オンライン相談
MENU

キナリの家 | 七島幸之 + 佐野友美

所在地 構造規模
神奈川県大磯町 木造2階建
竣工年 延べ床面積
2010年 89.7㎡

夏休み午後の縁側での昼寝をイメージした住宅。
大磯のおおらかな環境と光・風を存分に満喫する設えとしての住宅を考えました。

約47坪の整形の敷地。
建物を、すみずみまで自然光が射し込む東西に細長いボリュームとして、敷地北側へ寄せて配置し、南側に、冬の北風から守られた気持ちよい庭を確保しました。

南側の6Mの大窓をフルオープンにすると、リビング・縁側・庭が一体となった子供の遊び場が出現します。
・・・竣工半年後の再会では、長男坊くんは野生児に!

建物の外観は、切り妻屋根を建物の軸に対して少しひねった形状。
吹きさらしの広大な畑越しの視線に対して、北・東面は屋根・外壁が繊維強化セメント板で覆われたシェルターとして閉じた印象ですが、一見ユーモラスな印象を与えるオブジェ的な形態として、遠目でも一目で我が家とわかるキャラクターを付与しようとしました。

The site is located at the edge of dwelling area close to the sea that is facing the agricultural land spread to the north-east mountain side.
The house was placed on the north side of the site in order to protect the garden from seasonal wind from north in winter.
Internal area was designed with an emphasis on continuity with the garden.
In the south elevation, wide window and shallow depth wood deck which is like japanese traditional ‘engawa’ were provided as connect elements of the internal area and the garden, whereas other elevation was designed defensive to outside.
Triangular roof was slightly rotated with respect to the axis of the outer wall, the elevations got asymmetric shapes that offer humorous feeling at glance.
Fiber-reinforced cement board to be used usually as roofing material of mass production house in Japan was used as the exterior wall finishing material resistant to salt damage, thus overall architecture got abstract appearance covered with the same material all.

アトリエハコ建築設計事務所(@七島幸之+佐野友美)の他事例はこちら>
アトリエハコ建築設計事務所(@七島幸之+佐野友美)のホームページはこちら>

この事例を見た人は、
次の事例もチェックしています。

建築家の事例を探す

タイプから探す

お急ぎの方は03-6869-1961までお電話ください