オンライン相談
MENU

立川の家 | 内田 雄介

所在地 構造規模
東京都立川市 木造二階建て
竣工年 延べ床面積
2020 135.50㎡

郊外の住宅地に建つ玄関共有型の2世帯住宅になります。

計画地は敷地面積に余裕がある為、建物周りには十分な余白を確保する事ができました。さらに周辺には高層の建物も無く陽当りも良かったので、明るい空をたくさん室内に取り込み屋外や空の広がりをより感じられるようなプランを思い描きました。

また敷地は角地になるため外部からの視線を程よく遮る必要がありました。そこで余白の 取り方や道路との間合いといった外部環境と、開放感や視線の抜けといった内部環境とのバランスを程よく保つような形を考えました。

まず内と外との中間領域となるようなインナーバルコニーを設ける事で、適度に外へ開くと同時に内では包まれる安心感を与えました。

そして内外の天井を連続させ内と外の繋がりを持たせる事で、その関係性を曖昧なものとし大らかな開放感を得られるようにしています。

日々の暮らしの中、視線が空へと導かれることで気持ちが伸びやかになる瞬間を感じてもらえたら嬉しいです。

建築家の事例を探す

タイプから探す

お急ぎの方は03-6869-1961までお電話ください