「喜多見の家」オープンハウスを5月9日(土)に開催します。

「喜多見の家」オープンハウスを5月9日(土)に開催します。2005年7月に竣工した自邸です。約10年が経過していますので、無垢の木などの自然素材が時間の経過とともに美しく変化(経年美化)している様子を確認することもできます。自然素材の小振りな住まい、あたたかく気持ちのよい和モダンな住まいの雰囲気をご自身の目と心で体感してください。

2913

_MG_2892

*「喜多見の家」はエコの取り組みでグッドデザイン賞を受賞しました。

*ニューハウス、チルチンびと、ソトコト、月刊ハウジング、住む、婦人の友、家の光、建築知識、LEE などいままでに多数の住宅誌などに掲載されています。

日時:2015年5月9日(土)12:00〜17:00

場所:世田谷区喜多見

交通:小田急線喜多見駅より歩7分

*光設計までメールまたはFAXで事前にお申し込みをお願いします。

詳しい案内図を郵送します。

メール: hikari.kurihara@gmail.com

FAX: 03-3466-5276

 

■「喜多見の家」のポイント

■変形三角形の敷地27坪に計画した木造2階延べ27坪の小さな住まいです。昔の畳空間のよさをアレンジしながら引き戸や障子を利用して狭くも広くも状況に合わせて自由に使える住まいを実現しています。

①リビングは伊藤園のお茶殻をリサイクルした畳です。ダイニングから30cm上がっていますので、腰掛けるのにもちょうど良い高さです。下は大きな引き出し収納になっています。

②障子を引き込むと開放的な空間になります。障子を閉めれば、落ち着いたモダン和風の空間になります。広くも狭くも暮らしのシーンに合わせて使うことができます。

③窓にも障子を入れて、柔らかい光を入れながら視線はカットしています。

④昔の民家のように梁など骨太の構造材が見えるように計画しています。約10年経って飴色に変わってきました。

 

■内装に珪藻土やくりこま杉、月桃紙、羊毛の断熱材など自然素材を使い、素材の持つ呼吸機能を利用して室内を快適な状態にするように配慮しています。

①珪藻土:呼吸機能に優れた左官材です。ワラやモミ殻を加えてワラ半紙のような優しいテクスチュアーにしています。

②くりこま杉:宮城県産の杉の羽目板です。天井には塗装しないで使っています。約10年が経過して色が落ち着いてきました。

③月桃紙:沖縄の月桃という植物からできた壁材です。調湿作用があります。

④ウールブレス:羊毛の断熱材です。ウールですので、湿気を吸放湿します。呼吸する断熱材です。

⑤イペ:硬質の木製のデッキ材です。塗装なしで使っています。約10年が経過して色がシルバーグレーに変わっていますが耐久性には問題ない状態です。

⑥燻煙くりこま杉:イペと同じようにデッキ材として使っています。こちらも10年経過後も問題ない状態です。

 

■雨水を2tのタンクに溜めて、1階2階2カ所のトイレの流し水に利用しています。また屋根面と緑化した壁面に雨水を流して夏を涼しく過ごすエコロジーの工夫をしています。

 

著者情報

栗原 守 + 小泉 拓也栗原 守 + 小泉 拓也

栗原 守 + 小泉 拓也 くりはらまもる こいずみたくや

一級建築士事務所 光設計

「呼吸する住まい」をテーマに自然素材と自然エネルギーを有効に利用するエコロジーな住まいを建築主さんと2人3脚で設計しています。

− 最新イベント情報 −

オープンハウス(完成見学会)8/23 松原のスパイラルハウス @七島幸之+佐野友美

この度、アトリエハコ(@七島幸之+佐野友美)で設計監理を行った「松原のスパイラルハウス」が完成致します。 お施主様のご厚意によりオープンハウス(完成見学会)を行わせて頂く運びとなりました。     私鉄線路脇の敷地。 ふとした瞬間にそこにある電車の往来の光景を、 光と音による「スピード(=今この瞬間の時間)」のスペクタクルとしてポジティブに捉えて、 そのエネルギーを「位置エネルギー」として住宅内に保存すべく、空間構成をスタディした。 自然光が射す明る...