設計雑感(夏) @前田敦

<
地球温暖化の影響で、東京でも普通に猛暑日が続く気候へ変化してきました。
子供の頃は30℃を超えることすら年に数回程度で、
「早朝の涼しいうちに勉強しなさいっ!」と言われていたほどです。

今では、朝から激しい暑さが襲ってくるので、
エアコンは朝から動いているようです。

そんな中で設計上配慮する一つに断熱性があります。
もちろん断熱性ですから、暑さはもちろん寒さにも備えるものなのですが
夏期に設計するときは、断熱材の表記もブルーになり、冬ではオレンジ色になってしまいます。
これは私の癖ですから一般例ではありませんが、
打合せをしていてもクライアントさんも図面を観て、「これなら涼しそうだ!」と発言されることがあるので、気持ちは一緒だなと笑ってしまいます。

気候の変化が激しくなってきた現代
居住環境の快適性、光熱費の軽減のためにも、質の良い断熱環境を形成させるべきでしょう。

前田敦
前田敦計画工房

著者情報

前田 敦前田 敦

前田 敦 まえだ あつし

前田敦計画工房 合同会社

3つのテーマに特化して家づくりに積極的に取り組んでいます。 (1)愛犬と快適に暮らす家づくり (2)愛猫と快適に暮らす家づくり (3)土地・中古物件探しからの家づくり

− 最新イベント情報 −

11/26(fri)16:00~ インスタライブ開催 イゼナ&建築家31会

11/26(fri) 16:00~ インスタライブのお知らせ 冬暖かく夏涼しい住まい。家づくりでは、暖かさ、涼しさの「質」にも拘りたいものです! 温熱・涼熱を床下の「水」に蓄え、安定した室内環境を保持し、四季を通じた快適空間を広げる「水蓄熱アクアレイヤー」。 今回は、4年前に竣工した住宅にお邪魔して、蓄熱がある空間の冬の心地よさを体感し、エアコンや他の床暖房とは違う輻射暖房の感覚をライブでお伝えいたします。 是非ご覧ください。 ————————————— #建築家31会 @s...