マガジンプレゼント
MENU

永く楽しむ家 【震災復興再生一戸建てリフォーム住宅】 | 古川 達也

所在地 構造規模
長野県長野市 木造2階建(耐震改修リフォーム)
竣工年 延べ床面積
2016年4月 186.31㎡

2014年11月22日に発生した、長野県神城断層地震により被災した一戸建て住宅を、全改築する震災復興再生リフォーム。大屋根の瓦が落ち損傷、内外壁の割れも広範囲だったため、応急処置で無く重い瓦屋根の形状変更含む地震に強い耐震改修を行いました。より永く楽しく住まう家となるよう、屋内は床・天井仕上げに地場産信州唐松の無垢板を採用。既存の庭の眺めや自然通風・自然採光を重視しました。屋外は将来の介助動線を考慮した屋外スロープ設置など、バリアフリー化に配慮。私道に面する塀の一部をあえて開放し、ご近所の気軽な行き来を促す「立寄りベンチ」を配置するなど、声掛けや互いに助け合える街づくりを視野に入れた住空間になりました。
古川達也の他事例はこちら>
古川達也のホームページはこちら>