道路隣地境界をフェンスよりも植栽垣根にした注文住宅の家づくり

 

道路境界をフェンスでなく植栽にした家づくり

閑静な住宅地。車の通りが少ない路地に面した更地を購入し家を建てることになったご家族の家づくり。比較的コンパクトな敷地に、来客用を含めた2台分の駐車スペースと、法的な高さ制限いっぱいに建つ木造2階建ての住まい本体を配置すると、あまり敷地にゆとりがありません。

一方、草木や観葉植物など緑が大好きなご家族です。広い庭を設けることよりも、限られた範囲わずかなスペースに草木を植えたり、鉢植えを置いたり吊るしたりすることで、身近な緑を楽しめる家づくりとなりました。(外構計画:草のよしだや)

道と住まいの間は1mの外壁後退。その半分をメンテナンスなどで通ることが出来る砂利敷きとし、道路との境となる半分を、ご家族と相談の上ミニガーデンとしました。影になったりメンテナンスがしにくくなったりするフェンスはあえて設けず、植栽は住まいからも道行く人からも楽しめるようにしました。

日々の行き来で、小さな子供たちも自然と植物の成長が気になったりしている様子。何より来客の多いご家族です。玄関先はシンボルツリーのオリーブ。訪れる皆さまと共に、実がなることを楽しみにされています。
@心地よい風と緑のある家


撮影:古川達也

古川達也
古川都市建築計画一級建築士事務所

著者情報

古川 達也古川 達也

古川 達也 ふるかわ たつや

古川都市建築計画

住まいが安心で心地いい。そして住まいに感動がある。 そういう家づくりのお手伝いをしたいと思っています。

− 最新イベント情報 −

9/8 (木)11:00~インスタライブ開催 鋼鈑商事&建築家31会

9月8日(木)11:00より、「どこでも光窓」を紹介するインスタライブを行います。 都心のような住宅密集地ではお隣の家との距離が近く、窓を付けても自然光が入りにくいというお悩みがありませんか? 自然採光装置「どこでも光窓」は、「光ダクト」と呼ばれる、内側が鏡のような筒状の部材に自然光を反射させて暗いお部屋を明るくできます。 https://hikari-duct.jp/ 今回は実際に住宅密集地で「どこでも光窓」を採用した住宅にお邪魔して、明るさのイメージをライブでお伝えし...