「リフォームか新築か」@菰田 真志+菰田 晶

既存の住宅にお住まいの方で「リフォーム」にするか「新築」にするかを悩まれる方が多くいらっしゃいます。事務所へ相談に来られたときにはリフォームのつもりでいらしゃったのですが、お話をお聞きして条件と予算などを整理し、既存建物の現状調査をへてプランニングしてみると、新築するほうがいいのかな?という状況になることがよくあります。

当然、新築するほど困っていないけどちょっと直したいというところから始まることが多いので、初めからリフォームありきで考えていたつもりが、これもあれもついでにやりたくなって工事範囲が広がってゆくことで新築との価格差がどんどん縮まり、選択肢のなかに新築が入ってくるという状況です。
特に築年数が経った家にお住まいの方がリフォームを考えたときには、耐震改修や水回りの大きな改修などを行うことが多く、工事範囲がが大きくなることで金額があがってゆき、リフォームにするメリットが見えにくくなることがよくあります。

新築とリフォームで悩みだすと難しいのが、面積と金額です。
大抵の場合は、リフォームでかかる金額で新築を建てると面積が小さくなるということが多いので、面積が小さくなってもよいのか、既存の建物程度の面積が必要なのかで決断が決まってきます。

また、リフォームでやる場合には新築の場合以上に希望することの優先順位をはっきり決めておくことも重要です。既存の建物ありきでスタートするリフォームは、やれば出来るけれども効率が悪い(=工事費があがる)など、思ったとおりにゆかない部分が多いので、その場合の判断をしっかりとできるように優先順位を決めておくと工事範囲が決めやすくなります。

今まで規模の大きな住宅リフォームもやってきていますが、経験から言うと専門家であるわれわれでも実はリフォームなのか新築が適しているのかを判断するのは簡単ではありません。建主さんの希望を確認した上で、既存の建物の状況を把握し、工事費を把握しながら計画を改修の計画を立ててゆく。そのうえで見えない今後解体する部分がどうなっているのかを調査した状況を踏まえて想像して工事の方法を考えながらプランに落としてゆく・・・。実は新築工事よりリフォームのほうが難しいと思っているくらいです。リフォームの難しさは見えない部分をどう設計に落としてゆくかという部分に尽きます。新築のように思ったとおりにならないのがリフォーム工事です。

設計事務所でもどちらがいいか悩むことのあるリフォーム工事ですから、建主さんが悩むのはしょうがないことです。そんなときには設計事務所に一度相談してみませんか?
結論ありきではなく、いろいろなパターンを検討してメリット・デメリットを比べて答えの出せるのは、実は設計事務所のメリットを活かせる仕事のかたちです。ぜひリフォームこそご相談下さい。

− 最新イベント情報 −

オープンハウス(完成見学会)6/28 明大前の賃貸併用二世帯住宅 @石井正博+近藤民子

この度、設計事務所アーキプレイス(石井正博+近藤民子)で設計監理しました『明大前の賃貸併用二世帯住宅』が竣工間近となり、建て主様のご厚意によりオープンハウスを開催させていただくことになりました。 敷地の高低差を利用して、道路に面した半地下の賃貸住戸を作り、その上に2層の木造をのせ、地下1階地上2階建ての準耐火構造の共同住宅+長屋として計画。建ぺい率や高さ制限をクリアさせ、緩和(天空率,地下緩和)も使って最大限の容積を確保しました。オーナー住戸は、外部空間との繋がりをもたせながら、南東側の広がり...