自由が丘賃貸集合住宅計画の敷地状況条件を調査

本計画の敷地は、南側で接道しており、南北に奥深い長方形をしています。周辺の敷地を含め、土地全体に緩やかな傾斜がついており、南東から西北へと上っています。敷地内での高低差を解消するため、東側に約2Mの大谷石の擁壁が建っており、土が盛られている状態でした。
東側の隣地境界から1/3程に、都市計画上の用途地域境があり、
東:第1種低層住居地域    建蔽率50% 容積率100%
西:第1種中高層住居専用地域 建蔽率60% 容積率200%
となっており、面積按分による敷地全体の与条件としては
建蔽率53% 容積率134%となりました。
大まかに建蔽率とは、敷地に建てられる建築の投影面積になり、建物そのものの平面形状が制限されます。建物以外の残りの敷地は空地として、アプローチや、庭、屋根の無い駐車スペース等に利用されます。今回のでは、敷地全体の半分程度にしか建物が建てられない事になります。これは都内においては比較的空地が残る部類に属するため、この事がゆったりとした自由が丘の街並形成に寄与していると思われます。
gaoka-s15-minibenisu2
昭和15年頃の自由が丘1丁目=写真が語る沿線_自由が丘より=

VSJ02_151215
自由が丘の擁壁で多く使われている大谷石

石川利治
3*D空間創考舎一級建築士事務所

著者情報

石川 利治石川 利治

石川 利治 いしかわ としはる

3*D空間創考舎一級建築士事務所

お客様にとって「快適で上質な空間」をお話をしながら、 きめ細かく建築に盛り込みます。コミュニケーションを大切にし、 技術力と感性の統合を行い、最適なご提案を致します。

− 最新イベント情報 −

オープンハウス(完成見学会)6/28 明大前の賃貸併用二世帯住宅 @石井正博+近藤民子

この度、設計事務所アーキプレイス(石井正博+近藤民子)で設計監理しました『明大前の賃貸併用二世帯住宅』が竣工間近となり、建て主様のご厚意によりオープンハウスを開催させていただくことになりました。 敷地の高低差を利用して、道路に面した半地下の賃貸住戸を作り、その上に2層の木造をのせ、地下1階地上2階建ての準耐火構造の共同住宅+長屋として計画。建ぺい率や高さ制限をクリアさせ、緩和(天空率,地下緩和)も使って最大限の容積を確保しました。オーナー住戸は、外部空間との繋がりをもたせながら、南東側の広がり...