SE構法の冊子NWSEに細長変形地の二世帯コートハウスが掲載 @石井正博+近藤民子

設計事務所アーキプレイス(石井正博+近藤民子)細長変形地の二世帯コートハウス(SE構法・木造3階建・長屋形式)がSE構法のエヌ・シー・エヌが発行する冊子、NWSE(ネットワークSE)に掲載されました。

細長変形地の二世帯コートハウスは、2016年春の横浜赤レンガ倉庫での「建築家31会」のイベントで建て主の方とお会いし、家づくりを始めたプロジェクトです。

いわゆる長屋形式(完全分離型)の二世帯住宅なのですが、ご両親とではなく叔母さまとの二世帯住宅のため、相続の取り決め、建築規模の想定と工事費用の概算、所有マンション売却とローン計画など、設計以前の条件整理も必要だったため、早い段階で他分野の専門家の方とチームを組んで進めました。

ご両親以外との二世帯住宅はまだ特殊かもしれませんが、少子化と高齢化が同時に進む将来の日本においては、将来もっと増えていく可能性のある居住形式だと感じています。
冊子では、細長い変形地の難しさをSE構法の強みを生かして解決したことともに「親族シェアハウスという選択」というタイトルで、伯母さまとの二世帯住宅の家づくりのストーリー​が建て主の方へのインタビューを元にして丁寧に説明されています。

ご興味ある方がいらっしゃいましたら、設計事務所アーキプレイスのサイトの「お問い合せ」より「NWSE冊子希望」と書きご請求ください。(先着10名まで)

>>ARCHIPLACE WEB

>>31会で出会った家 細長変形地の二世帯コートハウス

>>設計・工事経過はこちら ブログカテゴリー 細長変形地の二世帯コートハウス

>>細長変形地の二世帯コートハウス 竣工写真 その1
>>細長変形地の二世帯コートハウス 竣工写真 その2
>>細長変形地の二世帯コートハウス 竣工写真 その3

 

>>ARCHIPLACE BLOG
>>ARCHIPLACE WEB
>>ARCHIPLACE Instagram

− 最新イベント情報 −

オープンハウス(完成見学会)2/29 東久留米の ‘yin-yang’ house @七島幸之+佐野友美

この度、アトリエハコ(@七島幸之+佐野友美)で設計監理を行った「東久留米の 'yin-yang' house」が完成致します。 お施主様のご厚意によりオープンハウス(完成見学会)を行わせて頂く運びとなりました。 高台にある、落ち着いた雰囲気の分譲住宅地、その行止りに位置する旗竿敷地。 敷地の地盤面がアプローチの道路から更に2.3M程高く、道路レベルから敷地内の様子は窺えない。 コンクリート・木・金属の素材感 光を吸収する面、バウンドし、砕く面 明暗のコントラスト、光と影の図形 ...