オンライン相談
MENU

八王子の家 | 内田 雄介

所在地 構造規模
東京都八王子市 木造二階建て
竣工年 延べ床面積
2020 133.02㎡
八王子の家は近くに高尾の山々を望む高台に建つ、ご夫婦と小さなお子さんの3人家族の住宅です。敷地の周辺はのんびりとした風景が残っていて、とても穏やかな気持ちになります。
そんな大らかな土地に、家が建つことでその場所に落ち着いた空気がうまれるような建築をイメージして設計を行いました。
お施主様は、1階で生活が完結できる間取りを望まれていました。また隣地には住宅が立ち並んではいますが、敷地面積には余裕がありましたので建物は2階建てのボリュームと平屋のボリュームの組み合わせとし大らかなシルエットとしました。
中庭や出窓を設ける事で外部との間をつくる事で、そこから望む風景は、敷地周辺の木々と敷地内の植栽に包まれたまるで雑木の森の中に住んでいるような印象を作り出しています。
きっと晴れの日も雨の日も、家と周辺環境が一体となり、暮らしを大らかに包み込んでくれる事でしょう。
八王子の家は、ご家族が日々の生活を穏やかに暮らせることを願いを込めた住まいです。

建築家の事例を探す

タイプから探す

お急ぎの方は03-6869-1961までお電話ください