MENU

創エネルギーの近未来型エコハウス | 栗原 守 + 小泉 拓也

所在地 構造規模
東京都練馬区 木造2階建て 
竣工年 延べ床面積
2013 390.94㎡

4kwの屋根一体型太陽光発電パネルと家庭用燃料電池エネファームとのW発電により家で使う電気の約80%を自家発電する創エネルギーの住まいです。外断熱+セルロースファイバー・羊毛の断熱材を併用したw断熱と窓のLow-eエコガラスで断熱性をアップさせ、可変調湿気密シートで気密性も確保しています。照明器具のほとんど全てをLEDと蛍光灯にして使う電気量を抑えながら、エネルギーロスの少ない全館空調システムを導入して、自家発電した電気を家全体で無駄なく有効に利用しています。長期優良住宅の認定を取得しています。

 

この事例を見た人は、
次の事例もチェックしています。

パークサイド・スキニーハウス

アトリエハコ建築設計事務所 七島幸之+佐野友美

下板橋の家~合板を使わない家~

有限会社 菰田建築設計事務所

路地空間と小さなテナント群

清水禎士 + 清水梨保子

建築家の事例を探す

タイプから探す

お急ぎの方は03-6869-1961までお電話ください