多様性(diversity)@前田敦

生物が種の存続のために創出した優れたシステムの一つが多様性(diversity)
これがあるから、新種のウイルスが発生しても対応できる種が現存する
つまり 生き延びる種が必ず在るというスーパーシステムである。

そんなシステムがあるから、建築家の個性もとても多様である。
表現力は人それぞれで、仕事への取組み方もそれぞれ違うが
良質な建築を世に産み出そうという姿勢は一緒なのである。

そんな建築家が集い「建築家31人の会」が誕生し、
一緒に「建築家31人×3works vol.8 」を開催しているので
建築主さんには自分の感性、嗜好、条件にあった建築家を見つけて欲しい!
きっといるはずです!!!

 

余談ですが
もともとライバルでもある建築家が集い、同じ目的のために力を結集するという機会で出会った仲間達
多様な環境で設計活動をしてきたという違いがあるので会話をしているといろんな発見がある。

昨夜、懇親会で同席した建築家は渋谷駅前ハチ公広場の設計担当者で、昔交差点側を向いていたハチ公を本来ご主人様が帰ってくるはずの改札口側に向きを戻した人であったことに感動!!!
その建築家は昔、僕が講師を務めた「愛犬家住宅セミナー」の講義を聴いていたという話も聞けてさらに感動!!!!!

隣席した別の友人とは人材募集の話し合いも進んでいたし、
CADの効率的な活用方法を相談していた人もいたようで
お互い助け合いながら発展していける会になりそうだな〜って
感じ入ったところでした。
そんなメンバーの一堂に集う多様性の共演
「建築家31人×3works vol.8 」はいよいよ本日が最終日
10時〜19時まで
新宿パークタワー1F ギャラリー3でお待ちしております!

429706_535464116476018_1219611007_n-thumb[2]

前田敦
前田敦計画工房

前田敦  ばとろぐ記事

 

− 最新イベント情報 −

オープンハウス(完成見学会)2/29 東久留米の ‘yin-yang’ house @七島幸之+佐野友美

この度、アトリエハコ(@七島幸之+佐野友美)で設計監理を行った「東久留米の 'yin-yang' house」が完成致します。 お施主様のご厚意によりオープンハウス(完成見学会)を行わせて頂く運びとなりました。 高台にある、落ち着いた雰囲気の分譲住宅地、その行止りに位置する旗竿敷地。 敷地の地盤面がアプローチの道路から更に2.3M程高く、道路レベルから敷地内の様子は窺えない。 コンクリート・木・金属の素材感 光を吸収する面、バウンドし、砕く面 明暗のコントラスト、光と影の図形 ...