オンライン相談
MENU

路地が巡る家 | 磯村 一司 + 政本 邦彦

所在地 構造規模
東京都 RC造 2階建
竣工年 延べ床面積
2001年3月 251.2㎡(76.1坪)

路地が巡る家は、旗竿敷地の奥に広がるコンクリート打放しの住宅です。
竣工年としては、少し前のものです。
室内の暑さ寒さや、省エネルギー性については、内外共にコンクリート打放し仕上げでまとめるのは、クライアントにとっても辛い選択になると思います。外断熱をして、室内を打放しとするか、外壁は断熱し、室内壁を打放しとして表現するかなど、コンクリートの見せ方に工夫が必要です。

コンクリート打放しが大好きなクライアントの、ワインバー、バレー教室のある併用住宅です。
1階が店舗としてのエリアで、広く吹き抜けのある玄関ホールが、2階部分の住まいエリアとバレー教室を緩やかに繋いでします。
玄関ホールには、スリット状のトップライトがあって、杉板の木目が浮き出るコンクリート打放し壁面を、効果的に演出しています。
建物は、中庭から、デッキバルコニー、物干しや、外風呂のある屋上まで、回遊できるような間取りで、路地が巡るような住まいです。
杉厚板の床や、レンガの土間、打放しや鉄骨の階段など、コンクリートの強さに負けない仕上げ材・自然素材のラフ感も打放しコンクリートに対しての大切な要素としています。

 

磯村一司のほか事例はこちら>

磯村一司のホームページはこちら>

建築家の事例を探す

タイプから探す

お急ぎの方は03-6869-1961までお電話ください