エコカラットのアレルギー吸収効果と壁面仕上げデザイン

平成28年3月の建築家31会の住宅展示相談会でお会いした、マンションリフォームのお客様ご家族は、工業薬品を身体が嫌うアレルギー体質の方でした。

そこで内装工事で使用する材料は、工事を着手する前に実際に素材を感じてもらって調べ始めました。ご家族のお身体の調子に変化のないものを選んで、工事が進められました。

 →関連記事「マンションリフォームで建材のアレルギーを工事前に直接実体験して判別」

エコカラット

内装の改修工事の使用材料を、ご家族の身体に影響の無い材料を選んでも、実際に出来上がってみると身体が反応してしまう場合を想定されて、有害な物質を排除したり、吸収してくれる何かを各室に設けたいご希望がありました。

ご相談段階で、お客様ご自身の体感で、建材や家具のショウルームを訪れた際、リクシル社の「エコカラット」(壁面に貼るモザイクタイル)の実物が紹介されている場所に行くと、爽快な感覚を感じたそうです。

エコカラットは素材として、気体の吸収を行う材料であることが説明されています。

 → LIXIL エコカラット 機能紹介

エコカラットタイルを壁面に貼る

少しでも有害な物質を除いた環境で過ごしたいというご希望から、ショウルームで感じられたエコカラットを室内に貼ることにされました。

ダイニング

ダイニングテーブルがあるひとつの壁面に、肌色のエコカラットタイルが貼られました。

トイレ

室内のアクセントになるように、30センチの幅で壁面に貼られました。

個室

各寝室個室には、ご家族それぞれのお好みの色のエコカラットタイルが貼られました。

北島建築設計事務所 / 北島俊嗣

著者情報

北島 俊嗣北島 俊嗣

北島 俊嗣 きたじま としつぐ

株式会社北島建築設計事務所

お客様の貴重な財産である土地や建物を第一に守り、 より美しくデザイン性の高い豊かな建築環境を実現しています。

− 最新イベント情報 −

築15年を経過した「自然素材を使った木の家」見学会のお知らせ 11/21 @小泉拓也+栗原守

自然素材を使った木の家は手入れが大変そう、何年かすると傷や汚れでいっぱいになりそう、シミがついたり割れたりしていそう…..。自然素材の木の家にしたいけどそんなことが気になっている方に見て欲しい見学会のお知らせです。 築15年を経過した「自然素材を使った木の家」の見学会を11月21日(土)に開催します。2005年7月に竣工した「喜多見エコハウス」(自邸)です。15年が経過していますので、無垢の木などの自然素材が時間の経過とともにどのように変化しているか、珪藻土や月桃紙などが15年を経過してど...