湘南敷地の特性を暮らしに取り込む建築家の自邸設計

今週のばとろぐ担当、佐賀・高橋設計室高橋正彦です。

僕の事務所は神奈川県の海辺の街葉山に、自宅は鎌倉市の小さな漁師街、腰越にあります。今回は、自分の住んでいる家と場所との関係性について書いていきたいと思います。

もともと東京で生まれ育った僕は、まったくの偶然で湘南にアトリエがある建築家の事務所に入りました。海はもともと好きでしたが、湘南という場所に特別な思い入れがあった訳でもはなく、本当にまったくの偶然でした。

その事務所でしばらく仕事をしていると、この場所がだんだん好きになり、結果そこに家を建てもう15年近く住むようになりました。

東京と比べ気候も比較的温暖で、人々も開放的でオープンな地域。平日の昼間からなぜかいい大人が短パンとビーサンでうろうろしていて、しかもそれが風土的に許されるような自由な雰囲気もこの地域を好きになった理由の一つです。

この地域に自分の家を建てる時、一番先に考えたことはこの場所の特性を最大限取り込むような家にしようということ。

明るい日差し、海から吹き抜けてくる風、開放的な間取り。

それらが自然と感じられる空間をイメージして設計しました。

そんな経験から、どんな家を設計する時も敷地の持っている個性や特性などを読み取る習慣が自然と身につきました。プランを考える時、まず最初にすることは実際にその場所に足を運び、敷地の声に耳をすませ、土地や地域の個性を読み取る努力をする。

そういう意味では僕にとって、敷地の特性というのは大切な共同設計者なのかもしれません。

佐賀・高橋設計室 HP
佐賀・高橋設計室 ブログ
佐賀・高橋設計室 facebook

 

建築家31会では、お客様の家づくりのお手伝いをさせていただいています。

設計事務所というと、

・どこにいるかわからない
・誰を選んで良いかわからない
・とんでもないことをされてしまうのではと心配

そこで、私達の特徴として、31人(組) 経験実績、得意分野、地域が異なる建築家が集まっているので、

・お客様が建築家を選べられる
・お客様に相応しい建築家を推薦出来る

と、安心して建築家を選んで頂けるようになっています。

どうぞ下の相談フォームへのボタンから、お客様のご相談を建築家31会にお送り下さい。お客様の予算やスピードに合わせて建築家を選んでいただき、希望の家づくりをお手伝いさせていただきます。

「間取りプラン」関連解説記事

「注文住宅」関連解説記事

高橋正彦  ばとろぐ記事

建築家の実例説明トークショー
・二世帯住宅集まって住む家の設計事例 建築家説明トークショー
・都市東京に賢く家を建てて住む 建築家説明トークショー
・失敗しない住宅リフォームリノベーション 建築家説明トークショー

カテゴリー: 建築家ブログ”ばとろぐ”, 注文住宅, 間取りプラン タグ: , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です