住まいのまわり「一本の樹」 @古川達也

街に家を建てるとします。。
「住まいのまわり」とは、家と街のあいだ。。

本日は住まいのまわり最終回。
玄関先に育つ「一本の樹」のお話。
住まいのまわりに、たった一本の樹。それだけでも
嬉しいものです。
限られた土地における家づくり。庭をもうけることが
難しい場合もよくありますが、そんな時でも、
家族を見守るたった一本のシンボルツリーがあるだけで、
幸せな気持ちになります。

yamaminoie03[1]

 

例えば、以前に設計した個人住宅【山見の家
実はこの住まい、建主が土地を購入した際、はじめから
敷地内に一本のハクモクレンの樹がありました。
設計当初、皆で話し合い、この樹を残すことを前提に
プランニングすることになったのです。

夏は青々と茂り、秋には葉を落とす落葉樹です。
落ち葉は風にまい、
敷地内を超え道路や隣地にも落ちます。
親しい仲にも礼儀あり、ご家族が落ち葉を片付ける際は、
自然とご近所にご挨拶。落ち葉ひろいがきっかけで、
日々の会話がひろがることもあるようです。
春には、大きな白い花が沢山つきます。
「咲きましたね!」のご近所会話が、自然と挨拶に。。

玄関先の樹は、住まいそのものの間取りとも、
インテリア空間とも、直接関係がないのですが、
にもかかわらず、住まいの顔として、
ご家族の気持ちや元気が街に現れ、ご家族と街をソフトに
繋ぐ大切な暮らしのアイテムです。

住まいづくりにおける「住まいのまわり」。住まい手や
土地環境に合わせ様々ですが、丁寧に考えることで、
より住まいの魅力に繋がるように思います。

古川達也
古川都市建築計画一級建築士事務所

yamaminoie04[1]

− 最新イベント情報 −

オープンハウス(完成見学会)2/29 東久留米の ‘yin-yang’ house @七島幸之+佐野友美

この度、アトリエハコ(@七島幸之+佐野友美)で設計監理を行った「東久留米の 'yin-yang' house」が完成致します。 お施主様のご厚意によりオープンハウス(完成見学会)を行わせて頂く運びとなりました。 高台にある、落ち着いた雰囲気の分譲住宅地、その行止りに位置する旗竿敷地。 敷地の地盤面がアプローチの道路から更に2.3M程高く、道路レベルから敷地内の様子は窺えない。 コンクリート・木・金属の素材感 光を吸収する面、バウンドし、砕く面 明暗のコントラスト、光と影の図形 ...