急こう配階段をゆったり登れるように取り換えたバリアダウンリフォーム

相談を受けた時はご夫婦ともまだ現役。2階に寝室と物干し場があり、日々階段を上り下りする生活をされていましたが、階段が急で何度か転げ落ちたことがあるというお話でした。

バリアフリーなリフォームするにあたって、階段はもうすぐすると使えなくなるだろうから1階だけで生活ができるように組み立てることを想定していました。

いや待てよ、階段の危険性を低くすれば、まだしばらくは2階も十分生活できるじゃないか。少なくとも洗濯物を干しには上がるわけだから、危険な階段を何とかしないといけない。

 

たまたま玄関ホールが広く、階段を付け替えても余裕がある建物でした。

踊り場のない直階段から、行ってこいする踊り場のある階段への付け替え。

 

課題は玄関からの見え方でした。

築35年の木造真壁の純和風の家でしたが、階段は蹴込板がないストリップ階段で、玄関から奥への視線の抜けを重要視した造りになっていました。

新しく階段を付け替えて、視線の抜けが無くなってしまっては家の趣が変わってしまう。

 

そこで踊り場を一本足で支えることのできる、鉄骨階段にすることにしました。

これには様々なハードルがありました。

構造計算をし、重い鉄骨をどのように搬入するか施工方法を考えながら分割方法を考えました。

また柱の足元には基礎を打ちます。床にはある程度の穴をあけることになります。

玄関ホールの床板は張り替えなくても大丈夫な板間でしたので、どのように改修するのかを考えました。

ちょうど踊り場の下が玄関を入った正面にもなることから、踊り場下を飾り棚のようにとらえ、階段の一段目を大きく作りました。階段下をあえて見せる場所に。踊り場にはダウンライトを仕込んであり、花や置物が映えるようにしつらえてあります。

階段の段板にはバーチの積層合板を使用しました。強度が高く、厚物をつかうことで段板として十分に使えること、踊り場の鉄骨をくるむように合板を張ることで、木の印象が多い階段になることなどからです。

こうして急な勾配の階段が、ゆったりした勾配の階段に付け替えることができました。

東京都中野区の建築家 コネクト一級建築士事務所 滝川淳

− 最新イベント情報 −

オープンハウス(完成見学会)2/29 東久留米の ‘yin-yang’ house @七島幸之+佐野友美

この度、アトリエハコ(@七島幸之+佐野友美)で設計監理を行った「東久留米の 'yin-yang' house」が完成致します。 お施主様のご厚意によりオープンハウス(完成見学会)を行わせて頂く運びとなりました。 高台にある、落ち着いた雰囲気の分譲住宅地、その行止りに位置する旗竿敷地。 敷地の地盤面がアプローチの道路から更に2.3M程高く、道路レベルから敷地内の様子は窺えない。 コンクリート・木・金属の素材感 光を吸収する面、バウンドし、砕く面 明暗のコントラスト、光と影の図形 ...