたリフォーム。 さぁ、自分達のライフスタイルに合わせた家づくりを 一緒に考えましょう。

◆1/22(日)◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

14:00~
「水廻り」の話をしよう。
髙野 洋平 × 菰田 真志
この回では「洗面室」廻りについて考えます。 入浴や着替え、はみがきなどリアルな生活の中心であると共に、 洗濯→物干し→収納など家事の上でも特に重要な「洗面室」。 本当に必要な収納量や、使いやすいく片付けやすい収納の考え方についてお話します。

15:00~
「ヨコハマ」の話をしよう。
松永 基 × 大塚 あや
横浜の家は表情豊かだと思います。斜面地、高級住宅地、異国の香のする地、下町、新しい分譲地。その中で住宅の設計をすることはとても楽しい行為です。町にふさわしい家の話をしたいと思います。

16:00~
「リフォーム」の話をしよう。
 幸田 真一 × 角倉 剛
新築だけが家づくりじゃない!大規模なスケルトンリフォームから壁紙リフォームなどのプチリフォームまで。家族構成やライフスタイルの変化に応じて手を加えていく住まい方を一緒に考えてみませんか。でお願いします。

 >>期間中の建築家スケジュール

事前のご予約
既にご希望の建築家がいる場合は、
お問い合わせフォームより事前のご予約を承っております。

sP1230651

 

細長変形地の二世帯コートハウスの基本設計が完了 @石井正博+近藤民子

投稿日 2017年01月7日

作成者 石井 正博 + 近藤 民子

昨年(2016)の5月、建築家31会の家づくり展でお会いし、一緒に家づくりを進めてきた『細長変形地の二世帯コートハウス』(木造3階建・耐震構法SE構法)の基本設計が完了しました。

三方向を囲まれた細長変形敷地での計画のため、初期段階より近隣の建物を入れた敷地模型を作って検討。南西側に空いている空間を生かすように、テラス(1階)とデッキテラス(2階)の外部空間を設けています。

1階世帯はコートハウスで、木製格子で囲んだテラスと段差なく繋がります。

2・3階世帯は、ダイニングキッチンとリビングが階段を挟み緩やかに繋がります。

二世帯住宅(長屋形式)であること、変形の狭小敷地で法的規制が厳しいこと、資金計画を並行して進める必要があったことなどから、通常より時間がかかりました。これから見積りや工事に向けて、より細かい部分の設計(実施設計)に入ります。

>>設計・工事経過 ブログカテゴリー 細長変形地の二世帯コートハウス

>>設計事務所アーキプレイスのブログ

>>Archiplace WEB

>>Archiplace facebook

雑誌に掲載していただきました・・・・LIVES リノベーションで叶える理想の家 @南部健太郎

投稿日 2017年01月2日

作成者 久保緑子 + 南部健太郎

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。

ここ数年、ずいぶんとリノベーションも一般的になってきましたが

私たちの事務所でも、随分とリノベーションをさせてもらうことが増えて新築と半々ぐらいのウエイトになっています。

新築と違い、空間や自分たちの好みやライフスタイルと合わない部分が明確に理解しやすいので、より理想に近い家作りに近づけるのも良いところです。

こちらの雑誌では、

「この設計事務所に頼みたい!」にも、選んでいただきました!

ぜひ、ご興味ある方は一度ご相談いただけると嬉しいです。

南部健太郎

AR.K一級建築士事務所

【中庭を望む和モダンの家】内覧会のお知らせ @余田正徳

投稿日 2016年11月23日

作成者 余田 正徳

31p1010915
クライアントのご厚意により
中庭を望む和モダンの家】の内覧会を開催します。

住宅密集地。
周囲からの視線を気にすることなく、落ち着いて暮らすことのできる環境を求めた結果、周囲からは存在が確認できない立体的な中庭を計画しました。この立体的な中庭を谷に見立て、谷に向かって各室を設けることで採光・通風を確保しています。
堅い印象の外観とは異なった柔らかく各所に和の雰囲気が漂うインテリア、高さ3mの木製格子戸・玄関扉、間接照明を兼ねた階段など
是非、ご高覧頂ければ幸いです。

2016年11月26日(土)10:00~16:00
2016年11月27日(日)10:00~16:00

予約制とさせて頂きますので
参加ご希望の方は、ご氏名・参加人数・ご連絡先(携帯電話)
おおよそのご来場時間をご記入の上
こちらまでご連絡下さい。

確認次第、詳しい案内を送付致します。
ご連絡をお待ちしております。

>>関連ブログはこちら

YODAアーキテクツ 余田正徳