住まいのまわり「 窓 」 @古川達也

街に家を建てるとします。。
「住まいのまわり」とは、家と街のあいだ。。

本日は、これも住まいのまわりといえる「窓」のお話。
住まいのまわりに、良い景色があるなら、
ぜひ窓を設けて、屋内から景色を見たいです。
窓から見える空や景色は、まさに自分の庭。
窓は大きな額縁で、住まいに飾られた
「とっておきの絵画」だと思えたなら。。
もはや屋内に何の飾りも要らないかもしれません。

a_tsunaguie01[2]

 

例えば、以前に設計した個人住宅【あけてつなぐ家
街中の限られた土地に建つコンパクトな住まいです。
扉や窓による開口を、効果的にあけることで
周囲とつなぎ、面積以上の広がりと伸びやかさを確保
することがテーマでした。

2階に家族共有の居間があるのですが、
階段をのぼり居間に入ると、左右の壁にあけられた、
2つの大きな窓が目に入ります。
左の窓は、自然の光と風を存分に取り込みながらも、
向き合いとなる隣家の視線を考慮し、
外側の手摺壁を立ち上げ制御しています。
右の窓は、近接する公園の緑を存分に楽しむことが
出来るため、フルオープン出来る窓にして、
解放感が得られる工夫をしました。

a_tsunaguie02[1]

 

窓の外側にデッキを設けたことで、
道行く人との視線が合わず程よいプライバシーを確保。
大らかな暮らしを満喫して頂いてます。
壁に穴をあけて周囲とつながる窓。
建物構造や屋内熱効率等に配慮しつつも、景色を
活かした心地良いスペースづくり。。
そして、大きな窓がある暮らし!
いかがでしょうか?

古川達也
古川都市建築計画一級建築士事務所

a_tsunaguie03[2]

著者情報

古川 達也古川 達也

古川 達也 ふるかわ たつや

古川都市建築計画

住まいが安心で心地いい。そして住まいに感動がある。 そういう家づくりのお手伝いをしたいと思っています。

− 最新イベント情報 −

築15年を経過した「自然素材を使った木の家」見学会のお知らせ 11/21 @小泉拓也+栗原守

自然素材を使った木の家は手入れが大変そう、何年かすると傷や汚れでいっぱいになりそう、シミがついたり割れたりしていそう…..。自然素材の木の家にしたいけどそんなことが気になっている方に見て欲しい見学会のお知らせです。 築15年を経過した「自然素材を使った木の家」の見学会を11月21日(土)に開催します。2005年7月に竣工した「喜多見エコハウス」(自邸)です。15年が経過していますので、無垢の木などの自然素材が時間の経過とともにどのように変化しているか、珪藻土や月桃紙などが15年を経過してど...