オンライン相談
MENU

千歳烏山の家 | 内田 雄介

所在地 構造規模
東京都世田谷区 木造
竣工年 延べ床面積
2017 76.56m²

建坪約12坪のコンパクトな住宅の計画です。限られた面積の中ではありますが開放感と包まれる安心感のある住まいとなるように設計を行いました。
建物形状は法的規制内で最大面積かつ凹凸をなくした無駄のない立方体をベースとし、敷地の高低差を生かしたスキップフロアの構成としました。各スペースを連続して配置し繋がりのある空間構成とする事や、ルーフテラスをリビングの吹抜と繋げることで空へと視線が抜け、密集市街地においても面積以上の広がりを感じる事が出来る住まいとなりました。

建築家の事例を探す

タイプから探す

お急ぎの方は03-6869-1961までお電話ください