設計雑感(夏) @前田敦

<
地球温暖化の影響で、東京でも普通に猛暑日が続く気候へ変化してきました。
子供の頃は30℃を超えることすら年に数回程度で、
「早朝の涼しいうちに勉強しなさいっ!」と言われていたほどです。

今では、朝から激しい暑さが襲ってくるので、
エアコンは朝から動いているようです。

そんな中で設計上配慮する一つに断熱性があります。
もちろん断熱性ですから、暑さはもちろん寒さにも備えるものなのですが
夏期に設計するときは、断熱材の表記もブルーになり、冬ではオレンジ色になってしまいます。
これは私の癖ですから一般例ではありませんが、
打合せをしていてもクライアントさんも図面を観て、「これなら涼しそうだ!」と発言されることがあるので、気持ちは一緒だなと笑ってしまいます。

気候の変化が激しくなってきた現代
居住環境の快適性、光熱費の軽減のためにも、質の良い断熱環境を形成させるべきでしょう。

前田敦
前田敦計画工房

前田敦  ばとろぐ記事

 

− 最新イベント情報 −

オープンハウス(完成見学会)2/29 東久留米の ‘yin-yang’ house @七島幸之+佐野友美

この度、アトリエハコ(@七島幸之+佐野友美)で設計監理を行った「東久留米の 'yin-yang' house」が完成致します。 お施主様のご厚意によりオープンハウス(完成見学会)を行わせて頂く運びとなりました。 高台にある、落ち着いた雰囲気の分譲住宅地、その行止りに位置する旗竿敷地。 敷地の地盤面がアプローチの道路から更に2.3M程高く、道路レベルから敷地内の様子は窺えない。 コンクリート・木・金属の素材感 光を吸収する面、バウンドし、砕く面 明暗のコントラスト、光と影の図形 ...