MENU

松原のスパイラルハウス | 七島幸之 + 佐野友美

所在地 構造規模
東京都世田谷区 木造3階建
竣工年 延べ床面積
2020年 90.58㎡/27.40坪

私鉄線路脇の敷地。

ふとした瞬間にそこにある電車の往来の光景を、
光と音による「スピード(=今この瞬間の時間)」のスペクタクルとしてポジティブに捉えて、
そのエネルギーを「位置エネルギー」として住宅内に保存すべく、
空間構成をスタディしました。

自然光が射す明るい吹抜け周りに、レベルを変えながら螺旋状に配置されたそれぞれの居場所。
電車の往来の双方向のベクトルが、スパイラルな動線に刺激を与え回転運動を促し、
上昇・下降の動きを誘発します。

日々の暮らしの中で、住まい手が身体を軽く感じるような、
流動的で浮遊感のある空間を目指しました。

 

photo:Brian Sawazaki Photography / 澤崎信孝

アトリエハコ建築設計事務所(@七島幸之+佐野友美)の他事例はこちら>
アトリエハコ建築設計事務所(@七島幸之+佐野友美)のホームページはこちら>

この事例を見た人は、
次の事例もチェックしています。

小さくても大きな家

伊藤明良一級建築士事務所

向陽の家

七島幸之 + 佐野友美

建築家の事例を探す

タイプから探す

お急ぎの方は03-6869-1961までお電話ください