震災復興@前田敦

prambanan-1-thumb[1]

 

震災から2年、復興が遅れている日本ですが、震災は世界各地で起こっている現象でもあります。
2006年5月27日に発生したインドネシア/ジャワ島中部地震により、ジョグジャカルタでは、多くの被害者と世界遺産の被害がでました。

中でも17年前に訪れた
仏教寺院:ボロブドゥール と ヒンドゥー教寺院:プランバナン も被災したのを映像で見たときはとても残念な気持ちでいっぱいになった。

地震で被害のあったプランバナン寺院群は、ジョクジャカルタ市の東方17km(車で約20分)に位置し、 9世紀後半~10世紀初頭 (856~c.900)に建造された見事な建築物である。

ヒンドゥー教の3大神を奉ったこの寺院群は、「Para(たくさんの)」+「Brahmana(僧侶)」の造語で、「プランバナン」と言われる。
形態としては、人の情念(炎)のようにも見えるシルエットが印象的であり、“建築の力” を感じさせられたものだ。

ヒンドゥー教の3大神とは、(創造神ブラフマー、維持神ヴィシュヌ、破壊神シヴァ) である。
その中での最強神は『破壊神シヴァ』とされている。
つまり『破壊』にはそれだけ大きな力がいるということでもある。

自然の脅威はそれほどの力をもっているから
物理的な壊滅を目の当たりにすることになるのだが
それでも制度や既得権という人為的なものを破壊することはできない。

復興に必要な制度や既得権の破壊には
最強の『破壊神シヴァ』並のパワーを必要とするのであるが
新しい政権には『破壊神』として復興のための破壊を期待したい!

そんな状況下であっても復興のために既に創造が始まっている
“建築の力” は創造や希望ために役立てたいものである!
そしてその先駆者の一人
建築家:伊東豊雄氏が建築界のノーベル賞といわれる米プリツカー賞を受章されたのは希望の光となることでしょう!

前田敦
前田敦計画工房

前田敦  ばとろぐ記事

 

− 最新イベント情報 −

オープンハウス(完成見学会)6/28 明大前の賃貸併用二世帯住宅 @石井正博+近藤民子

この度、設計事務所アーキプレイス(石井正博+近藤民子)で設計監理しました『明大前の賃貸併用二世帯住宅』が竣工間近となり、建て主様のご厚意によりオープンハウスを開催させていただくことになりました。 敷地の高低差を利用して、道路に面した半地下の賃貸住戸を作り、その上に2層の木造をのせ、地下1階地上2階建ての準耐火構造の共同住宅+長屋として計画。建ぺい率や高さ制限をクリアさせ、緩和(天空率,地下緩和)も使って最大限の容積を確保しました。オーナー住戸は、外部空間との繋がりをもたせながら、南東側の広がり...