多様性(diversity)@前田敦

生物が種の存続のために創出した優れたシステムの一つが多様性(diversity)
これがあるから、新種のウイルスが発生しても対応できる種が現存する
つまり 生き延びる種が必ず在るというスーパーシステムである。

そんなシステムがあるから、建築家の個性もとても多様である。
表現力は人それぞれで、仕事への取組み方もそれぞれ違うが
良質な建築を世に産み出そうという姿勢は一緒なのである。

そんな建築家が集い「建築家31人の会」が誕生し、
一緒に「建築家31人×3works vol.8 」を開催しているので
建築主さんには自分の感性、嗜好、条件にあった建築家を見つけて欲しい!
きっといるはずです!!!

 

余談ですが
もともとライバルでもある建築家が集い、同じ目的のために力を結集するという機会で出会った仲間達
多様な環境で設計活動をしてきたという違いがあるので会話をしているといろんな発見がある。

昨夜、懇親会で同席した建築家は渋谷駅前ハチ公広場の設計担当者で、昔交差点側を向いていたハチ公を本来ご主人様が帰ってくるはずの改札口側に向きを戻した人であったことに感動!!!
その建築家は昔、僕が講師を務めた「愛犬家住宅セミナー」の講義を聴いていたという話も聞けてさらに感動!!!!!

隣席した別の友人とは人材募集の話し合いも進んでいたし、
CADの効率的な活用方法を相談していた人もいたようで
お互い助け合いながら発展していける会になりそうだな〜って
感じ入ったところでした。
そんなメンバーの一堂に集う多様性の共演
「建築家31人×3works vol.8 」はいよいよ本日が最終日
10時〜19時まで
新宿パークタワー1F ギャラリー3でお待ちしております!

429706_535464116476018_1219611007_n-thumb[2]

前田敦
前田敦計画工房

前田敦  ばとろぐ記事

 

− 最新イベント情報 −

オープンハウス(完成見学会)6/28 明大前の賃貸併用二世帯住宅 @石井正博+近藤民子

この度、設計事務所アーキプレイス(石井正博+近藤民子)で設計監理しました『明大前の賃貸併用二世帯住宅』が竣工間近となり、建て主様のご厚意によりオープンハウスを開催させていただくことになりました。 敷地の高低差を利用して、道路に面した半地下の賃貸住戸を作り、その上に2層の木造をのせ、地下1階地上2階建ての準耐火構造の共同住宅+長屋として計画。建ぺい率や高さ制限をクリアさせ、緩和(天空率,地下緩和)も使って最大限の容積を確保しました。オーナー住戸は、外部空間との繋がりをもたせながら、南東側の広がり...