注文住宅のキッチン間取りプランで冷蔵庫寸法がポイントになる

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

キッチンのプラン等を進めて行く上で意外とポイントとなるのが冷蔵庫。

キッチンの奥行は通常の壁付けタイプであれば650mmです。
ところが冷蔵庫は奥行が深いものが多く、キッチンのカウンターよりも出てきてしまうことが多いんです。
そうなると作業スペース、動線的に問題となることが多く、事前に冷蔵庫の奥行を検討しておくことが必要です。
ヨーロッパの冷蔵庫などはキッチンのカウンターからあまり出てこないように奥行の浅いものが多く、その辺りは考慮されていますね。また、最近ですと国産の冷蔵庫も浅いタイプが増えてきています。

奥行の浅い冷蔵庫であれば奥の方から得体の知れない年代物の生モノが・・・などといったことも少なく済みそうですね(笑)

当然従来の深い奥行の冷蔵庫と比べると容量は少なくなりますが、幅が広く奥行の浅い大容量の冷蔵庫などもあります。
通常、冷蔵庫スペースとしては幅70センチ程度でプランすることが多いですが、もし大容量の幅の広い冷蔵庫を検討するのであれば、キッチンのプランニングの初期段階から検討が必要となります。

キッチンのプランとなると、とかく収納やビルトインされる設備機器に目がいきがちですが、初期段階から冷蔵庫のことも考慮することが必要ですね。
(写真:metisのキッチン。冷蔵庫(写真奥の方)は幅1200mm、奥行630mmのリープヘル(ドイツ製)の冷蔵庫)

筒井紀博
筒井紀博空間工房

建築家31会では、お客様の家づくりのお手伝いをさせていただいています。

設計事務所というと、

・どこにいるかわからない
・誰を選んで良いかわからない
・とんでもないことをされてしまうのではと心配

そこで、私達の特徴として、31人(組) 経験実績、得意分野、地域が異なる建築家が集まっているので、

・お客様が建築家を選べられる
・お客様に相応しい建築家を推薦出来る

と、安心して建築家を選んで頂けるようになっています。

どうぞ下の相談フォームへのボタンから、お客様のご相談を建築家31会にお送り下さい。お客様の予算やスピードに合わせて建築家を選んでいただき、希望の家づくりをお手伝いさせていただきます。

「造作」関連解説記事

「間取りプラン」関連解説記事

筒井紀博  ばとろぐ記事

カテゴリー: 建築家ブログ”ばとろぐ”, 注文住宅, 造作, 間取りプラン パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です