住まいのまわり「ウッドフェンス」 @古川達也

住まいづくりで大切な事は沢山ありますが、
日々の暮らしで、誰もが何となく見ていて気が付いて
いるもの。前回に続き、住まいの外側「住まいのまわり」
にあるものについてお話したいと思います。

例えば街に家を建てるとします。
「住まいのまわり」とは、家と街のあいだ。
家との繋がりもあり、街との繋がりもある。
家との都合、街との都合を調整したり解決したり。
様々なケースがあると思いますが、
とても大切な場所だと思っています。
本日は住まいのまわりに設置した「ウッドフェンス」
のお話です。

住まいのまわりに、もしフェンスが必要になったなら、
ウッドフェンスを検討したいです。
街並みとして、表情が柔らかく、
また、木質の経年変化は、味わい深いものとなります。

woodfence_2

以前に設計した個人住宅「ウッドフェンスの家
家族が営む理容室併設の、店舗併用住宅です。
人通りの多い街角。
理容室としては、住まいの生活感を少々薄めたい。
しかし、地域に愛される大家族。
街に開き、知合いやお客様など、来客が気軽に
立ち寄り、集まれる住まいの有り方も求められました。

woodfence_1

ウッドフェンスは、垂直の庭。
スリットで視線をコントロールし、
自然の光や風を通します。
植物をからめたり、店舗の案内サインを設置したり、
自由にカスタマイズも出来ます。

ご家族の希望で、ウッドベンチも設置。
坂道を歩いてきた方が、自販機でジュースを
買ってお休みしています。笑

ウッドフェンスは、
住まいと街・住まいと店舗、互いの間合いを生み出し、
同時に地域コミュニケーションを促しています。

woodfence_3

もう一つご紹介。「ハマ大工の家
横浜の大工さんが造り上げた、大工さん自身の住宅です。
ここでは、道に面する、庭のウッドフェンスと、
住まい本体のベランダ手摺が、同じデザインとなり
街並みに参加しています。

ウッドフェンスの可能性。まだまだ沢山ありそうです!

古川達也
古川都市建築計画一級建築士事務所

hamadaiku_1

− 最新イベント情報 −

オープンハウス(完成見学会)2/29 東久留米の ‘yin-yang’ house @七島幸之+佐野友美

この度、アトリエハコ(@七島幸之+佐野友美)で設計監理を行った「東久留米の 'yin-yang' house」が完成致します。 お施主様のご厚意によりオープンハウス(完成見学会)を行わせて頂く運びとなりました。 高台にある、落ち着いた雰囲気の分譲住宅地、その行止りに位置する旗竿敷地。 敷地の地盤面がアプローチの道路から更に2.3M程高く、道路レベルから敷地内の様子は窺えない。 コンクリート・木・金属の素材感 光を吸収する面、バウンドし、砕く面 明暗のコントラスト、光と影の図形 ...