「建築家31人展」竣工住宅の紹介2@GEN INOUE

20120218[1]

西側(写真右側)の隣地境界に沿って計画されたガラススクリーンとその裏の構造体が“解放壁”。この西側隣地境界線が道路に向かって少し開いている敷地形状を活かし、“解放壁”と矩形である内部空間とで挟まれる台形の空間を玄関アプローチとしている。(留守のため、写真ではブラインドが閉まっているが、)この外部の吹抜けに対し内部空間の大開口が計画され、“解放壁”による空間の広がりとプライバシー確保が実現しています。(門扉やタイルなどの外構が未完)

【解放壁の家】の現場進行写真や現在進行中の住宅については下記をご覧下さい。
【GEN INOUE】http://news.architect.bz/

− 最新イベント情報 −

「全面リフォームで太陽熱利用のエコハウス」完成現場見学会のお知らせ @小泉拓也+栗原守

所沢市の太陽熱利用のエコハウスは築約40年を経過した木造2階建て住宅の全面リフォームです。基礎を補強しながら耐震性をアップさせ、羊毛の断熱材ウールブレスを充填して断熱性を向上させています。ノーリツの太陽熱ソーラーシステムを計画して、お風呂、洗面所、キッチンなど家中のお湯に太陽熱を利用しています。 北側の暗くて寒かった台所も壁を撤去してリビングとワンルームのようにして明るくて暖かくして暮らしやすくリフォームしています。 デッキテラスやバルコニーで光と風を家中に取り込んで明るくて...