注文住宅の完成見学会オープンハウス建築家の感想@石川利治

建築家31会のお仲間である、小林真人さんが手がけた「世田谷等々力−F邸」のオープンハウスにお邪魔して来ました。

国分寺崖線の淵に位置する敷地は、閑静な住宅街の中にあり、近隣には等々力渓谷の深い緑も残る良好な周辺環境でした。奥に細長い敷地は崖線の上部で道路に接しており、斜面に向って母屋が建っています。

道路に対して極力開口部を無くした正面ファサードから、一歩、内部空間に踏み込むと、その明るさに印象が一変します。大きく取られた開口部と内装の「白」が、その明るさを際立たせます。細長い敷地の中央に設けられた光庭は家全体に明るさをもたらすと共に、隣家の庭の樹木も借景として取り入れられており、空間に奥行を与えております。スケルトンの階段と透明素材でできた2階のブリッジも、光溢れる場に上手くいかされておりました。

3D_120425[1]

 

上階に上がると、1.5層分の豊かな空間ボリュームもつLDから、多摩川に向けて広がる最高の景色を満喫する事ができました。

3D_120425_2[2]

建物が敷地の良さをさらに引き出しされていた素晴らしい計画で、とても勉強になりました。

小林真人さん、ご案内頂きまして、ありがとうございました。

 

石川利治
3*D空間創考舎一級建築士事務所

− 最新イベント情報 −

オープンハウス(完成見学会)2/29 東久留米の ‘yin-yang’ house @七島幸之+佐野友美

この度、アトリエハコ(@七島幸之+佐野友美)で設計監理を行った「東久留米の 'yin-yang' house」が完成致します。 お施主様のご厚意によりオープンハウス(完成見学会)を行わせて頂く運びとなりました。 高台にある、落ち着いた雰囲気の分譲住宅地、その行止りに位置する旗竿敷地。 敷地の地盤面がアプローチの道路から更に2.3M程高く、道路レベルから敷地内の様子は窺えない。 コンクリート・木・金属の素材感 光を吸収する面、バウンドし、砕く面 明暗のコントラスト、光と影の図形 ...