TOPICS

【法面庭の家】が優秀賞を頂きました@GEN INOUE

投稿日 2012年09月27日

作成者 井上 玄

120927[1]

今年の『第56回神奈川建築コンクール』住宅部門で、GEN INOUEが設計監理した【法面庭の家】が優秀賞を頂きました。応募総数158件(住宅部門93件、一般建築物部門65件)の中から、今年度の入賞作品が9月25日、発表となりました。住宅部門の優秀賞はこちらでご覧頂けます。http://www.pref.kanagawa.jp/cnt/p520586.html

下記は、今年の審査委員である建築家・室伏次郎さんの住宅部門審査総評(抜粋)です。
——「法面庭の家」は支持地盤条件の悪さに対して3棟に分割配置して荷重を低減し、挟まれた外部空間を視覚的に取り込み、実空間の大きさを超えた伸びやかな広がりのある場を取得している。狭小な住宅地の集まる中で道路からの奥行が感じられる場を作り出し、気持ちのよいスポットを提供している。——

こちらで作品の総評がご覧頂けます。http://www.pref.kanagawa.jp/cnt/p520418.html

【法面庭の家】は今回の展示にも出展していますので、是非会場にお越し頂きご覧下さい。

企画展に展示するプロジェクト紹介01@GEN INOUE

投稿日 2012年09月25日

作成者 井上 玄

A2Šé‰æŠT—v

企画展である『建築家31人×3作品の模型展で出会いスタートしたプロジェクト』に出展するGEN INOUEの3つのプロジェクトを紹介します。1つ目は【解放壁の家】。『建築家31人×3作品の模型展』vol.01でお会いしプロジェクトが始まり、2012年2月に竣工した港区の木造3階建て住宅です。密集住宅地にある19坪の敷地で、プライバシーを守りながら開放的な内部空間を手に入れるために計画した“解放壁”が特徴の住宅です。

【法面庭の家】が『建築知識』に掲載@GEN INOUE

投稿日 2012年09月25日

作成者 井上 玄

120925[1]

エクスナレッジから9月20日に発売された『建築知識』2012年10月号に【法面庭の家】が掲載されました。「高さ寸法」攻略マニュアルとして、—-法面庭。垂壁580mmで視線を下部に誘導する—–というテーマで高さ方向の寸法の決め方について設計意図を解説しました。

『建築家31人×3作品の模型展』で出会いスタートしたプロジェクトを紹介

投稿日 2012年09月24日

作成者 建築家31会

ƒvƒŠƒ“ƒg

今回は企画イベントとして『建築家31人×3作品の模型展』で出会いスタートしたプロジェクトを紹介します。今までの『建築家31人×3作品の模型展』を通じ、数多くの建築家との出会いが生まれました。 設計中、工事監理中、完成竣工など、各プロジェクトの現状にあわせ、ひとつひとつ紹介します。 完成写真だけでなく、工事中の写真、他では見ることの出来ないファーストプレゼンの図面など、 どのように設計が進み、工事監理が行われ竣工したのか?数多くのプロジェクトが実現するまでの 過程を紹介します。共に創る建築家を探し、実現への一歩を踏み出しましょう!!

翻訳出版のお知らせ@高橋正彦

投稿日 2012年09月24日

作成者 高橋 正彦

31[1]

以前、主婦の友社から出版された『最高に心地のいい家をつくる方法』が、
韓国と台湾の出版社から翻訳出版されることとなりました。

この本は心地のいい家をつくる方法を多くの実例写真を使いながら
説明しています。僕はそのなかで、「気持ちのいい家をつくるセオリー」
というパートを担当しました。
風の抜け道を作る方法や外部の気持ちよさの取り入れ方に関するコラムや
僕の自宅が実例として掲載されています。

僕の考えや自宅について韓国や台湾の人たちはどのような感想を持つのでしょうか?
是非機会があれば聞いてみたいですね。

もちろん、今でも日本の本屋さんで手に入れることが出来ます。
よろしければお手にとってください。

さて、今週の金曜日から建築家31人×3worksが始まります。
会場でお待ちしていますので、是非是非足を運んでください。
お待ちしています!

事務所の最新情報はこちらです
高橋正彦